ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-350 石神井川『松之木橋~集い橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-351 石神井川『豊栄橋~西武新宿線石神井川橋梁』(06/14 12:00)
[Vol-15] 今回は蛍橋から継続遡上して、松之木橋、上御成橋、栄橋、愛宕橋、小ケ谷戸橋、扇橋、豊城橋、豊城歩道橋、集い橋までの紹介です。まずは、蛍橋の上流170mに架かる『#125松之木橋』からで、石神井川左岸の石神井台1丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:松之木橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.9km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約4m
 竣工:1967年(S42)



松之木橋から北西200m程に真言宗智山派寺院の三宝寺が在ります。1394年(応永1)、鎌倉大楽寺の幸尊法印が此の近くに創建し、1477年(文明9)に太田道灌によって現在地に移転されたと云われています。徳川家光が鷹狩の際に休憩場として使われ、1591年(天正19)には朱印地10石を与えられた御朱印寺です。山門は、御成門と呼ばれ、1827年(文政10)の建立、裏手に在る三宝寺池の由来でもあり石神井不動尊とも呼ばれています。山号:亀頂山、院号:密乗院、本尊:不動明王像、紅頗梨色阿弥陀仏像、所在:練馬区石神井台1-15-6。関東三十六不動第11番札所、御府内八十八ケ所霊場16番札所、豊島八十八ケ所霊場16番札所、武蔵野三十三観音霊場の3番札所です。






三宝寺の北西裏手に石神井台の氷川神社が在ります。境内の由緒案内によると、応永年間(1394~1428年)に此の地の領主であった豊島氏が、武蔵国一ノ宮の氷川神社を石神井城内に勧請して創建されました。石神井城落城後、現在地に遷座し石神井郷(上石神井、下石神井、谷原、田中、関の5ケ村)の総鎮守となり、1874年(M7)に郷社として列格。祭神:須佐之男命、相殿:稲田姫命、大己貴命、所在:練馬区石神井台1-18-24。境内社:榛名神社、浅間神社、御嶽神社、阿夫利神社、三峯神社、北野神社、八幡神社、御嶽神社、三島神社、須賀神社、稲荷神社。石燈篭は1699年(元禄12)、拝殿前の旧狛犬は1837年(天保8)、鳥居後ろの狛犬は1920年(T9)の建立です。








氷川神社裏手の三宝寺池湖畔に厳島神社が在ります。三宝寺池は石神井川主水源の池で、かつては地下水が湧出していましたが、現在は湧出量が減り、地下水を汲み上げて補充しています。古来禁猟地であった事から草木が生い茂り、三宝寺池沼沢植物群落として国天然記念物に指定されています。東屋にはバードウォッチャが大勢いますね。


池の南西端に厳島神社が在ります。創建は不詳、江戸時代には弁天社、水天宮として史料に残されていました。1908年(M41)と1915年(T4)に近隣の稲荷神社、愛宕神社、御嶽神社を合祀しています。祭神:狭依姫命、相殿:香具槌命、倉稲魂命、国常立命、所在:練馬区石神井台1-26。境内社:水神社、穴弁天社。社殿は1983年(S58)、鳥居は2010年(H22)の建立です。




厳島神社から石神井川に戻り、松之木橋の320m上流に架かるのが『#126上御成橋』です。石神井川左岸の石神井台1丁目・2丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。橋名は先程の三宝寺御成門に通じる事に由来しています。唯、下流の加賀に御成橋が架かっているので、此方は上が付いています。



 名称:上御成橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.2km
 橋の長さ:約15m
 有効幅員:約6m
 完成:2016年(H28)



上御成橋の上流90mに架かるのが『#127栄橋』で、石神井川左岸の石神井台2丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。車が通る幅は有りますが、簡易閉鎖具のクッションドラムが置かれていて、人道専用橋になります。





 名称:栄橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.3km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約5m
 完成:2011年(H23)



栄橋の400m程上流に架かるのが『#128愛宕橋』で、石神井川左岸の石神井台2丁目・4丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道(上石神井通り)が通ります。





 名称:愛宕橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.7km
 橋の長さ:約18m
 有効幅員:約11m
 完成:2013年(H25)



愛宕橋の110m上流に架かるのが『#129小ケ谷戸橋』で、石神井川左岸の石神井台4丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:小ケ谷戸橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.8km
 橋の長さ:約9m
 有効幅員:約4m
 完成:1979年(S54)



小ケ谷戸橋の60m上流に架かるのが『#130扇橋』で、石神井川左岸の石神井台4丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、都道245号杉並田無線(新青梅街道)が通ります。橋梁銘板が左岸下流側にチラッと見えましたが、文字が見える方向に寄ると手前に木々が入り、判読不能でした。



 名称:扇橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.9km
 橋の長さ:約45m
 有効幅員:約12m
 完成:不明



扇橋の140m上流に架かるのが『#131豊城橋』で、石神井川左岸の石神井台4丁目と右岸の上石神井4丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:豊城橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:18km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約5m
 完成:1974年(S49)



豊城橋の上流20mに架かるのが『#132豊城歩道橋』です。左岸側の植込みが邪魔で、此方側から撮れませんね。



 名称:豊城歩道橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.1km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約1.5m
 竣工:1970年(S45)



豊城歩道橋の上流140mに架かるのが『#133集い橋』で、今回終着地点の橋です。此の橋も石神井川左岸の石神井台4丁目と右岸の上石神井4丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:集い橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.2km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約3m
 完成:1980年(S55)



>>>後書き<<<
次回は集い橋から継続遡上して、豊栄橋、西豊城橋、曙橋、日之出橋、稲荷橋、庚申橋、関新橋、若宮橋、睦橋歩道橋、西武新宿線石神井川橋梁までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/10(土) 12:00:00|
  2. 石神井川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (4)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (0)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。