ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-355 石神井川最終回『けやき橋~公園北橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-356 石神井川の纏め (石神井川に架かる橋179)(07/04 12:00)
[Vol-20] 今回は向台橋から遡上して、けやき橋、ぶな橋、さつき橋、くぬぎ橋、庚申橋、ともえ橋、長久保橋、そして上流端の公園北橋までの紹介で、『ぶらっと遡上探索』石神井川編の最終回ですヨ。では、向台橋の上流190mに架かる『#172けやき橋』からの紹介です。石神井川左岸の西東京市南町5丁目と右岸の西東京市向台町3丁目とを結び、市道2378号線が通ります。



 名称:けやき橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:23.5km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約3m
 完成:1974年(S49)



けやき橋の上流80mに架かるのが『#173ぶな橋』で、石神井川左岸の西東京市南町5丁目と右岸の西東京市向台町3丁目・4丁目とを結び、市道2395号線が通ります。



 名称:ぶな橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:23.6km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約5m
 竣工:1979年(S54)



ぶな橋の上流140mに架かるのが『#174さつき橋』で、石神井川左岸の西東京市南町5丁目と右岸の西東京市向台町4丁目とを結び、市道2402号線が通ります。



 名称:さつき橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:23.7km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約4m
 完成:1974年(S49)



さつき橋から190m上流に架かるのが『#175くぬぎ橋』です。石神井川左岸の西東京市南町5丁目・6丁目と右岸の西東京市向台町4丁目・5丁目とを結び、市道220号線(市役所通り)が通ります。



 名称:くぬぎ橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:23.9km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約5m
 竣工:1975年(S50)



くぬぎ橋の480m上流に架かるのが『#176庚申橋』で、石神井川左岸の西東京市南町6丁目・芝久保町1丁目と右岸の西東京市向台町5丁目・6丁目とを結び、市道123号線(府中道)が通ります。橋名は『 #139庚申橋』と重複しています。



 名称:庚申橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:24.4km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約6m
 竣工:1977年(S52)



庚申橋の上流に無名橋が5橋梁連続で架かっています。何れも私設橋なので石神井川に架かる橋から除外します。



 名称:無名橋×5
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:24.4~24.5km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:2~6m
 竣工:1977年(S52)



庚申橋の上流200mに架かるのが『#177ともえ橋』で、石神井川左岸の西東京市芝久保町1丁目と右岸の西東京市向台町6丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:ともえ橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:24.6km
 橋の長さ:約7m
 有効幅員:約3m
 完成:不明



ともえ橋の先、両岸に道が無いので迂回します。南西方向に300m程進むと、堤防の様な緑道に突き当たります、地下には村山貯水池から境浄水場までの送水管が流れているそうで、此の付近は土地が低く、送水管の傾斜を一定にする為の築堤で、見た目で「馬の背」と呼ばれています。石神井川は築堤と平行する多摩湖自転車道の下を暗渠で潜ります。




暗渠の上流50m程、ともえ橋の480m上流に架かるのが『#178長久保橋』です。「馬の背」を越えると小平市に入り、石神井川左岸の小平市花小金井南町3丁目と右岸の同じく小平市花小金井南町3丁目とを結び、都道132号小川山田無線(鈴木街道)が通ります。



 名称:長久保橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:25.1km
 橋の長さ:約7m
 有効幅員:約6m
 竣工:2004年(H16)



長久保橋の先も両岸に道が無いので、大きく迂回(北西に500m進み、南下280m)し、長久保橋の480m上流に架かるのが『#179公園北橋』で石神井川上流端の橋になり、取り敢えず完走(パチパチ)です。石神井川左岸の小平市花小金井南町2丁目・3丁目と右岸の小金井市関野町1丁目・桜町3丁目とを結び、一般道(小金井公園通り)が通ります。橋の下は暗渠となり、小金井カントリー倶楽部敷地内に続いています。



 名称:公園北橋
 構造種別:ボックスカルバート
 河口からの距離:25.5km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約4m
 竣工:2004年(H16)



公園北橋から南に小金井公園が在るので、縦断して帰途につきます。序に公園内の池、桜や花壇をパチリです。北池にアオサギが休んでいますね、カワセミも営巣しているらしいのですが顔を見せませんね。バードサンクチュアリーを抜けて広場に出ると、枝垂れ桜に里桜が綺麗です(因みに此の絵の撮影日は4月中旬です)。




桜も雑草も満開です(笑)。小金井公園南口に植えられたチューリップの花壇、見事ですね。では、公園近くを通るバスに乗り、JR武蔵小金井駅経由で帰宅します。






>>>後書き<<<
石神井川に架かる橋はショボイ奴ばかりで、桜の開花に合せて彩をプラスしましたが、如何でしたか。お陰で、桜開花の週に3日程連続徘徊し、終端まで7万歩を越えてしまいました(爆)。次回は石神井川の纏め(石神井川に架かる橋179)の紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/30(金) 12:00:00|
  2. 石神井川

Scene-354 石神井川『文化橋~向台橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-355 石神井川最終回『けやき橋~公園北橋』(06/30 12:00)
[Vol-19] 今回は菫橋から継続遡上して、文化橋、文化大橋、睦橋、富士見橋、無名橋、無名橋、すすき橋、柏橋、向台橋までの紹介です。菫橋から110m上流に架かるのが『#163文化橋』で、石神井川左岸の西東京市南町1丁目・3丁目と右岸の同じく西東京市南町1丁目・3丁目とを結び、市道218号線が通ります。下流側に人道橋が併設されています。





 名称:文化橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:22.5km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約7m
 完成:1973年(S48)



文化橋の30m上流に架かるのが『#164文化大橋』で、石神井川左岸の西東京市南町3丁目と右岸の同じく西東京市南町3丁目とを結び、市道119号線が通ります。



 名称:文化大橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:22.6km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約14m
 完成:1987年(S62)



