ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-349 石神井川『無名橋~蛍橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-350 石神井川『松之木橋~集い橋』(06/10 12:00)
[Vol-14] 今回は山下橋から継続遡上して、無名橋、坂下橋、憩い橋、豊島橋、睦橋、根ケ原橋、茜歩道橋、蛍橋までの紹介です。では、山下橋の上流150mに架かる『#117無名橋』から紹介します。石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井3丁目とを結ぶ、人道専用橋です。



 名称:無名橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:15.9km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約3m
 完成:不明



無名橋の100m上流に架かるのが『#118坂下橋』で、此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。





 名称:坂下橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16km
 橋の長さ:約17m
 有効幅員:約4m
 完成:2008年(H20)



坂下橋から100m上流に架かるのが『#119憩い橋』です。此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井3丁目とを結び、人道専用橋です。黄色の花は、ウンナンオウバイ(雲南黄梅)で梅に似た花を咲かせる事からの命名で、梅の仲間ではなく、モクセイ科に属するジャスミンの仲間です。





 名称:憩い橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.1km
 橋の長さ:約15m
 有効幅員:約4m
 完成:2008年(H20)



憩い橋の上流90mに架かるのが『#120豊島橋』で、石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井3丁目・6丁目とを結び、都道25号飯田橋石神井新座線(旧早稲田通り)が通ります。





 名称:豊島橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.2km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約10m
 完成:2011年(H23)



豊島橋から北西100m程に真言宗智山派寺院の禅定院が在ります。境内の由緒案内によると、約600年前に願行上人によって開かれたお寺です。本堂前のキリシタン燈籠(1673年(寛文13))は区内でも珍しい石造物で、練馬区の文化財に指定されています。山号:照光山、寺号:無量寺、本尊:阿弥陀如来像、所在:練馬区石神井町5-19-10。豊島八十八ケ所霊場の70番札所です。






石神井川に戻り、豊島橋の上流90mに架かるのが『#121睦橋』で、石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井6丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:睦橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.3km
 橋の長さ:約19m
 有効幅員:約5m
 完成:2003年(H15)



睦橋の上流140mに架かるのが『#122根ケ原橋』です。此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井6丁目とを結び、一般道が通ります。橋の下では堆積土砂の除去作業と、洗掘防止用の河床の敷設を行なっていますね、ご苦労様です。





 名称:根ケ原橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.4km
 橋の長さ:約19m
 有効幅員:約5m
 完成:2004年(H16)



根ケ原橋の上流120mに架かるのが『#123茜歩道橋』で、此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井6丁目とを結び、人道専用橋です。



 名称:茜歩道橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.6km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約4m
 完成:2007年(H19)



茜歩道橋から北西300m程に稲荷諏訪合神社が在るので寄ります。150m程進んだ処に石神井公園の野草観察園が在ったので、野草観察です。こぢんまりとした野草園ですが、見られる種類も多く、初めて見る植物も沢山在りましたよ。■アミガサユリ(編笠百合):ユリ科で原産地は中国、生薬として用いられています。■ケマンソウ(華鬘草):別名タイツリソウとも呼ばれています。色が綺麗ですね。■シロバナショウジョウバカマ(白花猩々袴):ユリ科で日本の固有種です。■クサノオウ(草ノ王):奥多摩で偶に見掛けますね、ケシ科で毒草ですが薬草にもなります。■ヤマシャクヤク(山芍薬):ボタン科で準絶滅危惧種です。




■カタクリ(片栗):ユリ科です、野生種は中々見掛けないけど、郊外に出ると育成保護された奴が見られますね。■イチリンソウ(一輪草):キンポウゲ科、此れがイチリンソウか!名札が無いと判らなかったね。■タチツボスミレ(立坪菫):スミレ科、此れは我が家のプランターにも生えているので判ります、種が飛んでどんどん増殖していますよ。他にも季節に応じた野草が見られるそうです。


しゃがみ込んで接写していたので、膝がイタタです。暫し休憩、以前なら此処で一服の時間だったけど、禁煙してから約半年経過、我慢出来ていますよ(笑)。北西に残り150m進むと稲荷諏訪合神社に到着です。創建は不詳、新編武蔵風土記稿に「諏訪社、禅定院持」と記載されており、先程の禅定院が別当の模様です。明治維新後に稲荷社と合祀して、稲荷諏訪合神社と改称しています。祭神:稲倉魂命、建御名方命、所在:練馬区石神井町5-23-2。境内社:根ケ原諏訪神社。鳥居は1923年(T12)の建立です。




稲荷諏訪合神社の裏手に石神井公園内の石神井池、三宝寺池が在ります。井の頭池、善福寺池と並び、武蔵野三大湧水池として知られていました。現在の石神井池は汲み上げた地下水で満たしているそうです。キンクロハジロの茶色い奴がいました、♀です。湖畔に聳える木はラクウショウ(落羽松)は杉の仲間、区内有数の大きさで、樹高:21m、幹周り:2.3mです。




石神井川に戻り、茜歩道橋の180m上流に架かるのが、今回終着地点の『#124蛍橋』です。石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目・石神井台1丁目と右岸の練馬区下石神井6丁目・上石神井3丁目とを結び、都道444号下石神井大泉線(井草通り)が通ります。下流側の仮設橋上が、先程の洗掘防止用河床材の仮置き場になっています。




 名称:蛍橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.7km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約10m
 完成:2017年(H29)


>>>後書き<<<
次回は螢橋から継続遡上して、松之木橋、上御成橋、栄橋、愛宕橋、小ケ谷戸橋、扇橋、豊城橋、豊城歩道橋、集い橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/06(火) 12:00:00|
  2. 石神井川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (6)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
名栗渓谷鳥居観音 (1)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
川崎市立日本民家園 (1)
入間基地航空祭 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。