ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Spot-47 川越『小江戸散策』-其の2


This best shot


次回アップ予定:Scene-361 入間川『初雁橋~八瀬大橋』(08/05 12:00)
今回は前回に引き続き、小江戸散策 後半のSpot紹介です。前回終着地点とした川越氷川神社から南西600m程に在る、川越市のシンボルになっている「時の鐘」へ行きます。地元では鐘撞堂と呼ばれている3層構造の塔で江戸時代の寛永年間に建てられ、現在の鐘撞堂は4代目で1894年(M27)の再築です(川越市指定有形文化財)。鐘撞堂を潜ると薬師神社の境内です。創建は不詳、元町市場に祀られていた市神の薬師堂を1623年(元和9)に現在地に遷座し、観音坊が開山となり天台宗の瑞光山医王院常蓮寺と号していましたが、明治の神仏分離令で常蓮寺は廃寺となり、薬師神社と改称しています。川越大火で鐘撞堂と共に焼失しましたが、翌年に再建されました。本尊:薬師如来像、所在:川越市幸町15-8。


鐘撞堂の先に古い町並みが残る蔵通りですが、My工程の都合で後回しにします。県道51号線へ戻り南に250m程進むと、■日本聖公会川越キリスト教会です。1889年(M22)に最初の礼拝堂が建てられましたが、川越大火により焼失、1921年(T10)に煉瓦造りで再建されました。西に150m進むと左手に、■旧武州銀行川越支店、現在は川越商工会議所として使用されています。川越のパルテノン神殿とも呼ばれ、ルネッサンス・リバイバル様式の建築で、ドリス式柱、バロック風の玄関上の飾りが施されています。1928年(S3)の建築で国の有形文化財に指定されています。商工会議所の角を左に曲がり大正浪漫夢通りに入ると、120m程南に、■シマノコーヒー大正館が在ります。一見レトロな雰囲気を醸し出していますが、なんちゃってレトロな1933年(S8)竣工の人造石洗い出し仕上げの看板建築です。隣の「いせや」も、1935年(S10)創業の和菓子屋です。商工会議所まで戻り、左手に■山崎美術館が在ります。和菓子の老舗「亀屋」の一角に建つ土蔵を利用し、山崎家に伝わる美術品・工芸品等のコレクションを展示している美術館です。入館料は\500、山崎家の建物は川越大火の翌年1894年(M27)の竣工です。


西に20m程進んで右折、蔵通り(一番街商店街)を北に進みます。30m程で左手に、■田中家住宅が在ります。外観はレトロな洋館ですが内部は蔵造りの建物で1915年(T4)竣工(川越市指定文化財)現在は喫茶店です。隣に■旧山吉(やまきち)デパートが並んでいます。1936年(S11)川越に初めて出来た高級百貨店で、鉄筋コンクリート工法による3階建て、ルネッサンス様式を基調とした外観になっており、4本のイオニア式大列柱や壁面のレリーフが施されています。現在は玄関のドアに小さな歯のマークと診療中のプレートが下がり、歯科医院ですね。北50m先に、■モダン洋風長屋が見えます。1932年(S7)に店舗付き賃貸住宅として山吉デパートが建てたものだそうです。端に鍛冶小町堂、川越の土産物と風呂敷、小物のお店です。70m先、右手に、■旧八十五銀行本店本館が在ります。1878年(M11)に埼玉県で初めて開業された国立銀行で、鉄筋コンクリート造3階建、ネオルネッサンス洋風建築です。現在は、埼玉銀行から埼玉りそな銀行に改称されています。


さらに70m程進むと、■原家住宅が在ります、川越大火の翌年に、呉服商を営む山本平兵衛が建てた蔵造りで、川越を代表する蔵造りの構造が随所に見られます。現在は「陶舗やまわ」が店を構え、地元陶芸作家の作品などが並んでいます。直ぐ先の鐘つき通りを過ぎて100m先に、■笛木醤油川越店が在ります、創業は1789年(寛政1)で伝統的な醸造方法を守り続けている醤油屋です。蔵は平成に建てられた新しい造りです。隣に建つのが、■大沢家住宅で、蔵通りの中で最も古く、呉服商の近江屋半右衛門が1792年(寛政4)に建てた蔵造りのお店です。川越大火の焼失から免れ、国の重要文化財に指定されています。40m先に、■川越元町郵便局が在ります、建物は蔵を改造したもので郵便ポストは明治時代に使用されていた黒塗柱箱の復刻版です。