文化大橋から北西250m程に真言宗智山派寺院の總持寺が在ります。創建は不詳、元和年間(1615~1623年)に法印権大僧都俊栄和尚が谷戸に法界山西光寺として創建、慶安年間(1648~1651年)現在地に移転したと伝えられています。明治維新後、近隣の密蔵院・観音寺と合併、田無山総持寺と改称しています。山号:田無山、本尊:大日如来像、所在:西東京市田無町3-8-12。関東三十六不動の10番札所、多摩八十八ケ所の33番札所です。仁王門前面に金剛力士像(阿形・吽形)、裏手には四天王の多聞天像と広目天像が護衛しています。






石神井川に戻り、文化大橋の190m上流に架かるのが『#165睦橋』で、此の橋も石神井川左岸の西東京市南町3丁目と右岸の同じく西東京市南町3丁目とを結び、市道2222号線が通ります。橋名は『#121睦橋』と重複しています。陽が落ち気味で、逆光は真っ黒ですね。露出補正すると青空が白くなってしまうし、ソロソロ撤収ですね。掲載の絵はAdobe photoshop で補正しています。



 名称:睦橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:22.8km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約4m
 完成:1975年(S50)



睦橋の80m上流に架かるのが『#166富士見橋』で、石神井川左岸の西東京市南町3丁目・4丁目と右岸の同じく西東京市南町3丁目・4丁目とを結び、都道12号調布田無線(武蔵境通り)が通ります。橋名は『#105富士見橋』と重複しています。南50mに富士見橋バス停が在り、JR武蔵境駅から一旦帰宅します。



 名称:富士見橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:22.8km
 橋の長さ:約6m
 有効幅員:約6m
 竣工:1975年(S50)



日が変わってJR武蔵境駅前からバスに乗り、富士見橋バスで下車。石神井川遡上も残り直線で3km程なので、本日は余裕で終端まで行けますね。


富士見橋の上流70mに架かるのが『#167無名橋』で、石神井川左岸の西東京市南町4丁目と右岸の同じく西東京市南町4丁目とを結び、一般道が通ります。同じ形の無名橋が続くので此方をAとしておきます。

 名称:無名橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:22.9km
 橋の長さ:約6m
 有効幅員:約3m
 完成:不明

30m上流に架かるのも『#168無名橋』で、此の橋も石神井川左岸の西東京市南町4丁目と右岸の同じく西東京市南町4丁目とを結び、一般道が通ります。

 名称:無名橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:22.9km
 橋の長さ:約6m
 有効幅員:約4m
 完成:不明

無名橋から120m上流に架かるのが『#169すすき橋』で、此の橋も石神井川左岸の西東京市南町4丁目と右岸の同じく西東京市南町4丁目とを結び、市道2342号線が通ります。



 名称:すすき橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:23.1km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約3m
 完成:1979年(S54)



すすき橋の50m上流に架かるのが『#170柏橋』で、此の橋も石神井川左岸の西東京市南町4丁目と右岸の同じく西東京市南町4丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:柏橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:23.1km
 橋の長さ:約6m
 有効幅員:約4m
 完成:1979年(S54)



柏橋の180m上流に架かるのが『#171向台橋』で、区切りが良いので今回終着地点の橋とします。石神井川左岸の西東京市南町4丁目・5丁目と右岸の西東京市南町4丁目・向台町3丁目とを結び、市道121号線(向台東通り)が通ります。



 名称:向台橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:23.3km
 橋の長さ:約11m
 有効幅員:約4m
 竣工:1981年(S56)



>>>後書き<<<
少しブログスペースが出ましたので、料理ストックから並べますね。先ずはチョット古い奴で、3月頃の芽キャベツ。軽く炒めてから、焼きソバやラーメンに入れましたが甘くてキャベツの濃い味が旨いね。鰤はブツ切りにして新玉葱スライスと大葉パラパラ、ポン酢をぶっ掛けて海鮮サラダです。


ウインナーエッグ炒めは簡単なので頻繁に作ります。白ご飯、パン食、麺類にも合うし、残ったら炒飯。味付けは、気分を変えてカツオふりかけ、お勧めです。


暑くなって来たので冷やし麺類の出番が増えます。ナメコとオクラのネバネバ君と大根おろし、納豆ネバネバおろし、天婦羅にも冷たい出汁をぶっ掛けて、ん~夏は此れだね。


更に暑くなると、冷やし中華です。山芋の千切りを大葉で巻き、更に牛切り落としで巻いて炒めます。此れと残った山芋を冷やし中華にトッピングです。生姜焼きも冷やし中華にトッピング、豪華冷やしですネ(笑)。


次回は向台橋から遡上して、けやき橋、ぶな橋、さつき橋、くぬぎ橋、庚申橋、ともえ橋、長久保橋、公園北橋までの紹介で、『ぶらっと遡上探索』石神井川編の最終回です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/26(月) 12:00:00|
  2. 石神井川

Scene-353 石神井川『東伏見橋~菫橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-354 石神井川『文化橋~向台橋』(06/26 12:00)
[Vol-18] 今回は弥生橋から継続遡上して、東伏見橋、坂下橋、柳沢橋、上柳沢橋、川桐橋、境橋、蓮華橋、無名橋、菫橋までの紹介です。では、弥生橋から210m上流に架かる『#154東伏見橋』からの紹介です。石神井川左岸の西東京市東伏見1丁目と右岸の西東京市東伏見6丁目とを結び、都道233号線(伏見通り)が通ります。橋の構造は、鋼桁とコンクリートを合成したプレビーム工法の橋です。



 名称:東伏見橋
 構造種別:1径間プレビーム桁
 河口からの距離:21.2km
 橋の長さ:約29m
 有効幅員:約67m
 完成:2011年(H23)



東伏見橋の右手に東伏見稲荷神社の赤鳥居が見えます。1929年(S4)に京都伏見稲荷神社の分祀として創建されました。当地名の東伏見や、西武新宿線東伏見駅名の由来になった神社です。祭神:宇迦之御魂大神、佐田彦大神、大宮能売大神、所在:西東京市東伏見1-5-38。境内社:白狐社、末広社、三徳社、稲荷社、金鷹社、権太夫社、祖霊社 等。大鳥居は1972年(S47)、狛狐は1937年(S12)の建立です。八幡大神の狛犬は、久し振りに見る角在りの奴ですね。








