ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-298 相模川『新倉橋、新倉橋旧橋、金畑橋、塩瀬大橋、梁川大橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-299 相模川『下畑橋、虹吹橋、曙橋、JR中央本線新桂川橋梁』(10/13 12:00)
[Vol-18] 今回は川合橋から遡上して、新倉橋、新倉橋旧橋、金畑橋、塩瀬大橋、梁川大橋までの紹介です。今回も高尾駅からJR中央本線大月行きに乗換えて、四方津駅で下車。駅西端の四方津ガードで中央本線を潜り、前回終着地点の川合橋まで移動します。


では、川合橋から右岸沿いの道を西へ進みます。300m程で道が分岐しており、左に進むと小さな赤鳥居の稲荷神社が見えます。社額無し、山梨県神社庁のデーターベースにも登録が無いので、川合稲荷神社としておきますか。170m程で2本目の分岐道、此処も左の坂上へと進みます。分岐道の正面に呼戸沢に架かるJR中央本線橋梁が2橋梁見えます。山側のPCアーチは1966年(S41)に四方津駅から梁川駅間が複線化した際に架けられた橋梁です。道端に仙人草や臭木など、都心では見かけない草花が咲き、楽しめますね。




山道を260m程進むと三叉路になり、右手の道を180m入ると右手に石灯篭と鳥居が見えます、犬嶋神社です。創建は不詳、川合村の鎮守で、1582年(天正10)武田勝頼滅亡の際の兵乱により社記伝証宝物紛失、1717年(享保2)及び1751年(宝暦1)に再建との記録が残されている古社です。1873年(M6)村社に列格。祭神:天照大御神、月讀尊、大己貴命、少彦名命、所在:上野原市川合3809。石灯篭には1780年(安永9)維持の刻みが有ります。


犬嶋神社から300m進んで大保呂川に架かる大瀧橋を渡り、更に300mで右手に川合橋の上流1.5kmに架かる『#45新倉(あらくら)橋』が見えて来ます。桂川(相模川)左岸の大月市梁川町新倉と右岸の大月市梁川町塩瀬とを結び、国道20号線から対岸の金畑、川合集落への市道が通ります。橋梁銘版が見当たらず、橋梁データーベースにも登録が無いので架橋年は不明、橋名は左岸地区名からの命名です。上流方向に旧新倉橋(吊橋)と金畑橋が見えます。





 名称:新倉橋
 構造種別:ポニートラス
 河口からの距離:62km
 橋の長さ:約53m
 有効幅員:約6m
 完成:不明



新倉橋の上流隣に架かる吊橋が『#46新倉橋旧橋』です。最近まで渡れたそうですが、入口にフェンスが置かれて通行禁止になっています。其の内に撤去されるのかな?吊橋の左岸側は葛のツルに侵略されつつあり、入口が葛で封鎖されるのも時間の問題だね。杉の葉の隙間からニョロニョロが頭を出していて、超ビックリ!ピクリともせずに何処見てんだか、遠くからパチリ。シマヘビでした。





 名称:新倉橋旧橋
 構造種別:1径間鋼吊橋
 河口からの距離:62km
 橋の長さ:約62m
 有効幅員:約3m
 竣工:1971年(S46)



新倉橋から200m程、逆方向に坂を上がり国道20号線に出ます、更に600m進むと金畑橋の入口に到着、桂川清流センターの案内板も見えますね。清流センターは2004年(H16)から運用され、富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、西桂町の5市町の汚水を一括処理する終末処理場で、汚水は活性炭汚泥法により処理され桂川に放流されています。




新倉橋の上流400mに架かる『#47金畑橋』も桂川左岸の大月市梁川町新倉と右岸の大月市梁川町塩瀬とを結び、一般道が通ります。橋下の渓谷は急流で川面まで50m程の高さが有り、橋上からの眺望は壮観です。紅葉の時期に来たかったね(残念)。





 名称:金畑橋
 構造種別:3径間連続箱桁
 河口からの距離:62.4km
 橋の長さ:約107m
 有効幅員:約7m
 竣工:2000年(H12)



