FC2ブログ

ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-67 隅田川左岸 『首都高両国大橋、両国橋、総武本線橋梁』


This best shot
 

今回は隅田川永代橋から左岸沿いに、首都高両国大橋、両国橋、JR総武本線隅田川橋梁までの紹介です。永代橋から隅田川大橋までは見処が無いのでスルーします。隅田川大橋の下に隅田川の水位レベル表示が在りました。伊勢湾台風級が来た場合には高潮で水位が約5m上昇し、護岸上端まで残り1.4mまで上昇するみたいです。地球温暖化の影響で台風の規模が大きく成ってきており、水辺近くに住む人にとっては脅威だよね。満潮時のテラスと隅田川の水位は略同じで、遊覧船などが通過した後は引き波を被りテラスが濡れています。
 

隅田川大橋を潜った先に佐賀稲荷神社が在ります。佐賀稲荷神社は、佐賀町に住む人々の厄除招福を願い1630年(寛永7)に創建された神社です。祭神:宇迦之御魂命(うかのみたまのかみ)、所在:江東区佐賀2-4-8。西に200m程進むと清川橋、其の先に清澄公園が見えます。清澄公園は、隣に在る清澄庭園の開放公園として一般に無料公開されている公園です。所在:江東区清澄3-3-9。
 

 

隣に清澄庭園が在るので入って見ます。清澄庭園は池の周囲に築山や名石を配置した回遊式林泉庭園で、東京都の指定名勝です。1878年(M11)、荒廃していた邸地を三菱財閥創業者の岩崎弥太郎が買い取り、社員の慰安と賓客接待を目的とした深川親睦園の造成に着手し、1891年(M24)に庭園として完成していました。関東大震災時に清澄庭園は避難場所としての役割を果たし多数の人命を救い、岩崎家では、庭園が持つ防災機能を重視し、翌年破損の少ない東側半分を公園用地として東京市に寄付し、市では此れを整備して1932年(S7)に公開しています。入園料:¥150円、所在:江東区清澄3-3-9。入って左に、大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築した大正記念館、傍に枯山水が在ります。
 

 

泉水(庭園の池の事)の中に三つの島を配置して、広い水面に小島や木々の影を映しだす綺麗な庭園で、池の周りには飛び石や石橋が在り、水面の景観を色々な角度から楽しめます。カルガモも泳いでいますが、餌付けされていないので人が近づくと遠のく野性的な鴨です。
 

 

園内には岩崎家が自社の汽船で全国から集めた名石が彼方此方に配置され石庭の様相も呈しています。築山も在り、つつじとサツキで覆われ別名「つつじ山」と呼ばれており、5月初旬頃には全体が花で咲き乱れるとの事です。入口から対岸方向に数寄屋作りの涼亭が在ります。
 

 

清澄庭園の北200mに深川稲荷神社が在ります。1630年(寛永7)の創建で以前は、旧町名の西大工町に因んで西大稲荷と呼ばれていました。祭神:宇賀魂命(うかのみたまのかみ)、所在:江東区清澄2-12-12。入口鳥居は1959年(S34)奉納の明神鳥居、後ろの二の鳥居は神明鳥居です。奉納石垣に大鵬の名前が見られます。
 

隅田川に繋がる小名木川に架かる萬年橋(下路ソリットリブタイドアーチ、橋長:56m)を渡ります。橋の上流側に新小名木川水門が在ります。形式:鋼製単葉ローラーゲート、径間:11m×3連、門扉高さ:7.8m、竣工:1961年(S36)。橋の左に芭蕉稲荷神社が見えます。1917年(T6)の津波来襲の後、芭蕉が愛好したと云われる石造の蛙が発見され、地域の人々により創建された神社です。祭神:宇迦之御魂命(うかのみたまのかみ)、所在:江東区常盤1-3。
 

 

200m直進すると芭蕉記念館が在ります、松尾芭蕉が此の付近に住んでいたそうで、芭蕉に関する資料が展示されています。俳句は興味無しなので入館はパス、観覧料\200です。Uターンして隅田川テラス沿いに戻ると、護岸前には芭蕉の句が並んでいます。
 

北東200mに深川神明宮が在ります。慶長年間(1596~1614)に摂津国の深川八郎右衛門他6人が、当時無人の此の地を開拓して勧請した神社です。尚、深川の地名は此の開拓者の名から付けられたとの事。祭神:天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、所在:江東区森下1-3-17。入口鳥居は1987年(S62)奉納の神明鳥居です。
 

 

100m程北に進み新大橋通りを左折して、前回紹介の新大橋に戻ります。左岸テラス沿いに遡上して行くと、クネクネと曲がった『#09首都高速道路両国大橋』が見えます。テラスの一部が意図的に陥没した構造の箇所が複数在り、満潮時には波が被って水浸し状態です、暑い夏場には子供が遊ぶのに良いかも。水溜りを避けて右脇の高段を進みます。
 

首都高速道路両国大橋は、1971年(S46)に開通した首都高速6号向島線(下段)と首都高速7号小松川線(上段)が交差する橋で、横から見ると特徴の無い橋ですが、下から望むと流れるような曲線構造が美しい橋です。唯、残念な事に橋の色が頂けないね。何色なのか?腐った桃色?
 

