ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-301 相模川『強瀬橋、高月橋人道橋、高月橋、浅利橋、新浅利橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-302 相模川『新大月橋、中央本線第二桂川橋梁、大月橋、大月バイパス桂川橋、桂川大橋』(10/30 12:00)
[Vol-21] 今回は宮下橋から遡上して、強瀬橋、高月橋人道橋、高月橋、浅利橋、新浅利橋までの紹介です。スタート地点の最寄り駅はJR猿橋駅で、今まではJR立川駅、高尾駅経由で来ていましたが、今回から乗り換えに少し手間が掛かりますが、往復で220円安くなる京王線高尾駅経由に変更しました(笑)。本日の天気予報は秋晴れでしたが、曇り空!天気予報ハズレです。猿橋駅舎は前回紹介した猿橋の刎木構造を模したデザインですね。


猿橋駅から国道20号線に出て、西に100m程進むと浄土宗寺院の阿弥陀寺が右手に在ります。創建は不詳、当初は内庵(集会所)だったとされ、箱根一ノ澤から甲州に遊行された弾誓上人により浄土宗寺院として開山されたと云われています。山号:法國山、院号:光明院、本尊:阿弥陀如来像、所在:大月市猿橋町殿上19。南都留郡三十三観音霊場の28番札所です。


阿弥陀寺から国道20号線を南に50m進むと、右手に見える駒橋発電所へ続く脇道が在り、下に降ります。道端に、ひっつき虫のコセンダングサが並んでいるのでスボンに付かない様に注意していましたが、別のひっつき虫のアレチノヌスビトハギ(荒地盗人萩)にやられました。マジックテープの様な細かいカギがスボンに密着して、手で払っても取れないので、1個1個摘まんで取ります。


下に降りた所から見える景色は駒橋発電所の施設ではなく、前回紹介した八ツ沢発電所の取水施設で、上流側で桂川からの取水口制水門を経て、駒橋発電所の発電放流水と合流した後、沈砂池を通過してから八ツ沢発電所第一号水路橋へと続いています。此の取水施設を含む水路全体が国の重要文化財に指定されています。




取水口制水門から上流方向に200m程進むと、1907年(M40)に我が国最初の大規模水力発電発祥の地として、運用が開始された東京電力 駒橋発電所が見えます。発電用水は菅野川、朝日川、そして5km上流からの桂川からの取水です。導水鉄管の右横に見える小さな穴は、発電所完成当時に存在した起動用発電機の鉄管跡だそうです。駒橋発電所の構内に展示保存されている水車は、横に立つ説明案内によると、桂川電力の鹿留発電所で1985年(S60)まで使用されていたフランシス水車(1913年(T2)フォイト製)です。


 発電所名:駒橋発電所
 発電所型式:水路式、流込み式
 最大出力:24700kW
 有効落差:約103m
 水車:立軸フランシス×2台
 導水路:総延長6687.6m
 所在:大月市駒橋

駒橋発電所前の道を西に200m進むと『#59強瀬橋』です。桂川左岸の大月市賑岡町強瀬と右岸の大月市駒橋とを結び、一般道が通ります。右岸側上流脇に駒橋発電所の貯水槽からのオーバーフロー水が、滝となって桂川に流れ込んでいます。落差は100m程あり、対岸から下の10m部分が見えますよ。看板が目障りなので、Photoshopで消してやりました(笑)。





 名称:強瀬橋
 構造種別:2径間PC桁
 河口からの距離:75.9km
 橋の長さ:約56m
 有効幅員:約3m
 竣工:1971年(S46)



強瀬橋を渡って左岸側の寺社に寄りながら、次の橋へ行きます。先ずは、浄土真宗本願寺派寺院の安楽寺。創建は不詳、山号:龍水山、所在:大月市賑岡町強瀬790。道端に日日草や万願寺唐辛子が並んでいます、万願寺唐辛子は採る時期が過ぎると、ピーマンと同じで赤くなるそうです。辛そうだけど、辛くないよね。




安楽寺から西300m程に曹洞宗寺院の全福寺が在ります。創建等は不詳、所在:大月市賑岡町強瀬425。


桂川沿いの一般道に出て、西に700m程に在る高月橋方向に進みます。途中にコスモス群生があり、右前方には東京STと同じ高さの岩殿山(標高634m)が見えます。


高月橋に到着、手前の橋は強瀬橋の上流1km程に架かる『#60高月橋人道橋』、桂川左岸の大月市賑岡町強瀬と右岸の大月市御太刀とを結ぶ、人道専用です。両脇の高さ60m程の渓谷を見抜ける景観は絶景です、崖上に建つ家、ちょっと怖いね。欄干は全て柵で覆われています、此の高さから落ちたら間違いなく逝っちゃうからね。



