ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-330 玉川上水『千手橋~稲荷橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-331 玉川上水『新天王橋~平和橋』(03/14 12:00)
[Vol-14] 今回は清願院橋から遡上して、千手橋、千手小橋、宮の橋、金比羅橋、見影橋、新家橋、稲荷橋までの紹介です。最寄り駅は玉川上水駅なので、JR南武線立川駅で多摩モノレールに乗換えて行きます。途中、モノレールから富士山が良く見えますよ。


玉川上水駅の下に降りると清願院橋、此処から玉川上水沿いの緑道を700m程進むと、『#109千手橋』です。玉川上水左岸の立川市柏町5丁目・砂川町6丁目と右岸の立川市柏町4丁目・砂川町6丁目とを結び、一般道が通ります。






 名称:千手橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:31.3km
 橋の長さ:約16m
 有効幅員:約5m
 完成:不明


千手橋の上流隣に架かるのが『#110千手小橋』で、此方は人道専用橋です。




 名称:千手小橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:31.3km
 橋の長さ:約16m
 有効幅員:約1.5m
 完成:1992年(H4)


千手小橋から525m上流に架かるのが『#111宮の橋』で、玉川上水左岸の立川市砂川町4丁目・6丁目と右岸の同じく立川市砂川町4丁目・6丁目とを結び、一般道が通ります。橋名は、南西に在る立川水天宮へ繋がる事からの命名ですね。






 名称:宮の橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:31.8km
 橋の長さ:約18m
 有効幅員:約5m
 完成:1973年(S48)


宮の橋から南西450m程に在る、阿豆佐味(あずさみ)天神社に行きます。砂川新田の鎮守として、式内社阿豆佐味天神社を勧請して1629年(寛永6)の創建と云われ、1910年(M43)村内の日枝神社を合祀しています。境内社の蚕影神社は別名、猫返し神社と呼ばれていて蚕を狙う鼠を駆除する猫が祀られています。傍の「ただいま猫」の頭を撫でると、家出した猫が帰ってくるそうですよ。祭神:少彦名命、天児屋根命、所在:立川市砂川町4-1-1。境内社:水天宮、蚕影神社、八雲神社、疱瘡社、稲荷社、天神社、御嶽神社、浅間神社、金刀比羅神社、八坂大神社。脇鳥居、デカイけどバランス悪いな、短足鳥居ですね。






阿豆佐味天神社前の都道7号線を500m程西に進むと、臨済宗建長寺派寺院の流泉寺が在ります。西多摩郡瑞穂町の福正寺14世東林香玉和尚が開山となり、創建されたと云われています。山号:天龍山、本尊:千手観音坐像、所在:立川市砂川町2-44-1。






流泉寺前から都道7号線を170m程戻り砂川三番交差点を左折、北に300m程進むと『#112金比羅橋』です。玉川上水左岸の立川市砂川町3丁目・4丁目と右岸の同じく立川市砂川町3丁目・4丁目とを結び、一般道が通ります。橋名は、先程の阿豆佐味天神社に祀られている金刀比羅神社に関する命名ですかね。上流40m程に1894年(M27)~1963年(S38)まで置かれていた砂川水衛所跡が在り、作業橋が残されています。






 名称:金比羅橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:32.3km
 橋の長さ:約18m
 有効幅員:約9m
 完成:1985年(S60)


金比羅橋の500m上流に架かるのが『#113見影橋』で、玉川上水左岸の立川市砂川町3丁目・上砂町4丁目と右岸の同じく立川市砂川町3丁目・上砂町4丁目とを結び、一般道が通ります。橋の袂に、橋と源五右衛門分水口の説明板が立っており、此の橋は江戸時代から架かっていた古い橋で、昔は玉川上水の上流から4番目の橋だったので四ノ橋、名主の屋敷に近いので旦那橋とも呼ばれていました。名主の砂川源五右衛門は相当の権力も持っていて、屋敷専用の分水口を持つ事が許され、其れが「源五右衛門分水口」です。






 名称:見影橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:32.8km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約9m
 完成:1972年(S47)


さらに、福生の田村氏、羽村の島田氏らと共に1870年(M3)には新政府に玉川上水に通船を願い出て、許可されています。但し、水質悪化の原因として2年後に廃止されています。其の時の船着き場であった河岸が見影橋の下流230m程の右岸側に「巴河岸跡」として残っています。


見影橋から340m程上流に架かるのが『#114新家橋』で、玉川上水左岸の立川市砂川町4丁目と右岸の同じく立川市砂川町4丁目とを結び、一般道が通ります。橋名は、屋号「しんや」という農家の裏に架けられていたからと云われています。




 名称:新家橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:33.1km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約7m
 完成:不明


新家橋から330m程遡上すると、玉川上水は残堀川(流路延長14.5km)と交差します。正確に云うと、残堀川の川底8m程に伏せ越しと云う名称の逆サイホンで潜っているのです。玉川上水緑道は上宿橋と、すずかけ橋、一般道は上水橋により残堀川を渡ります。上宿橋下の水溜りに青い姿がチラリ、カワセミです。水質は綺麗で小魚がいる条件なので、カワセミが居ても可笑しくない状態でしたが、此処までは偶々、遭遇しなかっただけですね。暫く覗いていると、ダイビングキャッチで小魚を捕まえました。にょろにょろのドジョウですね。相手も逃げようと必死でクネクネ、負けじと地面に叩きつけて弱らせてからゴックン、御馳走様でした。






更に150m進むと、今回終着地点の『#115稲荷橋』です。玉川上水左岸の立川市一番町4丁目と右岸の同じく立川市一番町4丁目とを結び、一般道が通ります。右岸下流脇に小さな稲荷神が祀られていますが、此れが橋名の由来ですかね?






 名称:稲荷橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:33.6km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約5m
 竣工:1970年(S45)


>>>後書き<<<
区切りが良いので稲荷橋で一旦閉じますね。次回は継続遡上して、新天王橋、天王橋、一番橋、松中橋、美堀橋、拝島上水橋、ふたみ橋、西武拝島線玉川上水橋梁、こはけ橋、平和橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/10(金) 12:00:00|
  2. 玉川上水

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (16)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。