東伏見橋から70m上流に架かるのが『#155坂下橋』で下流側に側道橋(幅1m)が併設されています。石神井川左岸の西東京市東伏見1丁目・柳沢1丁目と右岸の西東京市東伏見6丁目・柳沢1丁目とを結び、一般道(伏見稲荷通り)が通ります。橋名は下流に架かっていた『#118坂下橋』と重複しています。



 名称:坂下橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:21.3km
 橋の長さ:約6m
 有効幅員:約6m+1m
 完成:1972年(S47)



坂下橋の上流290mに架かるのが『#156柳沢橋』で、石神井川左岸の西東京市柳沢1丁目と右岸の同じく西東京市柳沢1丁目とを結び、一般道が通ります。前回紹介した富士見池を過ぎてからは、石神井川に流入する水源が少なく、川には水が流れていない水無川状態になっていますね。



 名称:柳沢橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:21.6km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約5m
 完成:1983年(S58)



柳沢橋の上流100m程に都道4号線(青梅街道)が通り、其の下に造られた115m長さのカルバート(暗渠)の中を石神井川は進みます。途中に見える丸いタンクは、東京ガスの保谷整圧所です。


柳沢橋の上流210mに架かるのが『#157上柳沢橋』で、石神井川左岸の西東京市柳沢2丁目と右岸の西東京市柳沢2丁目・5丁目とを結び、一般道(市道2151号線)が通ります。



 名称:上柳沢橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:21.8km
 橋の長さ:約10m
 有効幅員:約4m
 完成:1973年(S48)



上柳沢橋の100m上流に架かるのが『#158川桐橋』です。石神井川左岸の西東京市柳沢5丁目と右岸の同じく西東京市柳沢5丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:川桐橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:21.9km
 橋の長さ:約9m
 有効幅員:約3m
 完成:1979年(S54)



次の橋まで両岸に遊歩道が無いので、右岸側マンション敷地内とは知らなかった振で進みます(笑)。川桐橋の180m上流に架かるのが『#159境橋』で、石神井川左岸の西東京市柳沢5丁目・南町1丁目と右岸の同じく西東京市柳沢5丁目・南町1丁目とを結び、市道117号線(深大寺街道)が通ります。橋名は下流に架かっていた『#96境橋』と重複しています。



 名称:境橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:22km
 橋の長さ:約7m
 有効幅員:約3m
 完成:1974年(S49)



次の橋も両岸際まで民家が建っており、川沿いに進めないので、市道を大きく迂回します。境橋から240m上流に架かるのが『#160蓮華橋』で、石神井川左岸の西東京市南町1丁目と右岸の同じく西東京市南町1丁目とを結び、市道2099号線が通ります。



 名称:蓮華橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:22.3km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約6m
 完成:1979年(S54)



蓮華橋の上流左岸側に護岸が欠けた部分が見えますね、石神井川が増水した際の南町調節池への流入口で、西東京市では1980年(S55)に芝久保調整池と南町調整池、1983年(S58)に向台調整池が設けられています。


調節池の脇、蓮華橋から100m上流に架かるのが『#161無名橋』で、此の橋も石神井川左岸の西東京市南町1丁目と右岸の同じく西東京市南町1丁目とを結び、人道専用橋です。



 名称:無名橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:22.4km
 橋の長さ:約6m
 有効幅員:約2m
 完成:不明



無名橋の50m上流に架かるのが菫(すみれ)橋ですが、北290m程に田無神社が在るので先に紹介します。境内の由緒案内によると、正応年間(1288~1292年)の創建と伝えられ、谷戸に鎮座し、尉殿大権現と呼ばれていました。1622年(元和8)に上保谷尉殿神社に分祀、1670年(寛文10)に現在地に遷座、1872年(M5)に田無神社と改称、村社に列格しています。祭神:大國主命、級長津彦命、級長戸辺命、須佐之男命、猿田彦命、八街比古命、八街比売命、日本武尊、大蔦大神、応神天皇、他八百万の神々、所在:西東京市田無町3-7-4。境内社:弁財天、津嶋神社、煩大人神社、塩竃神社。鳥居は1895年(M28)、二之鳥居は2016年(H28)、冠木門は2016年(H28)の建立です。








石神井川に戻り、無名橋の50m上流に架かるのが、今回終着地点の橋となる『#162菫橋』です。此の橋も石神井川左岸の西東京市南町1丁目と右岸の同じく西東京市南町1丁目とを結び、市道2097号線が通ります。





 名称:菫橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:22.4km
 橋の長さ:約9m
 有効幅員:約7m
 完成:1991年(H3)



>>>後書き<<<
次回は菫橋から継続遡上して、文化橋、文化大橋、睦橋、富士見橋、無名橋、無名橋、すすき橋、柏橋、向台橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/22(木) 12:00:00|
  2. 石神井川

Scene-352 石神井川『長者橋~弥生橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-353 石神井川『東伏見橋~菫橋』(06/22 12:00)
[Vol-17] 今回は睦橋歩道橋から遡上して、西武新宿線石神井川橋梁、長者橋、弁天橋、武蔵関公園橋、つたや橋、緑橋、よしきり橋、とちの木橋、溜渕橋、下野谷橋、弥生橋までの紹介です。今回は、JR三鷹駅前からの仕切り直し、取り敢えず駅前で朝飯(かき揚げそば)を食べ、バスで西武新宿線の武蔵関駅に到着です。


駅北口に出て商店街を西に150m程進むと、睦橋歩道橋に出ます。上流60mに『#143西武新宿線石神井川橋梁』が見えますが、左岸側に日蓮宗寺院の本立寺が在るので、此方を先に紹介します。境内の由緒案内によると、開祖は日誉上人、開基は当地の名主であった井口忠兵衛により、慶安年間(1648~1651年)の創建と云われています。山号:法耀山、本尊:三宝祖師、所在:練馬区関町北4-16-3。本堂は1968年(S43)、山門は1982年(S57)、鐘楼は2000年(H12)の建立です。






本立寺山門を出て右に30m程進むと『#143西武新宿線石神井川橋梁』です。左岸側の東伏見駅と右岸側の武蔵関駅との間に位置しています。1927年(S2)に東村山駅~高田馬場駅が開通しており、其の時から暗渠上に西武新宿線が通っていますが、其の後に暗渠を改修している筈ですが時期は判りませんでした。