 

 



名称:首都高速道路両国大橋
構造種別:3径間連続鋼床版箱桁
河口からの距離:4.4km
橋の長さ:329.5m
有効幅員:2×6.5m
竣工:1969年(S44)




首都高速道路両国大橋の下を潜り進んで行くとテラスは運河(堅川)で行き止まりになり、河口部に竪川水門が在ります。形式:鋼製:単葉ローラーゲート、径間:11m×2連、門扉高さ:7.5m、竣工:1959年(S34)。テラスをUターンして竪川を渡れる橋まで首都高速7号小松川線下を進みます。
 

100m程進んだ処に、江島杉山神社が在ります。此処は江戸時代、関東周辺の枇杷法師や鍼灸師、按摩などの盲人を統括していた総禄屋敷の跡で、1693年(元禄6)に杉山流管鍼術を考案した杉山検校が江の島弁財天を勧請して創建したと伝えられています。1952年(S27)に社殿が再建され、杉山検校も合祀して江島杉山神社と改称されています。祭神:市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)、杉山和一検校(すぎやまわいちけんぎょう)、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)、所在:墨田区千歳1-8-2。入口鳥居は1952年(S27)奉納の明神鳥居、狛犬は1955年(S30)の建立です。
 

 

堅川に架かる一之橋を渡り隅田川テラスに戻ると、上流側に3連アーチの『#10両国橋』が見えます。近くには大相撲が開催される国技館が在り、両国橋前後のテラス手摺には相撲の決め技が飾られています。「そとむそう」は聞いた事があるけど「しぎのはがえし」?なんじゃそれ?
 

両国橋は西岸の中央区東日本橋と東岸の墨田区両国を結ぶ橋で、国道14号靖国通り京葉道路が通ります。昔の武蔵と下総の二国を結ぶ境界位置に在った事から両国橋と呼ばれていて、現在の橋は、震災復興事業として架け替えられています。橋の親柱は昔の両国国技館の屋根を模した形状ですね。
 

 

 



名称:両国橋
構造種別:3径間ゲルバー式鋼鈑桁
河口からの距離:4.9km
橋の長さ:164.5m
有効幅員:24m
竣工:1932年(S7)




両国橋の上流から厩(うまや)橋の手前800m程の長さで防潮堤の壁が『隅田川テラスギャラリー』と呼ばれていて、両国地域の伝統的な江戸情緒を感じられる錦絵や地域学校の卒業制作品などが展示されています。展示内容も定期的に変わり11、12月は北斎まつりで、葛飾北斎「富嶽三十六景」のお馴染みの神奈川沖浪裏や凱風快晴、「勝景雪月花」、「榧寺の高灯篭、御馬屋川岸乗合」などが数多くキャンバスに描かれています。
 

 

 

200m程ギャラリーを眺めながら歩いている内に、今回の終着点『#11JR総武本線隅田川橋梁』に到着です。隅田川橋梁は総武本線を両国駅から御茶ノ水駅まで延長する為に架けられた橋梁で、JR両国駅と浅草橋駅の間に位置しています。此の橋梁はランガー桁(桁とアーチの双方で荷重を支える補剛アーチ形式)が、日本で初めて採用されたそうです。此処から東京スカイツリーまで2km程なので、橋梁の下流側からツリーの頭が良く見えます。
 

 

 



名称:『JR総武本線隅田川橋梁』
構造種別:3径間ゲルバー桁+ランガー桁(中央径間)
河口からの距離:5.1km
橋の長さ:172m
線数:複線
竣工:1932年(S7)




>>>後書き<<<
今年も気が付いたら早くも師走で、1年が経つのが早いですね。てっいうか、歳を取ると時間の経過が早く感じられます。此れには理由があり、60歳の1年間と30歳の1年間では記憶の時系列領域が2倍違うからで、若い時のイメージと比較して1年が早いと感じる為らしいです、何処かのTVで放送していたのを思い出しました。ボケて過去の時間を忘れるからだと云う人もいますけどね。(ナットクだ)
次回は隅田川の新大橋から右岸沿いに遡上して、蔵前専用橋、蔵前橋、厩橋までを紹介します。

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/10(火) 03:12:23|
  2. 隅田川

プロフィール

mark60

Author:mark60
関東地区の河川に架かる橋を
紹介しています

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (19)
高麗川に架かる橋--102 (1)
境川 (33)
境川に架かる橋----153 (1)
旧中川 (5)
旧中川に架かる橋--025 (1)
引地川 (13)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
上越市立水族博物館 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
名栗渓谷鳥居観音 (1)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
横須賀港 (1)
鎌倉 (1)
江の島 (2)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
所沢のゆり園 (1)
阿須運動公園 (1)
新宿御苑 (1)
目黒林試の森公園 (1)
三鷹国立天文台 (1)
野川の夜桜 (1)
神代植物公園 (4)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
川崎市立日本民家園 (1)
入間基地航空祭 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (8)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。