ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-366 入間川『阿須・岩沢流れ橋~JR八高線入間川橋梁』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-367 入間川『加治橋~矢久橋』(08/29 12:00)
[Vol-10] 今回は上橋から継続遡上して、阿須・岩沢流れ橋、阿岩橋側道橋(旧)、阿岩橋(旧)、新阿岩橋、JR八高線入間川橋梁までの紹介です。上橋の右岸側河川敷に遊歩道が続いているので、此方を進みます。木影にベンチが在ったので遅い朝食休憩、今日はアップルパイです。その他の携行食として、ビタミンゼリーにQBBチーズ、マグボトルの中は氷、PETの水は汗でショッパクなった顔と腕のウォッシュ用です(笑)。


少し雲が出ているけど風が無いので、蒸し暑いですね。川面に景色が綺麗に写ります、一際大きく見える建物は駿河台大学で、此処から約1.5km。今回の終着地点も其の付近ですが、川が蛇行しているので残り約2kmの工程です。河川敷に胡桃(クルミ)の木が在りますが、採るには未だ早いですね。十文字の白い花びらを咲かせる仙人草、此の花が大好きなのがハナムグリで、殆どセットで見られますね。


450m程進むと左方向に木橋が見えます。阿須運動公園の古代広場へと続いています。斜めに飛び出している岩は、ステゴサウルスの骨板をイメージさせるオブジェですね。おっと、アケボノゾウが埋まってますよ(笑)、太古の日本に生息していた小型の象ですが、こんなには小さく無いですよ!体高2m近い🐘です。他にもアンモナイトの水飲み場、白い塊は何かね、恐竜の背骨の椎骨?良くわからん。




埼玉県道195号線を挟んで南側に、地元ではムーミン谷と云われている「あけぼの子どもの森公園」が在るので寄ります。1997年(H9)にムーミン童話の世界を感じられる児童公園として開園、今年(H29)からムーミン作者の「トーベ・ヤンソン」が冠名に付いています。入口にメタセコイア(和名:あけぼの杉)の並木が続いています、秋の紅葉の時期に来たかったですね。杉並木の坂道を上がって行くと右手に子ども劇場、正面にキノコの家が見えます。右手の丘の上に在る森の家はトーベ・ヤンソンに関する資料展示、2Fは図書室です。




小高い位置に芋虫だか、豆の鞘だかイメージ力に乏しいので上手く表現出来ませんが、橋が架かっています。見晴らしの橋と云う名前が付いていました。公園の境界はロープ柵のみ、「外に出ると蜂やヘビに噛まれますよ」の看板が在ります。子供にはインパクトが強い表現ですね。此処にはムーミンやスナフキンなどのキャラクターの展示は有りません。絵本の再現みたいな模擬展示ではなく、自然と共生した環境、いかにも童話に出て来そうな建物などから、自分で夢の世界を造れる場所で子供が喜ぶ事、間違いないですね。入場無料、休園日:月曜と年末年始、所在:飯能市阿須893-1。




県道に戻り、入間川遊歩道を250m程進むと『#33阿須・岩沢流れ橋』が架かっています。入間川右岸の飯能市阿須運動公園と左岸の岩沢運動公園とを結ぶ流れ橋(正式には沈下橋)で、人道専用です。橋桁は橋脚にワイヤーで繋がっており、増水して橋桁が外れても元に戻して復旧出来ます。2012年(H24)に開通しましたが2年後の台風で流され、2015年(H27)に復旧しています。此処は7月中旬に渡っていますが、現在は8月上旬に通過した台風5号の影響で入間川が増水し、流れ橋の両端2枚の床板が外れ、8月下旬の復旧予定まで通行出来ないそうです。戻せると云っても人手じゃ無理、重機が必要だし大変だよね。入間川は500m程前から飯能市に入り、残り約33kmの終端まで飯能市内を流れます。飯能と云えば、終端を含めて入間川の遡上で参考にさせて頂いた奥武蔵の山人さん、お世話になり有難う御座います。奥武蔵周辺の山や川、道なき道もトレッキングされており、URLは次のとおりです。(http://mkaifuu.blog.fc2.com/