 名称:西武新宿線石神井川橋梁
 構造種別:2連ボックスカルバート
 河口からの距離:19.3km
 橋の長さ:約60m
 有効幅員:約9m
 完成:不明



西武新宿線石神井川橋梁の180m上流に架かるのが『#144長者橋』で、石神井川左岸の練馬区関町北4丁目と右岸の練馬区関町北2丁目・3丁目とを結び、一般道が通ります。





 名称:長者橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:19.5km
 橋の長さ:約10m
 有効幅員:約6m
 完成:1978年(S53)



長者橋から南西150m程に進むと、天祖若宮八幡宮の鳥居が見えます。1974年(S49)に天祖神社と若宮八幡宮が合祀した神社で、天祖神社は、かつて三十番神社と称し、関村の鎮守で1908年(M41)に溜淵の厳島神社、1913年(T2)に竹下の厳島神社を合祀しています。若宮八幡宮は武蔵関塞の守護神でした。祭神:大日霎貴女尊、狭依姫命、倉稲魂命、応神天皇、仁徳天皇、所在:練馬区関町北3-34-32。境内社:厳島神社、稲荷神社、御嶽神社。一之鳥居は1885年(M18)、二之鳥居は1978年(S53)、狛犬は1971年(S46)の建立です。






石神井川に戻り、長者橋の260m上流に架かる『#145弁天橋』に行きます。石神井川左岸の練馬区関町北3丁目と右岸の同じく練馬区関町北3丁目とを結び、一般道が通ります。上流方向に見える水門は武蔵関公園の富士見池からの排水樋管で、此処も石神井川の源流の一つになります。





 名称:弁天橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:19.8km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約4m
 竣工:1979年(S54)



弁天橋の南詰めから15m程に武蔵関公園の東口が在り、石神井川も公園内の富士見池沿いに流れています。公園東口に架かるのが『#146武蔵関公園橋』で、此処から5橋梁は武蔵関公園の人道専用橋になります。



 名称:武蔵関公園橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:19.8km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:約3m
 竣工:1975年(S50)



武蔵関公園は、かつて関の溜め井と呼ばれた池が在った場所で、大正時代頃に地元住民が中心となり遊具、ボート場などを整備した若宮遊園となり、其の後1938年(S13)に東京市立の武蔵関公園となり、1975年(S50)練馬区立武蔵関公園として移管されました。所在:練馬区関町北3-45-1。




230m程進むと公園内の橋、『#147つたや橋』が見えます。災害時の広域避難場所にもなっている様で、公園への連絡橋として機能しています。



 名称:つたや橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:20km
 橋の長さ:約9m
 有効幅員:約3m
 完成:1979年(S54)



40m上流に『#148緑橋』が架かっています。



 名称:緑橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:20.1km
 橋の長さ:約4m
 有効幅員:約3m
 完成:1979年(S54)



緑橋の左岸先に富士見池中央部に架かる中之橋(3径間鈑桁)が見えます。橋の長さは40m程、架橋年は不明です。湖面に浮かぶ花筏が綺麗ですよ。野鳥も沢山居ますね。キンクロハジロにカルガモ、おっ、白いカルガモが居ました、白化した奴ですかね?西端にはカワセミ用の止まり木も在り、普段なら遊びに来るそうですが、前日の降雨で水が濁っているので、今日は別の場所に行っているみたいです。







緑橋の160m上流に架かるのが『#149よしきり橋』です。



 名称:よしきり橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:20.2km
 橋の長さ:約7m
 有効幅員:約2m
 竣工:1979年(S54)



よしきり橋の80m上流に架かるのが『#150とちの木橋』です。公園内で最後に架かった橋で、此の橋だけ鈑桁ですね。



 名称:とちの木橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:20.3km
 橋の長さ:約7m
 有効幅員:約2m
 完成:1983年(S58)



とちの木橋の100m上流、武蔵関公園の西端に架かるのが『#151溜渕(ためふち)橋』です。石神井川左岸の練馬区関町北3丁目・西東京市東伏見2丁目と右岸の練馬区関町北3丁目・西東京市東伏見3丁目とを結び、一般道が通ります。此処までが練馬区で、上流から西東京市(昔の田無市)に入ります。



 名称:溜渕橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:20.4km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約5m
 竣工:1979年(S54)



溜渕橋から300m上流に架かるのが『#152下野谷(したのや)橋』で、石神井川左岸の西東京市東伏見2丁目・3丁目と右岸の西東京市東伏見3丁目・6丁目とを結び、一般道が通ります。橋下に初めて見る鳥が居ました、クイナ(水鶏、秧鶏)でクイナ科に分類される鳥です。沖縄に居るクイナはヤンバルクイナで飛べないけど、此奴はカメラと目が合った瞬間に飛んで逃げられました。





 名称:下野谷橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:20.7km
 橋の長さ:約17m
 有効幅員:約7m
 完成:2013年(H25)



下野谷橋の北250m程に柳沢氷川神社が在るので寄ります。創建は不詳ながら、江戸時代には下柳沢村の鎮守で榛名権現と呼ばれていました。明治時代の神社合祀が行なわれた際に市内の尉殿神社に合祀され廃社となりましたが、1942年(S17)浦和市蓮見新田の氷川神社を引宮して再建、1984年(S59)に榛名社を合祀しています。祭神:須佐之男命、相殿:火産霊神、埴山姫神、所在:西東京市東伏見2-6-13。




石神井川に戻り、下野谷橋の上流280mに架かるのが、今回終着地点の橋となる『#153弥生橋』です。石神井川左岸の西東京市東伏見2丁目と右岸の西東京市東伏見6丁目とを結び、一般道が通ります。





 名称:弥生橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:21km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約6m
 竣工:1999年(H11)



>>>後書き<<<
次回は弥生橋から継続遡上して、東伏見橋、坂下橋、柳沢橋、上柳沢橋、川桐橋、境橋、蓮華橋、無名橋、菫橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/18(日) 12:00:00|
  2. 石神井川

