ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-337 石神井川『無名橋~滝野川橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-338 石神井川『観音橋~緑橋』(04/15 12:00)
[Vol-02] 今回はJR東北本線他橋梁から継続遡上して、無名橋、舟串橋、音無橋、松橋、紅葉橋、滝野川橋までの紹介です。JR橋梁から80m程上流に架かる木橋が『#11無名橋』です。石神井川左岸の北区王子本町1丁目と北区王子1丁目とを結ぶ人道専用橋で、石神井川の旧流路は音無親水公園となり、現在は汲み上げた地下水がチョロチョロと流れて水車が回転、ん~、していませんね(笑)。コブシの開花も終わりが近づき、代わって桜が開花ですが、今年は寒の戻りが有って一気に満開とまでは行かず、開花にもバラツキが見られます。でも、其の分、花見が長く楽しめそうですね。





 名称:無名橋
 構造種別:1径間木製アーチ
 河口からの距離:1.4km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:約1m
 完成:不明



無名橋の上流30m程に架かる木製アーチが『#12舟串橋』で、此方の橋も音無親水公園内の人道専用橋です。





 名称:舟串橋
 構造種別:1径間木製アーチ
 河口からの距離:1.5km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約3m
 竣工:1988年(S63)



音無親水公園の北側に王子神社が在るので寄ります。境内の由緒案内によると、創建は不詳で1322年(元亨2)に領主の豊島氏が紀州熊野三社より若一王子を勧請され、以来此の地は岸村から王子と云う地名になったそうで、神社下を流れる石神井川も此の付近では紀州の地名に因んで、音無川と呼ばれています。徳川家康からは1591年(天正19)に社領200石の御朱印状を拝領、明治初期には准勅祭社に指定、戦後には東京十社(根津神社、神田神社、亀戸天神社、白山神社、王子神社、芝大神宮、日枝神社、品川神社、富岡八幡宮、氷川神社)の一社に数えられています。境内の端に都の天然記念物に指定されている大イチョウ、幹囲:5.2m、高さ:24.2mが聳えています。祭神:伊邪那美命、伊邪那岐命、天照大御神、相殿:速玉之男命、事解之男命、所在:北区王子本町1-1-12。境外末社:富士神社、八雲神社、八幡神社、日枝神社、御嶽神社。鳥居は1982年(S57)、狛犬は1976年(S51)の建立です。




境内の西端に関神社と毛塚が在ります。蝉丸公は延喜帝の第四皇子で、髪の毛が逆髪である故に嘆き悲しむ姉君の為に、侍女の古屋美女に命じてかもじ(かつら)を考案し髪を整える工夫をした事から、髪の祖神と崇敬を集め、滋賀県大津の関蝉丸神社に祀られ、其の御神徳を敬仰する かもじ業者を中心として江戸時代に奉斎されたのが関神社です。祭神:蝉丸公、逆髪姫、古屋美女、所在:北区王子本町1-1。境内の奉納石柱に刻まれているのは、当然ながら、かつら屋、床山などの名前がズラリですね。


舟串橋の50m上流に架かるのが鉄筋コンクリート製3連アーチの『#13音無橋』です。石神井川左岸の北区王子本町1丁目と北区王子1丁目・滝野川2丁目とを結び、都道455号本郷赤羽線が通ります。かつて此の地に住んでいた渋沢栄一は、第一国立銀行などの銀行業を初め、王子製紙やキリンビールなどの設立に携わった事業家で、音無橋の架橋にも関与しています。





 名称:音無橋
 構造種別:3径間RCアーチ
 河口からの距離:1.5km
 橋の長さ:49m
 有効幅員:16m
 竣工:1931年(S6)



音無橋の南脇に石神井川飛鳥山隧道の入口が見え、飛鳥山の下を潜り前回紹介した王子桜橋の上流へとショートカットしており、此処から上流が石神井川の本流になりますね。では、石神井川沿いに残り24km程の遡上を再開します。遊歩道も在るけど高さが有って、これじゃあ川面も橋も見えないね、此の先どうなるのかな?まあ行って見ましょう。日陰の桜は3分咲き、でも蕾の桜も好きだな。