 名称:阿須・岩沢流れ橋
 構造種別:10径間沈下橋
 河口からの距離:30.5km
 橋の長さ:約50m
 有効幅員:約1.5m
 完成:2015年(H27)



流れ橋を左岸側に渡り、北600m程に在る真言宗智山派寺院の明王寺に行きます。お寺の脇の畑に色々な花が咲いていましたので、花の撮影会です(笑)。ハナショウブにスカシユリ、半夏生、此処までは知っているけど、水仙の葉に似て赤い花が咲いている奴と、トゲトゲに包まれた蕾だか実の奴は初めて見るね、帰ってから暫しPCと格闘30分、やっと判りました。先ず、赤い花はスプレケリアと云う名でメキシコ産の球根植物で、和名のツバメズイセンは,翼を広げたツバメのような花の形に由来します。トゲトゲは、ニゲラ(クロタネソウ)の種子でした。




明王寺の創建は不詳、横見郡今泉村(現在の比企郡吉見町今泉)金剛院の末で、1624年(寛永1)法印源海による開山と云われています。山号:岩沢山、院号:不動院、本尊:不動明王像、所在:飯能市岩沢999-1。本堂は1984年(S59)の落慶です。


明王寺から南西200mに曹洞宗寺院の見光寺が在ります。入間郡木蓮寺村瑞泉院の末で創建は不詳、一樹松和尚により開山、慶安年間(1648~1651年)に江戸幕府より地蔵堂領として8石の御朱印状を拝領したと云われています。宝篋印塔は安山岩製の石塔で、下から反花座・基礎・塔身・笠・相輪の順で積み上げられ、笠部の隅飾突起が一部欠ける以外は完全な形で残っています。山号:華香山、院号:地蔵院、本尊:薬師如来像、所在:飯能市岩沢1092。






見光寺から西120m程に橋が3つ並んでいます。手前下流側に架かるのが『#34阿岩橋側道橋(旧)』で、入間川左岸の飯能市岩沢と右岸の飯能市阿須とを結ぶ、人道専用橋でした。橋名は両岸地区から一文字ずつ取っての命名です。北詰め道路脇に渡し跡の説明板が在ります。後ろに見えるのは、庚申塚です。





 名称:阿岩橋側道橋(旧)
 構造種別:5径間鈑桁
 河口からの距離:31km
 橋の長さ:約126m
 有効幅員:1.5約m
 完成:不明



真中に架かるのが『#35阿岩橋(旧)』です。かつて「阿須の渡し」と呼ばれる渡船場が在った場所で、創架は1912年(M45)の木橋です。



 名称:阿岩橋(旧)
 構造種別:9径間PC桁
 河口からの距離:31km
 橋の長さ:約126m
 有効幅員:約3m
 竣工:1961年(S36)



最上流に架かるのが2012年(H24)に竣工した『#36新阿岩橋』で、市道1-18号線(阿須小久保線)が通ります。新橋の完成により下流側の2橋梁は廃止、撤去は未定で無理すれば渡れますよ(笑)。



 名称:新阿岩橋
 構造種別:3径間PC桁
 河口からの距離:31km
 橋の長さ:約136m
 有効幅員:約14m
 竣工:2012年(H24)



新阿岩橋の上流200mに架かるのが今回終着地点の『#37 JR八高線入間川橋梁』で、左岸側の東飯能駅と右岸側の金子駅の間に位置しています。地元では「阿須の鉄橋」と呼ばれているそうで、左岸側、東飯能南に在る高麗丘陵と右岸側に在る加治丘陵とを結び、入間川川面から15m程の高さをJR八高線が通過します。





 名称:JR八高線入間川橋梁
 構造種別:13径間鈑桁
 河口からの距離:31.2km
 橋の長さ:249.6m
 軌道:複線
 完成:1931年(S6)



>>>後書き<<<
次回はJR八高線入間川橋梁から継続遡上して、加治橋、矢川橋歩道橋、矢川橋、飯能大橋、矢久橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/25(金) 12:00:00|
  2. 入間川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (0)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
川崎市立日本民家園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。