ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-304 相模川『川茂橋、羽根子大橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-305 相模川『院辺橋側道橋、院辺橋、牛石橋、城山大橋、谷村橋』(11/11 12:00)
[Vol-24] 今回は前回からの継続で、中央道古川渡橋から遡上して、川茂橋、羽根子大橋までの紹介です。県道139号に戻り、430m先を右折して富士急大月線禾生駅前の踏切を渡ります。禾生駅の構内陸橋からは富士山が良い感じで眺望出来ます、別の日の帰宅時に特急通過待ちの時間があり、其の時に撮った絵を載せますね。通過電車はJR成田エクスプレス、土日祝日に1往復が乗り入れています。中央道高架下を潜り、100m先右手に浄土宗寺院の念崇寺が在ります。創建は不詳、長安寺2世吟応上人の弟子と云われる成誉念崇上人による開山で、長安寺の末寺です。1973年(S48)に焼失、1991年(H3)に長安寺観音堂の一部を移転した堂宇が再建されています。所在:都留市古川渡861。南都留郡三十三観音霊場の31番札所です。




念崇寺前の道を130m直進すると『#78川茂橋』です。桂川左岸の都留市川茂と右岸の都留市古川渡とを結び、一般道が通ります。橋名は左岸地区名からの命名です。





 名称:川茂橋
 構造種別:1径間鋼鈑桁
 河口からの距離:85.1km
 橋の長さ:約58m
 有効幅員:約4m
 竣工:2013年(H25)



川茂橋北詰めから左岸側に移動し、桂川沿いの道を西に100m程進むと、浄土真宗本願寺派寺院の西光寺が在ります。平安時代中期の1058年(康平2)に、源信和尚の直弟子が、一宇を結び天台宗西光院としましたが、浄土真宗本願寺派第八代門主蓮如上人の時、1492年(明応1)真宗に帰依し、浄土真宗本願寺派に改宗したと云われています。山号:常現山、本尊:阿弥陀如来像、所在:都留市川茂114。




西光寺の西隣に川茂諏訪神社が在ります。江戸時代の第113代東山天皇の御代、1705年(宝永2)に開墾耕作の神、諏訪明神を奉斎した川茂本村の産神です。祭神:建御名方命、所在:都留市川茂153。本殿の土台には1831年(天保2)の刻字が残っているそうです。鳥居は1960年(S35)の奉納。少し小高い場所に在り、富士山が良く見えます。




川茂諏訪神社から西120mに浄土真宗本願寺派寺院の浄泉寺が在ります。創建は不詳、初めは天台宗でしたが、室町時代に浄土真宗に転派したそうです。山号:川應山、本尊:阿弥陀如来像、所在:都留市川茂195。




浄泉寺から対岸に渡りたいのですが、此の先に橋が無いので川茂橋まで戻り右岸側に移動、南130mに在る八王子神社に行きます。養老年間(717~724年)僧行基が此の地に来た際、三世一身の法(新たに灌漑施設を造って田を開拓した者は、三代に亘って其の土地の所有を許し、従来在った灌漑施設を使って田を開墾した者には本人一代に限って土地の所有を認めた法令)を以て、姥沢河原より水路を得て開田を思い付き、五男三女神を奉斎祈願したのが始まりで、其の後、1759年(宝暦9)に社殿を造営したと云われています。祭神:田心姫命、湍津姫命、市杵嶋姫命、正哉吾勝勝速日天忍穂命、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、熊野橡樟日命、所在:都留市古川渡891。境内のイチョウは市内最大級の古木で、樹高32m、幹周り:4.3m、都留市の第51号天然記念物に指定されています。五男三女神は、八王子とも呼ばれており神社名は其の命名ですね。




八王子神社の西400mに、桂川電力(現在は東京電力)により1924年(T13)から運用が開始された川茂発電所が在ります。傍に在る川茂ダムから発電用の取水が行なわれています。川茂ダムは堤高が15mに満たない為、新河川法(制定:S39年)では堰堤とされていますが、其れ以前の河川法では堤高が定義されていなかった為、ダムと呼ばれていました。

 名称:川茂ダム
 ダム型式:重力式コンクリートダム
 堤体高さ:13.33m
 堤頂長さ:61.57m
 総貯水容量:10万㎥
 竣工:1924年(T13)



川茂発電所の放流水は導水路により、前回紹介した落合水路橋を経由して約6700m先の駒橋発電所へと流れていきます。所在:都留市古川渡。




 発電所名:川茂発電所
 発電所型式:ダム水路式
 最大出力:2500kW×1台
 有効落差:12m
 水車:立軸カプラン水車
 所在:都留市古川渡



川茂発電所の南60m程の小山に、子の神神社が在ります。境内に由緒案内が在りましたが、文字が殆ど擦れていて判読困難です。読めた部分によると、古川渡の守護神で祭神は定かでない。川茂ダムの建設により、1922年(T11)に現在地に遷宮したとの事です。所在:都留市古川渡248付近。


子の神神社から南西500m程に在る久武志稲荷神社へ行きます。創建は不詳、祭神は稲荷神だろうね。所在:都留市四日市場902-7付近。隣に聞きなれない大学、健康科学大学の都留キャンパスが在ります。私立大学で、此処は看護学部だそうです。優しくて綺麗な看護師さんが沢山育つと良いね。


久武志稲荷神社から南西に約1km、今回終着地点の『#79羽根子大橋』に行きます。川茂橋の上流2.3kmに架かる橋で、桂川左岸の都留市下谷と右岸の都留市つるとを結び、一般道が通ります。橋名は左岸地区名からの命名です。



 名称:羽根子大橋
 構造種別:1径間下路式鋼ニールセン・ローゼ桁
 河口からの距離:87.3km
 橋の長さ:85.5m
 有効幅員:約8m
 竣工:1991年(H3)



>>>後書き<<<
次回は羽根子大橋から遡上して、院辺橋側道橋、院辺橋、牛石橋、城山大橋、谷村橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/07(月) 12:00:00|
  2. 相模川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (16)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。