金畑橋の南詰めから右岸側、南400m程に臨済宗向嶽寺派寺院の瑞渕寺が在るので寄ります。創建は不詳、かつては、白山妙理神社、牛頭天王、薬師堂、愛宕堂も祀られていたそうで、現在は寺の前方に白山妙理神社だけが残っています。山号:亀伯山、所在:大月市梁川町塩瀬622。瑞渕寺入口前の道を50m程入り、ごんだ渕に架かる塩中橋を渡って次の橋へ向かいます。此の辺りは仙人草が多いね、秋海棠もチラホラ咲いています。




700m程進んで金畑橋の上流1.1kmに架かる『#48塩瀬大橋』に到着。桂川左岸の大月市梁川町綱の上と右岸の大月市梁川町塩瀬とを結び、一般道が通ります。深い渓谷に架かる立派な橋だけど、車が全然通らない生活道路ですね。





 名称:塩瀬大橋
 構造種別:5径間上路式鋼ローゼ桁
 河口からの距離:63.5km
 橋の長さ:140m
 有効幅員:7~9.5m
 完成:2001年(H13)



塩瀬大橋を左岸側に渡り50m先のY字路を左に入ると右前方に、朱色の両部鳥居が見えて来ます、小松神社です。平貞能卿が平重盛公の打刀一振と共に尊骨を綱の上の山頂に改葬したのが1186年(文治2)、其の後1273年(文永10)に小松大明神宮を造営して重盛公を祀ったとの伝承があり(此の手の話は彼方此方にあるね)、現在は小松神社と呼ばれています。祭神:小松内大臣(平重盛公)、所在:大月市梁川町綱の上1342。狛犬は2003年(H15)の奉納です。




小松神社から北に100m進み、国道20号線を横切って50m直進で中央本線の綱の上跨線橋(35m)に出ます。古い跨線橋で山側に在る数件の集落用の為、更新が遅れているそうです。線路脇の小道を300m程進むと、行き止まりで左に梁川第二トンネル(151m)、右手に臨済宗建長寺派寺院の全昌寺が在ります。創建は不詳、最初は全松寺でしたが、善松寺と改称、さらに小松山全昌寺、そして現在の龍滝山全昌寺に改称されています。小松山の時代には、先程の小松大明神が合祀されていたそうです。山号:龍滝山、所在:大月市梁川町綱の上938。全昌寺の左前方に線路を潜る向沢ガードが在り、此処から国道20号線に出ます。




国道を350m西に進むと今回終着地点の『#49梁川大橋』が左側に架かっていますが、橋の南西200m程に臨済宗南禅寺派寺院の圓通寺が在るので、先に紹介します。1527年(大永7)の開基で、明海和尚による開山と云われています。現在は無住です。山号:慈雲山、所在:大月市梁川町立野458。


梁川大橋に戻ります。塩瀬大橋の1.3km上流に架かる橋で、桂川左岸の大月市梁川町綱の上と右岸の大月市梁川町立野とを結び、一般道が通ります。此の橋も深い渓谷を跨いでいて、付近に色付きそうな木々も在るので秋に来る場所ですね。残念ながら橋横からの絵が撮れません、低い高さなら下へ降りるんだけど、此の高さじゃムリムリ(笑)。右岸上流に旧橋の橋台が残っていますね、吊橋だったみたいです。



 名称:梁川大橋
 構造種別:4径間上路式鋼ローゼ桁
 河口からの距離:64.8km
 橋の長さ:120.8m
 有効幅員:5m
 竣工:1987年(S62)



最近、靴が合わないのか右足小指の付け根が痛くなる時があり、今回も時間的には余裕が有るのですがギブアップ、梁川大橋北詰から北40mにJR梁川駅(無人駅)が在るので、此処から帰宅します。電車は高尾駅乗り換え無しの東京駅行きでラッキー、立川駅まで45分寝て帰れますね(笑)。


>>>後書き<<<
次回は梁川大橋から遡上して、下畑橋、虹吹橋、曙橋、JR中央本線新桂川橋梁までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/09(日) 12:00:00|
  2. 相模川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (16)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。