ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-357 入間川『上江橋~入間大橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-358 入間川『出丸冠水橋、釘無橋』(07/12 12:00)
[Vol-01] 今回から『ぶらっと遡上探索』の第17弾、入間川(いるまがわ)編の始まりです。入間川は埼玉県に在る大持山(標高1294m)南東斜面に源を発し、飯能市、入間市、狭山市を流れ、さいたま市と川越市の境界付近で荒川に合流する河川で、支流としては最長(流路延長63km)です。岩根橋より上流では名栗川と呼ばれ、さらに名郷集落より上流の源流域では、横倉入(ナギノ入)と呼ばれています。


今回は、入間川河口となる荒川との合流地点から遡上して、上江橋、新上江橋、入間大橋までの紹介です。最寄り駅はJR川越線の南古谷駅、自宅からJR南武線・武蔵野線と東武東上線経由で南古谷駅に到着です。但し、東武東上線で踏切内への立入り事象が有り15分遅れの到着になり、駅前から入間川右岸近くに在る川越グリーンパーク行きのバスに乗れませんでした(駅前に停まっているバスは反対方面行きです)。次便は1時間後、ん~どうするかな?バス停まで2km程なので歩きます。川越線を浦和川越新道踏切で渡り、テクテクと歩くけど途中に寺社も見処も何も無いね。あっ、綺麗なツツジが道端に咲いていたので此れでも載せるか(笑)、オオムラサキツツジ(大紫躑躅)は平戸躑躅の一品種で、都内で見るピンク色のツツジは殆ど此れです。途中で道を間違えて農道に侵入、畦道から市道へ戻ります(汗)。




約35分でバス停近くまで到着、西方向に曹洞宗寺院の善仲寺が在るので序に寄ります。開基は古谷城主の中筑後守資信で、主君古尾谷近江太郎信秀の為に創建、僧性翁慶守による開山と云われています。山号:古谷山、本尊:釈迦牟尼佛像、所在:川越市古谷上4136。






善仲寺の東150m程に天台宗寺院の實相院が在ります。途中の小道に見掛けない綺麗な花の群生が満開です。画像検索すると、セイヨウオダマキ(西洋苧環)と云うキンポウゲ科オダマキ属の多年草でした。實相院の手前に天満天神社が在りましたが、詳細は不明です。實相院の創建は不詳、幸了による開山と云われています。山号:寳命山、寺号:多門寺、本尊:阿弥陀如来像、所在:川越市古谷上4266-1。






實相院から北東約500mに愛宕神社が在るので寄ります。途中の道端に庚申塔が在りましたが、保存状態が良いね。青面金剛に邪鬼が踏みつけられているのが判りますね、1740年(元文5)の建立です。吉川排水路に架かる蔵根橋を渡った左手に愛宕神社の鳥居が見えます。祭神:火之迦具土神(推定)、所在:川越市古谷上5568付近。


愛宕神社から東に200m程進むと入間川右岸の堤防遊歩道に到着、此処から入間川と荒川の合流地点は下流方向に約1kmの位置です。河口部と下流橋の絵は、荒川遡上時に撮った奴をリユーズしますね(笑)。


入間川河口からの距離が正式に判っている橋は3橋梁目の入間大橋で3.2km、逆算すると入間川河口0km地点は第1橋梁の『#01上江(かみごう)橋』の下流10m程になります。上江橋は入間川と荒川を連続して跨ぐ橋で、入間川右岸側の川越市と荒川左岸側のさいたま市西区とを結び、国道16号の内回り(川越方面行き)が通ります。





 名称:上江橋
 構造種別:12径間鋼連続箱桁
 河口からの距離:0.01km
 橋の長さ:1609.9m
 有効幅員:10.5m
 竣工:1997年(H9)



上江橋の上流隣に架かるのが『#02新上江橋』です。旧上江橋の後継として架けられた橋で、国道16号の外回り(春日部方面行き)車線として使用されています。一般国道が通る河川の橋としては、富士川に架かる新富士川橋(1523m)が日本一長い橋でしたが、新上江橋は架橋時1604mで記録を更新。其の後は前述の上江橋が1609.9mとなり全国最長の座を譲っています。



 名称:新上江橋
 構造種別:12径間鋼連続箱桁
 河口からの距離:0.03km
 橋の長さ:1604m
 有効幅員:10m
 竣工:1977年(S52)



新上江橋から右岸側の堤防遊歩道沿いに遡上します。土手には雑草しか無いね、偶に咲いているのも雑草で、赤いのがムラサキツメクサ(紫詰草)、アカツメクサ、赤クローバーとも呼ばれています。紫色で葉と花がフジに似ている奴は、クサフジ(草藤)でソラマメ属に属する多年草です。途中に何かの碑が建っています。傍の説明板によると、「老袋の渡し」が在った場所で、左側が馬頭観音で台座に川肥(越)一里十丁と刻まれており道標を兼ねています。右側が法界供養塔で、水害による犠牲者の霊を鎮める供養塔です。




新上江橋から3.2km上流に架かるのが『#03入間大橋』で、荒川左岸の上尾市平方と入間川右岸の川越市中老袋とを結び、県道51号線(川越上尾線)が通ります。区切りが良いので今回終着地点の橋とします。





 名称:入間大橋
 構造種別:6径間鋼連続箱桁
 河口からの距離:3.2km
 橋の長さ:314m
 有効幅員:11m
 完成:1981年(S56)



>>>後書き<<<
次回は入間大橋から継続遡上して、出丸冠水橋、釘無橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/08(土) 12:00:00|
  2. 入間川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (3)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
奥多摩 (2)
鎌倉 (1)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)
川越 (0)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。