Scene-351 石神井川『豊栄橋~睦橋歩道橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-352 石神井川『長者橋~弥生橋』(06/18 12:00)
[Vol-16] 今回は集い橋から継続遡上して、豊栄橋、西豊城橋、曙橋、日之出橋、稲荷橋、庚申橋、関新橋、若宮橋、睦橋歩道橋までの紹介です。では、集い橋の上流200mに架かる『#134豊栄橋』からの紹介です。石神井川左岸の練馬区石神井台4丁目と右岸の練馬区上石神井4丁目とを結び、一般道が通ります。





 名称:豊栄橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.4km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約5m
 完成:不明



豊栄橋の170m上流に架かるのが『#135西豊城橋』で、石神井川左岸の練馬区石神井台4丁目・石神井台7丁目と右岸の練馬区上石神井4丁目・関町東2丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:西豊城橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.6km
 橋の長さ:約9m
 有効幅員:約4m
 完成:1968年(S43)



西豊城橋の230m上流に架かるのが『#136曙橋』で、石神井川左岸の練馬区石神井台7丁目と右岸の練馬区関町東2丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:曙橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.8km
 橋の長さ:約7m
 有効幅員:約5m
 完成:1961年(S36)



曙橋の南160mに真言宗智山派寺院の最勝寺が在るので寄ります。僧弘印による開山と云われています。山号:関星山、本尊:観音菩薩像、所在:練馬区関町東1-4-16。


石神井川に戻り、曙橋の60m上流に架かるのが『#137日之出橋』です。此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井台7丁目と右岸の練馬区関町東2丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:日之出橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.9km
 橋の長さ:約7m
 有効幅員:約6m
 完成:1967年(S42)



日之出橋の80m上流に架かるのが『#138稲荷橋』で、此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井台7丁目と右岸の練馬区関町東2丁目とを結び、一般道が通ります。下流の『#28稲荷橋』と重複する橋名です。



 名称:稲荷橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.9km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約4m
 完成:1972年(S47)



稲荷橋の90m上流に架かるのが『#139庚申橋』で、石神井川左岸の練馬区石神井台7丁目・関町北4丁目と右岸の練馬区関町東2丁目・関町北4丁目とを結び、一般道(関町庚申通り)が通ります。



 名称:庚申橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:19km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約6m
 完成:1978年(S53)



庚申橋の70m上流に架かるのが『#140関新橋』です。石神井川左岸の練馬区関町北4丁目と右岸の同じく練馬区関町北4丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:関新橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:19.1km
 橋の長さ:約7m
 有効幅員:約4m
 完成:1979年(S54)



関新橋の50m上流に架かるのが『#141若宮橋』で、此の橋も石神井川左岸の練馬区関町北4丁目と右岸の同じく練馬区関町北4丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:若宮橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:19.1km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約5m
 完成:1979年(S54)



若宮橋の110m上流に架かるのが、今回終着地点の橋となる『#142睦橋歩道橋』です。此の橋も石神井川左岸の練馬区関町北4丁目と右岸の同じく練馬区関町北4丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:睦橋歩道橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:19.3km
 橋の長さ:約9m
 有効幅員:約2m
 完成:1979年(S54)



陽が陰り出し、逆光の絵が暗くなり過ぎるので撤収。近くに西武新宿線の武蔵関駅が在り、此処から帰宅します。其の前に朝抜きだったので腹ペコで死にそうです(笑)、駅前に秩父そばが見えたので、天玉そばで腹の虫を宥め、JR三鷹駅行き関東バス経由で帰りました。


>>>後書き<<<
今回、寺社紹介が1件でブログスペースが出ましたので、料理ストックで穴埋めです。手が込んだ料理は余り遣らないので、調理ベース品は良く使います。日本ハムのエビチリ、玉葱スライスを追加するだけで便利、量が多いので翌日はトマトを細かくしてエビチリパスタです。料理と関係ないけど、北海道の豪雨被害でジャガイモが品薄だそうで、偶に食べる定番ポテチも棚から消えてしまい代わりにアメリカ産のポテチが登場しましたが、ん~、チョット味が違うんだよな~。


青梗菜と残り野菜のコンビーフ炒めです。最近高くなったので、偶にしか使わないけど旨いよね。残ったらコンビーフ炒飯です。白い小鉢は「ヤマザキ春のパンまつり」で貰った奴で、色々なものに使えて今年のは良いね。豚角が残っていたのでスライスしてミニ豚カツ、タルタルソースで戴きます。混ざっている緑色は細かく切った枝豆、だだちゃ豆だとコクがでて更に旨くなりますよ。焦げているのは揚げ天です。


鶏胸肉の胡麻炒め、何処かのブログを見てマネました。胡麻の風味が良いね、残ったらパセリ、トマトを刻み枝豆などと一緒に混ぜご飯です。サッパリし過ぎて、味気が足りなかったのでフリカケをパラパラです(笑)。


愈々夏が近づいてきて、冷たい麺類が美味しくなりますね。水菜にスナップえんどう、オクラスライスとタコぶつを乗せた冷やし中華です。蛸、旨いよね。最初にタコを喰った人、チャレンジャーで凄いよね。次も冷やし中華、今度は茹でエビです。いっぱい乗って見えるように、半分にスライスしてあります(笑)。最後は冷やし蕎麦、冷水麺を水で解して盛り付け、刻み海苔と大葉、玉子をトッピング、2分で完成。インスタントラーンよりも早いっす(爆)。


次回は睦橋歩道橋から遡上して、西武新宿線石神井川橋梁、長者橋、弁天橋、武蔵関公園橋、つたや橋、緑橋、よしきり橋、とちの木橋、溜渕橋、下野谷橋、弥生橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/14(水) 12:00:00|
  2. 石神井川

Scene-350 石神井川『松之木橋~集い橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-351 石神井川『豊栄橋~西武新宿線石神井川橋梁』(06/14 12:00)
[Vol-15] 今回は蛍橋から継続遡上して、松之木橋、上御成橋、栄橋、愛宕橋、小ケ谷戸橋、扇橋、豊城橋、豊城歩道橋、集い橋までの紹介です。まずは、蛍橋の上流170mに架かる『#125松之木橋』からで、石神井川左岸の石神井台1丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:松之木橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.9km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約4m
 竣工:1967年(S42)