 名称:高月橋人道橋
 構造種別:1径間連続箱桁
 河口からの距離:76.9km
 橋の長さ:約66m
 有効幅員:約2m
 完成:不明



人道橋に並んで上流側に架かるのが『#61高月橋』で、此方は国道139号が通ります。橋下上流には直径10m程の岩がゴロゴロ並んでいます、何処から転がってくんだろうね(上流からに決まってんじゃね)。



 名称:高月橋
 構造種別:1径間上路式鋼ローゼ桁
 河口からの距離:76.9km
 橋の長さ:約61m
 有効幅員:約8m
 完成:不明



高月橋から右岸側に移動、南400mに在る大月総鎮守の三嶋神社に行きます。正面鳥居脇の由緒案内碑によると、806年(大同1)伊予国大三島の大山祇神社より勧請、1875年(M8)郷社に列格しています。祭神:大山祇命、所在:大月市駒橋1-3-10。脇鳥居は1943年(S18)、狛犬は1969年(S44)の奉納です。




三嶋神社から国道20号線を西に400m程進むと右手がJR大月駅、此処から帰宅したいところですが今日は富士急行線の田野倉駅付近まで行きます。なので、大月駅前から西200m程に架かる大月跨線橋で富士急行線とJR中央本線を越えて桂川方向に進みます。大月跨線橋から大月駅方向を見渡すと、左がJR線、右が富士急行線です。富士急行はJRや私鉄からの払い下げ車両が殆どで塗装もバラバラ、京王線の塗装車両が入ってくるとビックリするよね。大月跨線橋から見えた車両を少し並べて見ました。




大月跨線橋を渡って北に約500m、桂川右岸方向に降りて行くと『#62浅利橋』です。大月橋から1.1km上流に架かる橋で、桂川左岸の大月市賑岡町浅利と右岸の大月市大月とを結び、一般道が通ります。橋名は左岸地区からの命名です。橋の近くに行くと甘い匂い、金木犀ですね。浅利橋の後ろに見える高架橋は中央自動車道浅利橋です。







 名称:浅利橋
 構造種別:3径間鋼鈑桁
 河口からの距離:78km
 橋の長さ:約44m
 有効幅員:約4m
 竣工:1949年(S24)



浅利橋を左岸側に渡り、中央道高架下から400m程坂を上がると今回終着地点の『#63新浅利橋』です。此の橋も桂川左岸の大月市賑岡町浅利と右岸の大月市大月とを結び、山梨県道512号金山大月線が通ります。





 名称:新浅利橋
 構造種別:4径間連続箱桁
 河口からの距離:78.5km
 橋の長さ:130.6m
 有効幅員:9m
 完成:2010年(H22)



>>>後書き<<<
1週間入院後の久々のブログ編集、眼が疲れたけど何とか終了しました。心臓系の入院手術は初めてで、過去に胸が絞めつけられる症状は年に1回程度あったけど、直ぐに収まっていたので未だ大丈夫と思っていました。ところが、今回は胸の絞め付けが30分以上続き、夜間に市立病院に連絡して急患扱いで検査して貰ったところ、かなりヤバイ状態との事で、ニトロ舌下錠と噛み砕いたバッファリンを飲まされ、循環器専門病院である榊原記念病院へ移送されました。着くや否や、手術室へ運ばれて術式説明と同意書に署名。右手首に局所麻酔、カテーテルが入り造影剤による血管撮影「1箇所、詰まっていますのでステント留置により冠動脈を広げますね」、入院してから1時間程で手術完了です(早!)。術中の痛みは無かったけど、術後のカテーテル挿入口を圧迫止血するバンドの締め付けがキツク、指先が痺れるわ、痛いわで、翌日にバンドが外れるまで眠れなかったね。ACU(集中治療室)、個室、4人部屋を経て、術後経過も良好で1週間後の退院でした。病院食は塩分6g、1600kcal/日で美味くはないね。体重が3kg減っちゃいました(笑)。後、1箇所狭い箇所が有り、来年2月に再治療予定との事です。煙草は止めましたヨ(偉い)、写真はスマホからです。




次回は新浅利橋から遡上して、新大月橋、中央本線第二桂川橋梁、大月橋、大月バイパス桂川橋、桂川大橋までをストック分で紹介します。

お気付きの点、照会などがありましたら[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/26(水) 12:00:00|
  2. 相模川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (16)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。