ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-276 日本橋川『NTT茅場橋専用橋、茅場橋、鎧橋、江戸橋水管橋、江戸橋、日本橋、西河岸橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-277 日本橋川『一石橋、常盤橋、新常盤橋、東北・上越新幹線橋梁、JR在来線橋梁、NTT鎌倉橋専用橋、鎌倉橋、神田橋』(07/07 12:00)
今回は湊橋水管橋から遡上して、NTT茅場橋専用橋、茅場橋、鎧橋、江戸橋水管橋、江戸橋、日本橋、西河岸橋までの紹介です。では、湊橋水管橋の上流260mに架かる『#04 NTT茅場橋専用橋』から紹介します。日本橋川左岸の中央区日本橋小網町と右岸の中央区日本橋茅場町との間に位置し、NTTの専用ケーブル類が渡されています。此の付近から日本橋川終端までは、川の流れを覆う様に頭上を首都高速道路が走り、青空が遮られてしまいます。なので、暗い橋の絵が続きますよ。因みに、此の首都高を地下に走らせて、日本橋川に青空を取り戻そうと云う運動が始まっています。5000億円以上は掛かるそうだけど、首都高は耐用年数から更新の時期でもあり、良いかもね。

 名称:NTT茅場橋専用橋
 構造種別:1径間箱桁
 河口からの距離:0.7km
 橋の長さ:約75m
 有効幅員:約1m
 完成:2012年(H24)



NTT茅場橋専用橋の上流隣に架かるのが『#05茅場橋』で、都道50号東京市川線(新大橋通り)が通ります。創架は1929年(S4)で、震災復興事業により架けられた桁橋でした。





 名称:茅場橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:0.7km
 橋の長さ:57.6m
 有効幅員:30m
 完成:1992年(H4)



茅場橋の左岸側から北東350mに茶ノ木神社が在ります。境内の由緒案内によると、此の土地は下総佐倉の城主大老堀田家の中屋敷で、屋敷神として祀られていました。社の周囲に巡られた土壌芝の上に丸く刈り込まれた、お茶の木が見事だった事からの社名です。1960年(S35)に地下鉄の計画路線にあり解体、地下鉄が完成後に新社殿を建立、1985年(S60)に布袋尊を遷座して、日本橋七福神の布袋尊としても信仰を集めています。祭神:倉稲魂大神、所在:中央区日本橋人形町1-12-10。狛狐は(H20)の建立です。




日本橋川に戻り、茅場橋の上流150mに架かるのが『#06鎧橋』で、日本橋川左岸の中央区日本橋小網町と右岸の中央区日本橋茅場町・日本橋兜町とを結び、一般道(平成通り)が通ります。由来碑によると、最初に架けられたのは1872年(M5)、当時此の近くに在った三井家などの豪商が木橋を架けたのが始まりです。其の後、1888年(M21)に鉄骨製のトラス橋に架け替えられています。右岸側の橋の袂に「鎧の渡し跡」が在ります。古くは江戸時代の元禄年間(1688~1704年)以来の絵図や地誌類にも記されていた渡し場で、鎧橋が架けられるまで存続していたそうです。渡し跡の手前のビルは1988年(S63)竣工の東京証券取引所本館です、会社に居た時に積み立てていた持ち株がどっさりと溜まっていますが、今年に入ってから暴落、元に戻るまで5年位待つしかないね、困ったもんだよ!





 名称:鎧橋
 構造種別:3径間ゲルバー桁
 河口からの距離:0.9km
 橋の長さ:56.7m
 有効幅員:19m
 完成:1957年(S32)



鎧橋から左岸沿いの道を200m程進むと、子網神社が在ります。恵心僧都が1466年(文正1)に稲荷大神を勧請、当時の領主であった太田道灌が小網山稲荷院万福寿寺と名付けたと云われ、慶長年間(1596~1616年)には院号に因み、周辺地域が小網町と名付けられたそうです。江戸期には浅草新寺町に在り、明治の神仏分離令によって分離、子網稲荷神社とした後、1869年(M2)に現在地に遷座、1873年(M6)村社に列格したと云われています。戦後の宗教法人化に伴い、名称は小網神社となりました。日本橋七福神の福禄寿・弁財天で、下町八社巡りの一社です。祭神:倉稲魂命(稲荷大神)、市杵島姫命(弁財天)、所在:中央区日本橋小網町16-23。