松之木橋から北西200m程に真言宗智山派寺院の三宝寺が在ります。1394年(応永1)、鎌倉大楽寺の幸尊法印が此の近くに創建し、1477年(文明9)に太田道灌によって現在地に移転されたと云われています。徳川家光が鷹狩の際に休憩場として使われ、1591年(天正19)には朱印地10石を与えられた御朱印寺です。山門は、御成門と呼ばれ、1827年(文政10)の建立、裏手に在る三宝寺池の由来でもあり石神井不動尊とも呼ばれています。山号:亀頂山、院号:密乗院、本尊:不動明王像、紅頗梨色阿弥陀仏像、所在:練馬区石神井台1-15-6。関東三十六不動第11番札所、御府内八十八ケ所霊場16番札所、豊島八十八ケ所霊場16番札所、武蔵野三十三観音霊場の3番札所です。






三宝寺の北西裏手に石神井台の氷川神社が在ります。境内の由緒案内によると、応永年間(1394~1428年)に此の地の領主であった豊島氏が、武蔵国一ノ宮の氷川神社を石神井城内に勧請して創建されました。石神井城落城後、現在地に遷座し石神井郷(上石神井、下石神井、谷原、田中、関の5ケ村)の総鎮守となり、1874年(M7)に郷社として列格。祭神:須佐之男命、相殿:稲田姫命、大己貴命、所在:練馬区石神井台1-18-24。境内社:榛名神社、浅間神社、御嶽神社、阿夫利神社、三峯神社、北野神社、八幡神社、御嶽神社、三島神社、須賀神社、稲荷神社。石燈篭は1699年(元禄12)、拝殿前の旧狛犬は1837年(天保8)、鳥居後ろの狛犬は1920年(T9)の建立です。








氷川神社裏手の三宝寺池湖畔に厳島神社が在ります。三宝寺池は石神井川主水源の池で、かつては地下水が湧出していましたが、現在は湧出量が減り、地下水を汲み上げて補充しています。古来禁猟地であった事から草木が生い茂り、三宝寺池沼沢植物群落として国天然記念物に指定されています。東屋にはバードウォッチャが大勢いますね。


池の南西端に厳島神社が在ります。創建は不詳、江戸時代には弁天社、水天宮として史料に残されていました。1908年(M41)と1915年(T4)に近隣の稲荷神社、愛宕神社、御嶽神社を合祀しています。祭神:狭依姫命、相殿:香具槌命、倉稲魂命、国常立命、所在:練馬区石神井台1-26。境内社:水神社、穴弁天社。社殿は1983年(S58)、鳥居は2010年(H22)の建立です。




厳島神社から石神井川に戻り、松之木橋の320m上流に架かるのが『#126上御成橋』です。石神井川左岸の石神井台1丁目・2丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。橋名は先程の三宝寺御成門に通じる事に由来しています。唯、下流の加賀に御成橋が架かっているので、此方は上が付いています。



 名称:上御成橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.2km
 橋の長さ:約15m
 有効幅員:約6m
 完成:2016年(H28)



上御成橋の上流90mに架かるのが『#127栄橋』で、石神井川左岸の石神井台2丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。車が通る幅は有りますが、簡易閉鎖具のクッションドラムが置かれていて、人道専用橋になります。





 名称:栄橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.3km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約5m
 完成:2011年(H23)



栄橋の400m程上流に架かるのが『#128愛宕橋』で、石神井川左岸の石神井台2丁目・4丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道(上石神井通り)が通ります。





 名称:愛宕橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.7km
 橋の長さ:約18m
 有効幅員:約11m
 完成:2013年(H25)



愛宕橋の110m上流に架かるのが『#129小ケ谷戸橋』で、石神井川左岸の石神井台4丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:小ケ谷戸橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.8km
 橋の長さ:約9m
 有効幅員:約4m
 完成:1979年(S54)



小ケ谷戸橋の60m上流に架かるのが『#130扇橋』で、石神井川左岸の石神井台4丁目と右岸の上石神井3丁目とを結び、都道245号杉並田無線(新青梅街道)が通ります。橋梁銘板が左岸下流側にチラッと見えましたが、文字が見える方向に寄ると手前に木々が入り、判読不能でした。



 名称:扇橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:17.9km
 橋の長さ:約45m
 有効幅員:約12m
 完成:不明



扇橋の140m上流に架かるのが『#131豊城橋』で、石神井川左岸の石神井台4丁目と右岸の上石神井4丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:豊城橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:18km
 橋の長さ:約12m
 有効幅員:約5m
 完成:1974年(S49)



豊城橋の上流20mに架かるのが『#132豊城歩道橋』です。左岸側の植込みが邪魔で、此方側から撮れませんね。



 名称:豊城歩道橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.1km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約1.5m
 竣工:1970年(S45)



豊城歩道橋の上流140mに架かるのが『#133集い橋』で、今回終着地点の橋です。此の橋も石神井川左岸の石神井台4丁目と右岸の上石神井4丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:集い橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:18.2km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約3m
 完成:1980年(S55)



>>>後書き<<<
次回は集い橋から継続遡上して、豊栄橋、西豊城橋、曙橋、日之出橋、稲荷橋、庚申橋、関新橋、若宮橋、睦橋歩道橋、西武新宿線石神井川橋梁までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/10(土) 12:00:00|
  2. 石神井川

Scene-349 石神井川『無名橋~蛍橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-350 石神井川『松之木橋~集い橋』(06/10 12:00)
[Vol-14] 今回は山下橋から継続遡上して、無名橋、坂下橋、憩い橋、豊島橋、睦橋、根ケ原橋、茜歩道橋、蛍橋までの紹介です。では、山下橋の上流150mに架かる『#117無名橋』から紹介します。石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井3丁目とを結ぶ、人道専用橋です。



 名称:無名橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:15.9km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約3m
 完成:不明



無名橋の100m上流に架かるのが『#118坂下橋』で、此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。





 名称:坂下橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16km
 橋の長さ:約17m
 有効幅員:約4m
 完成:2008年(H20)



