FC2ブログ

ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-77 隅田川左岸 『舎人ライナー橋梁、尾久橋』


This best shot
 

【次回アップ予定:1月30日】
今回は隅田川左岸の千住水管橋から遡上して、舎人(とねり)ライナー橋梁、尾久橋までの紹介です。千住水管橋の上流側、川沿いの路地100m先に橋戸稲荷神社が在るので寄ります。橋戸稲荷神社は、926年(延長4)の創建とも、1490年(延徳2)の創建とも伝えられています。祭神:倉稲魂命、所在:足立区千住橋戸町25-1。拝殿前の神狐は1906年(M39)の奉納で、左側の狐様は鼻もげらで可哀そう状態です。
 

 

隅田川沿いの一般道を500m程進むと、地図に櫻神社と記載されていますが、場所は2010年(H22)に㈱ニッピ本社ビルが建設されている場所で本社構内です。此の場所の櫻神社を検索してもヒット無しなので、ニッピの沿革を検索。日本皮革㈱として1907年(M40)に大倉組皮革製造所、桜組、東京製皮、今宮製革所が合併して設立された会社との事です。推定すると、其の中の桜組に関係する神社と云う事なのですかね?良く判りません。なので、創建も祭神も不明、所在:足立区千住緑町1-1-1。明神鳥居は1993年(H5)の建立。
 

 

千住水管橋先はカミソリ堤防が続いて見処も無いので、日光街道沿いに在る神社に寄りながら進みます。600m程進むと道路脇に八幡神社(白旗八幡宮)が在ります。1908年(M41)に現在地に白旗八幡宮の社殿を建て、仲町氷川神社の境外摂社として信仰されたのが始まり。勧請の時期は不明ですが、足立区の各地に残る源頼義、義家の奥州討伐の伝説のひとつがこの八幡で、源義家が隅田川の渡裸川の渡し場を渡る際に、両岸に白旗を立て目印にした事に因んでいると云われ、此の時の白旗が納められているとの事です。祭神:誉田別命、所在:足立区千住宮元町3-8。入口の神明鳥居は1908年(M41)奉納。
 

 

更に50m先の千住警察署入口信号を左折して100m程進むと千住神社です。926年(延長4)に地区の鎮護と五穀豊穣を祈って伏見稲荷より御分霊を勧請し、稲荷神社を創立したのが始まりで、1279年(弘安2)には一の宮氷川神社の御分霊を勧請し、氷川神社が近くに創立されています。1872年(M5)両社は、村社と定められ翌年に稲荷神社を氷川神社に合祀して西森神社と名を改め、其の後、郷社と定められ、1915年(T4)以来、千住神社と改称されています。祭神:須佐之男命、宇迦之御魂命、所在:足立区千住宮元町24-1。入口の鳥居は1866年(慶応2)奉納の古い明神鳥居です。
 

 

狛犬は1830年(文政13)の建立で芸術的な造りで、いいね~。左手に神楽殿が在ります、古い造りですが戦災で焼失し、境内の建物は全て1958年(S33)以降に再建されたものです。(@_@)え~、桜だ!枝は小ぶりだけど境内に早くも桜が咲いていました、寒桜と書いてあります。一番早く咲く桜で、寒緋桜と山桜の雑種と推定されているらしいです。近くに富士塚も在ります。富士塚は、戦国時代から江戸時代初期、開祖・角行により始まった富士山登山信仰・富士講に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚です。
 

 

 

300m程西に移動して隅田川に戻ります、此の辺りは東京電力の千住火力発電所(1963年(S38)に稼働停止)の跡地であり、都市再開発と同時にスーパー堤防が構築されています。当時、千住火力発電所には巨大な4本の煙突が立っていて、見る角度で重なって3本、又は2本に見える為、付近住民からは「お化け煙突」の名で呼ばれていました。少し進むと帝京科学大学千住キャンパスが在り、先程のお化け煙突の一部を利用したモニュメントが校舎脇に飾られています。正面から見ると昔のお化け煙突の様子が判ります。
 

 

帝京科学大学千住キャンパスの直ぐ上流が前回紹介の尾竹橋です。橋の上流には短い遊歩道があり、又々カミソリ堤防に戻ってしまいます。堤防を離れても北200mで荒川、此処は中洲みたいな場所で見処が無いので、ひたすら堤防の脇を1600m進み、『#32舎人ライナー橋梁』を目指します。(あ~退屈だ!此の堤防何とかせい、足立区長)
 

 

漸く、東京都交通局日暮里・舎人ライナー橋梁に到着です。舎人ライナーは荒川区の日暮里駅と足立区の見沼代親水公園駅を結ぶ、2008年(H20)に完成した、東京都交通局が運営する案内軌条式鉄道?何のこっちゃ。運転手がいない、コンピュタ制御による自動運転の新交通システム路線です、成程。
 

 

 



名称:東京都交通局日暮里・舎人ライナー橋梁
構造種別:上路鋼3径間連続鋼箱桁
河口からの距離:16.6km
橋の長さ:238m
竣工:2006年(H18)






上流側に接するように架けられている橋が本日終着点の『#33尾久橋』で、右岸の荒川区東尾久と左岸の足立区小台を結び、都市計画道路放射11号尾久橋通り(都道58号台東川口線)が通る橋です。此の場所は熊野の渡しが在った場所で、尾竹橋、小台橋の架橋により廃止されています。
 

 

 



名称:尾久橋
構造種別:3径間連続鋼床鈑箱桁
河口からの距離:16.6km
橋の長さ:431m
有効幅員:24m
竣工:1968年(S43)





>>>後書き<<<
メタボ予備軍の健康指導で歩く事、野菜を多く摂るように言われています。野菜は煮ると食べやすいので、手間だけどカップ麺を止めて、袋ラーメンに野菜を極力入れる様にしています。最近作ったラーメンの内容は、ミックス野菜+ソーセージ+卵、もやし+ベーコン+卵、小松菜+生卵、生卵の時はスープを少な目で絡めて食します。マイブームはコショウをバサバサ、バサバサと此れでもかと云う位、ぶっ掛けて食べるのが刺激的で美味ですよ。
 

 

 

隅田川遡上も残り4Sceneで完結!次の遡上河川候補を選択中です、多分「荒川」かな?次回は隅田川右岸の尾竹橋から遡上して、小台橋までを紹介します。

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/25(土) 02:16:15|
  2. 隅田川

プロフィール

mark60

Author:mark60
関東地区の河川に架かる橋を
紹介しています

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (19)
高麗川に架かる橋--102 (1)
境川 (33)
境川に架かる橋----153 (1)
旧中川 (5)
旧中川に架かる橋--025 (1)
引地川 (13)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
上越市立水族博物館 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
名栗渓谷鳥居観音 (1)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
横須賀港 (1)
鎌倉 (1)
江の島 (2)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
所沢のゆり園 (1)
阿須運動公園 (1)
新宿御苑 (1)
目黒林試の森公園 (1)
三鷹国立天文台 (1)
野川の夜桜 (1)
神代植物公園 (4)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
川崎市立日本民家園 (1)
入間基地航空祭 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (8)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。