飛鳥山隧道から南西200m程に浄土宗寺院の正受院が在ります。弘治年間(1555~1558年)に大和国に住み不動即我の密法を修していたと云う学仙房という僧が、霊夢によって武蔵国に来て此の寺を創建したと伝えられています。山号:思惟山、寺号:浄業三昧寺、本尊:阿弥陀如来像、所在:北区滝野川2-49-5。上野王子駒込辺三十三ケ所観音霊場の4番札所、北豊島三十三ケ所霊場の23番札所。山門は1902年(M35)の建立で、竜宮門形式の鐘楼門です。近藤守重は江戸時代後期の幕臣で探検家、1798年(寛政10)に幕府の命により蝦夷地の調査開発に尽力した人物で、正受院の隣に住んでいたそうです。






正受院から西180m程に音無さくら緑地が在ります。此処も音無親水公園と同じく、石神井川の旧流路を残した公園です。緑地内に架かっている吊り橋は『緑の吊り橋』と云う名前で、1994年(H6)架橋の3代目です。補鋼桁が無い構造なのでメチャクチャ揺れますよ。所在:北区王子本町1-6先。


音無さくら緑地の北側が石神井川で、音無橋から400m上流に架かる『#14松橋』が見えます。石神井川左岸の北区王子本町1丁目と右岸の同じく北区王子本町1丁目とを結び、一般道が通ります。松橋の脇に在った計測装置は電波レベル計で水位観測用に使用されていました。両岸には遊歩道も在り、柵の隙間からの撮影も問題なしです。石神井川は豪雨対策用の雨水排水路として整備されており、普段は雨水や湧水などが少し流れる程度ですが、最大で50mm/hの豪雨に対応出来ます。





 名称:松橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:1.9km
 橋の長さ:約24m
 有効幅員:約5m
 完成:1972年(S47)



松橋から150m上流に架かるのが『#15紅葉橋』、欄干飾りが紅葉したモミジで判り易いね。石神井川左岸の北区王子本町1丁目・滝野川4丁目と右岸の北区滝野川2丁目・3丁目とを結び、一般道が通ります。紅葉橋下に浮かんでいるキンクロハジロ、眼つき悪~(笑)。





 名称:紅葉橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:2.1km
 橋の長さ:21.6m
 有効幅員:15m
 完成:1978年(S53)



紅葉橋の南隣に真言宗豊山派寺院の金剛寺が在ります。弘法大師が遊歴した際に創建したと伝えられており、治承年間(1177~1181年)には源頼朝が当地に布陣、辨財天への信仰深く堂舎を建立したとも云われています。此の付近一帯は、徳川八代将軍吉宗の命により楓が植樹され、紅葉寺として今も親しまれています。山号:瀧河山、院号:松橋院、本尊:不動明王像、所在:北区滝野川3-88-17。豊島八十八ケ所霊場の43番札所、荒川辺八十八ケ所霊場の16番札所、上野王子駒込辺三十三ケ所観音霊場の1番札所、北豊島三十三ケ所霊場の31番札所です。山門裏側の左右に置かれている石像は風神と雷神で、胸に宝永七(1710年)の刻みが読めます。






紅葉橋に戻り、右岸沿いを50m程進むと親水公園の音無もみじ緑地が在ります。傍に立つ案内板には松橋弁財天洞窟跡の説明が有ります。かつて此の付近は渓谷で、崖下の岩屋の中には弁財天像が祀られ、岩屋弁天とも呼ばれていたそうで、石神井川の護岸工事により洞窟は消失しています。


更に200m程進むと、今回終着地点の『#16滝野川橋』で、紅葉橋から310m上流に架かっています。石神井川左岸の北区滝野川4丁目と右岸の北区滝野川3丁目とを結び、一般道が通ります。橋名は渓谷が在った時代に多くの滝が在り、別名、滝野川とも呼ばれており地名にもなっています。





 名称:滝野川橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:2.4km
 橋の長さ:20m
 有効幅員:15m
 竣工:1961年(S36)



>>>後書き<<<
次回は滝野川橋から継続遡上して、観音橋、谷津橋、JR埼京線滝野川橋梁、東橋、金沢橋、加賀緑橋、加賀橋、緑橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/11(火) 12:00:00|
  2. 石神井川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (16)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。