坂下橋から100m上流に架かるのが『#119憩い橋』です。此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井3丁目とを結び、人道専用橋です。黄色の花は、ウンナンオウバイ(雲南黄梅)で梅に似た花を咲かせる事からの命名で、梅の仲間ではなく、モクセイ科に属するジャスミンの仲間です。





 名称:憩い橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.1km
 橋の長さ:約15m
 有効幅員:約4m
 完成:2008年(H20)



憩い橋の上流90mに架かるのが『#120豊島橋』で、石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井3丁目・6丁目とを結び、都道25号飯田橋石神井新座線(旧早稲田通り)が通ります。





 名称:豊島橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.2km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約10m
 完成:2011年(H23)



豊島橋から北西100m程に真言宗智山派寺院の禅定院が在ります。境内の由緒案内によると、約600年前に願行上人によって開かれたお寺です。本堂前のキリシタン燈籠(1673年(寛文13))は区内でも珍しい石造物で、練馬区の文化財に指定されています。山号:照光山、寺号:無量寺、本尊:阿弥陀如来像、所在:練馬区石神井町5-19-10。豊島八十八ケ所霊場の70番札所です。






石神井川に戻り、豊島橋の上流90mに架かるのが『#121睦橋』で、石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井6丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:睦橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.3km
 橋の長さ:約19m
 有効幅員:約5m
 完成:2003年(H15)



睦橋の上流140mに架かるのが『#122根ケ原橋』です。此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井6丁目とを結び、一般道が通ります。橋の下では堆積土砂の除去作業と、洗掘防止用の河床の敷設を行なっていますね、ご苦労様です。





 名称:根ケ原橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.4km
 橋の長さ:約19m
 有効幅員:約5m
 完成:2004年(H16)



根ケ原橋の上流120mに架かるのが『#123茜歩道橋』で、此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目と右岸の練馬区下石神井6丁目とを結び、人道専用橋です。



 名称:茜歩道橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.6km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約4m
 完成:2007年(H19)



茜歩道橋から北西300m程に稲荷諏訪合神社が在るので寄ります。150m程進んだ処に石神井公園の野草観察園が在ったので、野草観察です。こぢんまりとした野草園ですが、見られる種類も多く、初めて見る植物も沢山在りましたよ。■アミガサユリ(編笠百合):ユリ科で原産地は中国、生薬として用いられています。■ケマンソウ(華鬘草):別名タイツリソウとも呼ばれています。色が綺麗ですね。■シロバナショウジョウバカマ(白花猩々袴):ユリ科で日本の固有種です。■クサノオウ(草ノ王):奥多摩で偶に見掛けますね、ケシ科で毒草ですが薬草にもなります。■ヤマシャクヤク(山芍薬):ボタン科で準絶滅危惧種です。




■カタクリ(片栗):ユリ科です、野生種は中々見掛けないけど、郊外に出ると育成保護された奴が見られますね。■イチリンソウ(一輪草):キンポウゲ科、此れがイチリンソウか!名札が無いと判らなかったね。■タチツボスミレ(立坪菫):スミレ科、此れは我が家のプランターにも生えているので判ります、種が飛んでどんどん増殖していますよ。他にも季節に応じた野草が見られるそうです。


しゃがみ込んで接写していたので、膝がイタタです。暫し休憩、以前なら此処で一服の時間だったけど、禁煙してから約半年経過、我慢出来ていますよ(笑)。北西に残り150m進むと稲荷諏訪合神社に到着です。創建は不詳、新編武蔵風土記稿に「諏訪社、禅定院持」と記載されており、先程の禅定院が別当の模様です。明治維新後に稲荷社と合祀して、稲荷諏訪合神社と改称しています。祭神:稲倉魂命、建御名方命、所在:練馬区石神井町5-23-2。境内社:根ケ原諏訪神社。鳥居は1923年(T12)の建立です。




稲荷諏訪合神社の裏手に石神井公園内の石神井池、三宝寺池が在ります。井の頭池、善福寺池と並び、武蔵野三大湧水池として知られていました。現在の石神井池は汲み上げた地下水で満たしているそうです。キンクロハジロの茶色い奴がいました、♀です。湖畔に聳える木はラクウショウ(落羽松)は杉の仲間、区内有数の大きさで、樹高:21m、幹周り:2.3mです。




石神井川に戻り、茜歩道橋の180m上流に架かるのが、今回終着地点の『#124蛍橋』です。石神井川左岸の練馬区石神井町5丁目・石神井台1丁目と右岸の練馬区下石神井6丁目・上石神井3丁目とを結び、都道444号下石神井大泉線(井草通り)が通ります。下流側の仮設橋上が、先程の洗掘防止用河床材の仮置き場になっています。




 名称:蛍橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:16.7km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約10m
 完成:2017年(H29)


>>>後書き<<<
次回は螢橋から継続遡上して、松之木橋、上御成橋、栄橋、愛宕橋、小ケ谷戸橋、扇橋、豊城橋、豊城歩道橋、集い橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/06(火) 12:00:00|
  2. 石神井川

Scene-348 石神井川『富士見橋~山下橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-349 石神井川『無名橋~蛍橋』(06/06 12:00)
[Vol-13] 今回は高野橋から遡上して、富士見橋、高富士橋、下薬師堂橋、西武池袋線石神井川橋梁、薬師堂橋、長光寺歩道橋、長光寺橋、長光寺橋水管橋、平成みあい橋、南田中橋、和田前歩道橋、山下橋までの紹介です。今回の最寄り駅は西武池袋線の練馬高野台駅、自宅から武蔵野線府中本町駅及び西武池袋線秋津駅経由で到着です。


練馬高野台駅から北300m程に真言宗豊山派寺院の長命寺が在るので、此処からスタートします。1613年(慶長18)に後北条氏の一族である増島重明が弘法大師像を祀る諸堂を建立したのが始まりで、其の後、重明の弟・増島重俊によって観音堂・金堂などが整えられています。1640年(寛永17)に奈良・長谷寺の小池坊秀算により十一面観音像が作られ長谷寺と号し、江戸幕府からは9石5斗の御朱印を与えられていたと云われています。前回紹介した谷原氷川神社の別当でした。山号:東高野山(旧谷原山)、院号:妙楽院、本尊:十一面観世音菩薩像、所在:練馬区高野台3-10-3。御府内八十八ケ所霊場の17番、豊島八十八ケ所霊場の17番、武蔵野三十三観音霊場の1番札所です。