更に小網神社から日本橋川沿いの道を北西に280m程進むと、ビルの谷間にひっそりと佇む常盤稲荷神社が在ります。境内の由緒案内によると、室町時代中期の1457年(長禄1)に太田道灌が江戸城築城の際、京都伏見稲荷大神の分霊を祀り、常盤稲荷と名付け江戸城の守護神として勧請されたと云われています。其の後江戸時代には、日本橋魚市場内に移り、市場の守護神水神大神(罔象女神)を相殿に祀り、現在地に遷座しています。祭神:倉稲魂命、相殿:罔象女神、所在:中央区日本橋本町1-8付近。


常盤稲荷神社の南西120m、鎧橋の上流420m程に架かるのが『#07江戸橋水管橋』です。日本橋川左岸の中央区日本橋本町と右岸の中央区日本橋との間に位置し、都水道局の水道管(φ1000)が渡されています。頭上を通る首都高速の隙間から暖かい陽が射し込み、水管橋の上で休んでいるユリカモメも眠そうだね。



 名称:江戸橋水管橋
 構造種別:2径間パイプビーム
 河口からの距離:1.2km
 橋の長さ:約71m
 有効幅員:約1m
 竣工:1964年(S39)



江戸橋水管橋の上流隣に架かるのが『#08江戸橋』で、都道316号日本橋芝浦大森線(昭和通り)が通ります。創架は不詳ですが、江戸時代初期の1631年(寛永8)には、既に此の辺りに橋が在ったそうです。橋の付近で花や鳥などが撮れれば賑やかしで載せるのですが、何もないね。あっ、付近の立ち飲み処の壁に泣き面さしこのポスターが貼ってあったのでパチリ、此れで良いか(笑)。美人じゃないけど、人気あるよね、バラエティ能力が高いからかな?





 名称:江戸橋
 構造種別:2径間アーチ
 河口からの距離:1.3km
 橋の長さ:63.4m
 有効幅員:44.4m
 完成:1927年(S2)



江戸橋の上流230mに架かるのが『#09日本橋』です。左岸側に三井家の「三井」と創業時の「越後屋」から取った、三越が建っています。写真は2004年(H16)にリニューアルオープンした日本橋三越本店新館です。五街道の原点である日本橋は、明治以降も国道の起点として継承され、1972年(S47)に橋の道路中央部に道路元標が埋設されていて、東京市道路元標の脇に複製が設置されています。道路を挟んだ反対側は乙姫広場と呼ばれ、「日本橋魚市場発祥の地」の碑と乙姫像が立っています。魚市場は関東大震災で焼亡し、現在は築地に移転しています。此れが乙姫?お腹がポッコリと出た弟姫(おとひめ)だね、兄姫(えひめ)はどんな容姿なんだろ、想像するだけで怖いね(爆)。




日本橋は日本橋川左岸の中央区日本橋室町と右岸の中央区日本橋とを結び、橋の中央部を起点として南に国道1、15、20号、北に国道4、6、14、17号が伸びています。創架は1603年(慶長8)、橋には芸術的な麒麟像と東京市の紋章(東を象形)を持つ獅子像などが燈柱に装飾されています。因みに日本橋には、橋(8×4)=32頭の獅子が隠れていますので、興味がある人は探して見て下さい。燈柱上やアーチ部にも居るよ。







 名称:日本橋
 構造種別:2径間石造アーチ
 河口からの距離:1.5km
 橋の長さ:49.1m
 有効幅員:27.3m
 完成:1911年(M44)



日本橋の上流140m程に架かるのが、今回終着地点の『#10西河岸橋』です。日本橋川左岸の中央区日本橋室町と右岸の中央区日本橋・八重洲とを結び、一般道が通ります。創架は1891年(M24)の鋼製トラス橋でした。昔は、此の付近の右岸側を西河岸、左岸側は北河岸と呼ばれており、右岸側の旧地名である東京市日本橋区西河岸町が橋名の由来です。



 名称:西河岸橋
 構造種別:3径間鈑桁
 河口からの距離:1.6km
 橋の長さ:52m
 有効幅員:11m
 完成:1925(T14)



>>>後書き<<<
次回は西河岸橋から遡上して、一石橋、常盤橋、新常盤橋、東北・上越新幹線橋梁、JR在来線橋梁、NTT鎌倉橋専用橋、鎌倉橋、神田橋までの紹介です。

コメントがありましたら[拍手]ボタンから送って下さい、コメントは非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/03(日) 12:00:00|
  2. 日本橋川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (0)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
川崎市立日本民家園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。