ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-389 高麗川『天神橋~鹿台水管橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-390 高麗川『高麗橋~横手流れ橋』(12/07 12:00)
[Vol-09] 今回は清流橋から継続遡上して、天神橋、あいあい橋、ドレミファ橋、鹿台橋、鹿台水管橋までの紹介です。では、清流橋南詰めから南西方向に市道を約300m進み、県道に出た先に架かる『#31天神橋』から紹介します。高麗川左岸の日高市高麗本郷と右岸の日高市栗坪とを結び、埼玉県道15号川越日高線が通ります。清流橋の上流410mに在り、此処も橋下の水質は綺麗ですね、数値で表すと一般的な水質指標の一つであるBOD(Biochemical oxygen demand)が0.5以下です。因みに、綺麗になったと云われている多摩川が1~2です。1947年(S22)上陸したカスリン台風の影響により天神橋が流失しているとの記録が在り、年代からして、先々代の橋と思われます。





 名称:天神橋
 構造種別:2径間PC桁
 河口からの距離:17.9km
 橋の長さ:43.7m
 有効幅員:15.5m
 竣工:2006年(H18)



天神橋を左岸側に渡ると、20m先に高麗郷古民家の入口が在り、入場無料なので入ります(笑)。江戸時代末、高麗本郷村の名主を務めていた、旧新井家の住宅です。建築年代は江戸時代末から明治時代前半と考えられ、数回にわたる改修で当初とは大きく変化しており、現在は入母屋造の2階建てで、屋根は茅葺から瓦葺きに変わっています。2014年(H26)に国の登録有形文化財に登録されています。休館日:祝日を除く、月曜日と火曜日、年末年始。






天神橋の右岸側に戻り、下流側の階段を下りて遊歩道沿いに遡上します。200m程進むと『#32あいあい橋』です。高麗川左岸の日高市高麗本郷と右岸の日高市梅原とを結ぶ、人道専用橋です。熊本県小国町の木目の詰まった、丈夫な小国杉を主要部材に使用し、景観に配慮した日本最大級の木造トラス橋で、1996年(H8)「彩の国さいたま景観賞」を受賞しています。橋名は、憩ある緑と清流を愛しの「あい」と、笑顔溢れるふれあいの「あい」からの命名です。





 名称:あいあい橋
 構造種別:3径間木製トラス
 河口からの距離:18.1km
 橋の長さ:91.2m
 有効幅員:約3m
 完成:1996年(H8)




 此の付近の地名は、先程の天神橋から高麗川が巾着の形の様に蛇行している事から巾着田と呼ばれています。
かつては水田の休耕地でしたが、1965年(S40)頃に日高町が此の土地を取得して、其の後、藪や竹林、葦原を整地したところ、大規模な曼珠沙華の群生が咲き揃う様になりました。増水時の漂着物に曼珠沙華の球根が混ざっていて、根付いた模様です。



1996年(H8)に先程の「あいあい橋」が完成し、駐車場なども整備され観光地として巾着田曼珠沙華公園になっています。花の見頃は9月下旬でしたので、現在は茎だけが残っています。でも、安心して下さい!、高麗川遡上を決定した時点で各地の見処を事前チェックしています。9月20日に天皇、皇后両陛下が高麗神社や此処の曼珠沙華公園などを行幸される予定であり、当日は通行や入場規制、報道等の混雑が予想されるので前日の19日に先撮りしていますよ。と云う事で、時季外れの曼珠沙華をどうぞ(笑)。




曼珠沙華公園の中に『#33ドレミファ橋』が在ります。此処までの曼珠沙華は柵の外からも撮影出来ましたが、ドレミファ橋は有料エリア内なので入場券を買って奥に入ります。因みに、2005年(H17)から曼珠沙華の開花期間中は整備費用に充てる為、入場料300円が徴収されています。花の正式名はヒガンバナ科のヒガンバナ(彼岸花)ですが、巾着田では曼珠沙華と呼び方が統一されていますね。


曼珠沙華公園の略中間位置に架かるのが『#33ドレミファ橋』ですが、開花時期は人手も満開で橋の上でランウェイしてますね。素人モデルが写り込む、嫌いなパターンなので後日、撮り直しましたよ(笑)。


ドレミファ橋は、あいあい橋の上流500mに位置しており、高麗川左岸の日高市大字高麗本郷と右岸の日高市梅原とを結ぶ、人道専用橋です。以前の沈下橋(画像検索によると1993年(H5)には存在)は、床板が無く置き石のピッチも狭くて、其のまま直に渡れていましたが、2010年(H22)から橋脚スパンが広がり上に床板が渡されています。





 名称:ドレミファ橋
 構造種別:17径間沈下橋
 河口からの距離:18.6km
 橋の長さ:約32m
 有効幅員:約1m
 完成:2010年(H22)



ドレミファ橋の左岸側に戻り、曼珠沙華公園の上流エリアを見ながら次の橋へ向かいます。此処に咲く曼珠沙華の本数はなんと500万本で日本一、2013年に実施したメッシュポイントサンプリング調査の数値なので、其の後もっと増えていますね。休耕地には季節に応じた花も見られます、9,10月は曼珠沙華、コスモスに赤ソバ、3月サクラ、5月菜の花などです。途中に観光用に造られた水車小屋が在ります。傍を流れる灌漑用水路には、ハグロトンボが休憩していますよ。




左岸側の市道を少し進むと、鹿台(ろくだい)堰が見えます、左岸側から巾着田の水田への灌漑用水を取水しています。久し振りにアオサギ君が登場、水が透明なので魚が居れば直ぐに捕れそうだけど、魚いないね~。




鹿台堰の上流70m、ドレミファ橋の上流約1kmに架かるのが『#34鹿台橋』で、高麗川左岸の日高市高麗本郷と右岸の日高市台とを結び、県道15号(川越日高線線)が通ります。鹿台橋も1947年(S22)上陸したカスリン台風の影響により流失しています。





 名称:鹿台橋
 構造種別:2径間PC桁
 河口からの距離:19.6km
 橋の長さ:43m
 有効幅員:16.8m
 竣工:2007年(H19)



鹿台橋の上流隣りに架かるのが『#35鹿台水管橋』で、今回終着地点の橋です。高麗本郷水源からの地下水を左岸の武蔵台地区へ送水している模様です。





 名称:鹿台水管橋
 構造種別:1径間三弦トラス
 河口からの距離:19.6km
 橋の長さ:約40m
 有効幅員:約1m
 完成:不明



水管橋前の県道を100m程戻ると巾着田バス停が在り、タイミング良くバスも見えたので此処から飯能駅経由で帰宅します。


>>>後書き<<<
次回は鹿台水管橋から遡上して、高麗橋、祥雲橋、横手流れ橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/03(日) 12:00:00|
  2. 高麗川

プロフィール

mark60

Author:mark60
関東地区の河川に架かる橋を
紹介しています

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (19)
高麗川に架かる橋--102 (1)
境川 (33)
境川に架かる橋----153 (1)
旧中川 (5)
旧中川に架かる橋--025 (1)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
上越市立水族博物館 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
名栗渓谷鳥居観音 (1)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
横須賀港 (1)
鎌倉 (1)
江の島 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
所沢のゆり園 (1)
阿須運動公園 (1)
新宿御苑 (1)
目黒林試の森公園 (1)
三鷹国立天文台 (1)
野川の夜桜 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
川崎市立日本民家園 (1)
入間基地航空祭 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。