ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-318 玉川上水『西代々木橋~第三号橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-319 玉川上水『南ドンドン橋~下高井戸橋』(01/13 12:00)
[Vol-02] 今回は新台橋跡から遡上して、西代々木橋、二字橋、美寿々橋、山下橋、代々幡橋、相生橋、常盤橋、六條橋、五條橋、四條橋、北澤橋、笹塚橋、第三号橋まで13橋梁の紹介です。
前回、紹介出来なかった玉川上水の歴史について、此処で解説します。1652年(承応1)江戸の人口増加による飲料水不足を解消する目的で、多摩川からの上水開削が幕府により計画され、工事総奉行に老中で川越藩主の松平信綱、水道奉行に伊奈忠治が就き、土建屋を営む兄の庄右衛門と、人足斡旋を営む弟の清右衛門の兄弟が工事を請負、翌年4月から玉川上水開削の指揮を執りました。上水工事の一回目は日野を取水口としましたが、地面に水が吸い込まれてしまう水喰土(みずくらいど:浸透性の高い関東ローム層)により失敗、二回目は福生を取水口としましたが、途中で岩盤に当たり挫折、幕府から請け負った6000両も底を突いてしまいます。だが、やると決めた事はやるのが人の道、自己資金2000両と家屋敷を売り払った3000両の自腹を切って工事を続行。三回目に羽村からの工事が順調に進み、1653年(承応2)11月までには四谷大木戸までの約43kmの堀割りが完成し、翌年6月には江戸市中まで地下を石樋・木樋で通水しています。此の功績により兄弟は名字帯刀が許され「玉川」の姓を名乗り、上水の管理も玉川家の世襲とされましたが、1739年(元文4)の末孫の代(三代目)になって、慢心と贅沢の病に盗り付かれ、水元役としての職務に怠慢であった事が露見してしまい職を剥奪、其の後、上水管理は町奉行、普請奉行の所管に移されてしまいました。いつの世にもバカ息子、バカ娘が蔓延るのが常ですよね(笑)。
では、玉川上水の遡上を継続します。新台橋の上流260m、渋谷区西原1-24-1付近に架かっていたのが『#12西代々木橋』です。遺構は無し、親柱、欄干は1989年(H1)の新設です。



 名称:西代々木橋
 遺構:無し、親柱と欄干は新設
 四谷大木戸からの距離:3.9km
 完成:不明



西代々木橋の145m上流に架かっていたのが『#13二字(ふたあざ)橋』です。親柱と欄干が上流側に残っています。



 名称:二字橋
 遺構:親柱、欄干
 四谷大木戸からの距離:4.1km
 完成:1927年(S2)



二字橋の110m上流に架かっていたのが『#14美寿々橋(みすすはし)』、橋と川が何時までも美しく、汚れないようにとの思いを込めて濁音を外した命名ですね。遺構は無く、親柱と欄干は新設です。



 名称:美寿々橋
 遺構:無し、親柱と欄干は新設
 四谷大木戸からの距離:4.2km
 完成:1925年(T14)



美寿々橋の上流34mに架かっていたのが『#15山下橋』です。昔の親柱は上流側緑道公園内に残されており、現在の親柱と欄干は1993年(H5)の新設です。



 名称:山下橋
 遺構:親柱、現行親柱と欄干は新設
 四谷大木戸からの距離:4.2km
 完成:1935年(S10)



山下橋の32m上流に架かっていたのが『#16代々幡橋』です。昔の親柱が右岸下流側に残り、現在の親柱と欄干は1989年(H1)の新設です。橋名は右岸側の代々木と左岸側の幡ヶ谷とからの造語ですね。



 名称:代々幡橋
 遺構:親柱、現行親柱と欄干は新設
 四谷大木戸からの距離:4.2km
 完成:1924年(T13)



代々幡橋の上流200m上流に架かっていたのが『#17相生橋』です。1924年(T13)架橋の親柱と欄干が残っています。かつては「阿以をいばし」と表記されていました。



 名称:相生橋
 遺構:親柱、欄干
 四谷大木戸からの距離:4.4km
 完成:1924年(T13)



相生橋の上流240m程に架かっていたのが『#18常盤橋』で、親柱と欄干は1990年(H2)の新設です。少し手前に在った、橋ぽっい奴は東京都消防訓練所入口と緑道との仕切りでした。