蔵通り札の辻交差点を左折し高澤通りを西に250m、新河岸川に架かる高沢橋の手前を左に曲がると、浄土宗寺院の見立(けんりゅう)寺です。1558年(永禄1)小田原北条氏の重臣で川越の城将だった大道寺政繁が北条氏康の子感譽上人を開山として、城下に建立寺と称して創建、後に見立寺と改めたと云われています。山号:受昌山、院号:了心院、本尊:木造阿弥陀如来像、所在:川越市元町2-9-11。小江戸川越七福神の福布袋尊です。道端に咲いていた紅白の花はハコネウツギ(箱根空木)で、白い花が徐々に赤い花に変化します。




見立寺から南西600m程に日蓮宗寺院の妙昌寺が在ります。日蓮宗大本山本門寺の末寺で、室町時代の1375年(永和1)幸町の地に開創、江戸時代の1741年(寛保1)現在地に移転したと云われています。山号:法眞山、本尊:三宝尊、所在:川越市三光町29-1。小江戸川越七福神の弁財天です。花火の様に広がる青い花は、シラー・ペルビアナで和名はオオツルボ(大蔓穂)です。




妙昌寺から東に450m、浄土宗寺院の蓮馨(れんけい)寺へ行きます。室町時代の1549年(天文18)に川越城将の大道寺政繁の母、蓮馨大姉が仏教を広める為に建てた寺で、感誉存貞による開山と云われています。徳川家は浄土宗への信仰が厚く、開幕後の1602年(慶長7)に設けられた関東十八檀林(僧侶の養成機関・学問所)の一つで、寺領20石を拝領した御朱印寺です。山号:孤峯山、院号:宝池院、本尊:木造阿弥陀如来坐像、所在:川越市連雀町7-1。小江戸川越七福神の福禄寿です。




蓮馨寺前の蔵通りを挟んで東隣に川越熊野神社が在ります。1590年(天正18)蓮馨寺二世の然誉文応僧正が紀州熊野より勧請されたもので、元々は蓮馨寺境内でしたが、明治の神仏分離令の際に加佑稲荷神社、厳島神社の遷座と併せて独立しています。祭神:伊弉諾尊、事解之男尊、速玉之男尊、所在:川越市連雀町17-1。銭洗弁財天で小銭を洗って財布に入れたのですが、洗ったのを忘れて使っちゃいました、あんたバカだね(爆)。




熊野神社から南東200m程に出世稲荷神社が在り、散策は此処で最後にします。1832年(天保2)地主だった立川氏が伏見稲荷大社を勧請した屋敷神で、いちょう窪稲荷とも呼ばれています。祭神:宇迦之御魂大神、佐田彦之大神、大宮能売ノ大神、所在:川越市松江町1-7-1。




出世稲荷神社から南西に約400m、西武新宿線の本川越駅から国分寺経由で帰宅します。川越をグルリと一周、27000歩の散策でした。途中に酒屋が在ったので川越の地ビールCOEDOをお土産に帰宅、川越の名物、鰻も食べたかったけど、時間が早くて何処も準備中。冷凍庫に隠してある特売の鰻でも食べるかな(笑)。冷凍鰻を裏返して、ペティナイフでプスプスと皮に切れ目を入れてからチンすると、ふっくら柔らで美味しく仕上がりますよ。地ビールには肉だよネ、安い牛ステーキもオマケの牛脂が良いと旨くなりますよ。




>>>後書き<<<
次回は通常Sceneに戻り、JR川越線入間川橋梁から遡上して初雁橋、関越自動車道入間川橋、八瀬大橋側道橋、八瀬大橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/01(火) 12:00:00|
  2. 川越

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (16)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。