 名称:常盤橋
 遺構:無し、親柱と欄干は新設
 四谷大木戸からの距離:4.7km
 完成:不明



常盤橋の上流154mに架かっていたのが『#19六條橋』です。此方の親柱と欄干も1990年(H2)の新設です。



 名称:六條橋
 遺構:無し、親柱と欄干は新設
 四谷大木戸からの距離:4.8km
 完成:1930年(S5)



六條橋の上流48mに架かっていたのが『#20五條橋』で、遺構は在りません。現在の親柱と欄干は1993年(H5)の新設です。



 名称:五條橋
 遺構:無し、親柱と欄干は新設
 四谷大木戸からの距離:4.9km
 完成:1924年(T13)



五條橋の上流46mに架かっていたのが『#21四條橋』で、遺構は無し。現在の親柱、欄干は1992年(H4)の新設です。近くの大山町は関東大震災後の復興住宅街で、格子状に整列された街並みの道路名(六條、五條、四條通りなど)からの命名と思われます。



 名称:四條橋
 遺構:無し、親柱と欄干は新設
 四谷大木戸からの距離:4.9km
 完成:1924年(T13)



四條橋の上流43mに架かっていたのが『#22北澤橋』で、渋谷区と世田谷区との境を通る、都道420号線が交差する位置に在ります。橋名は左岸側の地名、世田谷区北沢からです。玉川上水は6橋梁前の代々幡橋から南下していましたが、北澤橋から再び北西方向へ流れが急に変わります。此れは、羽村から四谷大木戸までの43kmを僅かな高低差92m(100mで21cm下がる計算)で流す為に、牛窪の低地を避ける必要があり、其の為の迂回です。



 名称:北澤橋
 遺構:親柱
 四谷大木戸からの距離:5km
 完成:1925年(T14)



北澤橋の上流520m程に架かるのが『#23笹塚橋』で、20m程前から開渠となり、初めて水路が見えますね。架かる橋も、橋としての機能が生きた本物の橋です、唯ショボイけどね(笑)。




 名称:笹塚橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:5.5km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:約4m
 完成:1987年(S62)


笹塚橋の上流180m程に架かるのが今回終着地点となる『#24第三号橋』で、渋谷区笹塚1-28付近に架かります。上流側から再び暗渠(200m)になります。




 名称:第三号橋
 構造種別:1径間PC桁
 四谷大木戸からの距離:5.7km
 橋の長さ:約9m
 有効幅員:約5m
 完成:不明


第三号橋から北50m程が京王線笹塚駅で此処から帰宅しますが、駅から東300m程に牛窪地蔵尊が在るので、寄ってから終わりにします。先程云った牛窪の低地に在り、地蔵尊は1711年(正徳1)、庚申塔は1724年(享保9)の建立です。此の場所は極悪人の股を牛により引裂く酷刑場であったと伝えられ、牛と窪地であった事が牛窪の由来です。宝永から正徳年間(1704~1715年)にかけて此の地に疫病が流行り、処刑された罪人の祟りだと云われ、身代り地蔵として祀られたと云われています。所在:渋谷区幡ヶ谷1-10付近。


>>>後書き<<<
少しブログスペースが出たので、今年初のアレです。昨年は喪中だったのでお節は作りませんでしたが、今年は作りました。とは云っても煮物だけで、他の練り物や肉系、ツマミ系は並べただけです(笑)。お燗は清流四万十川の伏流水で仕上げた純米吟醸酒「四万十川」、スッキリ爽やか系です。


刺身は柚子と黒胡椒、オリーブオイルでマリネった奴、箸休めに丁度良いね。雑煮は角餅で醤油ベース、大根に人参、牛蒡、鶏肉、一年に一回しか買わない三つ葉をパラパラです(笑)。余ったお節は、みじん切りにして炒飯の具ですね。味付けは塩胡椒と粉チーズです。


次回は第三号橋から遡上して、南ドンドン橋~下高井戸橋までの11橋梁を紹介します。

お気付きの点、照会などがありましたら[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/09(月) 12:00:00|
  2. 玉川上水

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (5)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
名栗渓谷鳥居観音 (1)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
川崎市立日本民家園 (1)
入間基地航空祭 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。