長命寺東門から出て、南東に350m程の石神井川に戻ると、高野橋の上流190mに架かる『#105富士見橋』に出ます。石神井川左岸の練馬区高野台1丁目と右岸の練馬区富士見台3丁目・4丁目とを結び、一般道が通ります。此の付近は八重の枝垂れ桜が続き、ソメイヨシノとは違う趣で良いね。





 名称:富士見橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:14.7km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約5m
 完成:2001年(H13)



富士見橋の上流110mに架かるのが『#106高富士橋』で、石神井川左岸の練馬区高野台1丁目と右岸の練馬区富士見台3丁目とを結び、一般道が通ります。





 名称:高富士橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:14.8km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約8m
 完成:2000年(H12)



高富士橋の上流50mに架かるのが『#107下薬師堂橋』で、此の橋も石神井川左岸の練馬区高野台1丁目と右岸の練馬区富士見台3丁目とを結び、一般道が通ります。



 名称:下薬師堂橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:14.9km
 橋の長さ:約19m
 有効幅員:約8m
 完成:2000年(H12)



下薬師堂橋の上流高架に架かるのが『#108西武池袋線石神井川橋梁』で、左岸側の練馬高野台駅と右岸側の富士見台駅との間に位置しています。2001年(H13)に練馬高野台駅から中村橋駅間が高架複々線化になっており、同時期の架橋と推定します。



 名称:西武池袋線石神井川橋梁
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:14.9km
 橋の長さ:約29m
 軌道:複々線
 完成:2001年(H13)推定



西武池袋線石神井川橋梁の上流隣に架かるのが『#109薬師堂橋』で、石神井川左岸の練馬区高野台1丁目と右岸の練馬区南田中3丁目とを結び、一般道が通ります。





 名称:薬師堂橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:14.9km
 橋の長さ:約18m
 有効幅員:約8m
 完成:1994年(H6)



此の付近は桜が多く、絶好の花見スポットです。此のブログでは桜の見頃に合せて、3日連続して1日約3万歩の遡上探索をしています。なので、石神井川編が最終回となる6月末まで桜が続きますよ(笑)。


薬師堂橋から170m上流に架かるのが、『#110長光寺歩道橋』で、此の橋も石神井川左岸の練馬区高野台1丁目と右岸の練馬区南田中3丁目とを結び、人道専用橋です。薬師堂と長光寺は、かつて此の付近に在った寺院で、名残として地名や橋の名前に使われています。





 名称:長光寺歩道橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:15.1km
 橋の長さ:約14m
 有効幅員:約2m
 竣工:1984年(S59)



長光寺歩道橋の110m上流に架かるのが、『#111長光寺橋』です。石神井川左岸の練馬区高野台1丁目・石神井町1丁目と右岸の練馬区南田中3丁目・5丁目とを結び、都道443号南田中町旭町線、笹目通りが通ります。



 名称:長光寺橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:15.2km
 橋の長さ:約31m
 有効幅員:約24m
 完成:1983年(S58)



長光寺橋の上流左岸側に長光寺橋公園が在り、暫し休憩します。桜はピークを過ぎて、地面に花弁の絨毯が広がっていますね。公園の花壇には菜の花にチューリップ、チューリップと云えば開花期間が短いですよね。どの位なのかググルと、「暖かい昼間に花が開き、夜寒くなると花を閉じる性質を持っていて、其れを13回繰り返すと花が終わる」という記事が載っていたけど、眉唾物ですね(笑)。


長光寺橋の上流10m程に都水道局の『#112長光寺橋水管橋』が見えます。上流隣に架かるのは、通信ケーブル用の橋みたいですね。



 名称:長光寺橋水管橋
 構造種別:1径間パイプビーム
 河口からの距離:15.2km
 橋の長さ:約15m
 有効幅員:約0.5m
 完成:1976年(S51)



長光寺橋水管橋の100m上流に架かるのが『#113平成みあい橋』です。石神井川左岸の練馬区石神井町1丁目と右岸の練馬区南田中5丁目とを結ぶ、人道専用橋です。



 名称:平成みあい橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:15.3km
 橋の長さ:約24m
 有効幅員:約6m
 完成:1992年(H4)



平成みあい橋から250m上流に架かる『#114南田中橋』までの両岸は、古木の桜並木が続いており、石神井川の桜ベスポジですね。此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町1丁目と右岸の練馬区南田中5丁目とを結び、一般道が通ります。橋名は右岸地区名からの命名ですね。





 名称:南田中橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:15.6km
 橋の長さ:約19m
 有効幅員:約7m
 完成:1993年(H5)



南田中橋の170m上流に架かるのが、『#115和田前歩道橋』です。此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町1丁目と右岸の練馬区南田中5丁目とを結び、川沿いの遊歩道を繋ぐ人道専用橋です。





 名称:和田前歩道橋
 構造種別:1径間PC桁
 河口からの距離:15.7km
 橋の長さ:約18m
 有効幅員:約3m
 完成:1993年(H5)



和田前歩道橋から北西300m程に和田稲荷神社が在ります。創建は不詳、旧和田地区の鎮守で、伝五郎稲荷、和田稲荷と呼ばれています。祭神:倉稲魂命、所在:練馬区石神井町1-21-15。境内社:荷田神社。鳥居は1914年(T3)、狛狐は明治時代の建立ですが、年代部分が崩れており不明です。




石神井川に戻り、和田前歩道橋の50m上流に架かるのが、今回終着地点の橋になる『#116山下橋』です。此の橋も石神井川左岸の練馬区石神井町1丁目・5丁目と右岸の練馬区南田中5丁目・下石神井3丁目とを結び、一般道が通ります。





 名称:山下橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:15.8km
 橋の長さ:約19m
 有効幅員:約8m
 完成:1975年(S50)



>>>後書き<<<
次回は山下橋から継続遡上して、無名橋、坂下橋、憩い橋、豊島橋、睦橋、根ヶ原橋、茜歩道橋、蛍橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/02(金) 12:00:00|
  2. 石神井川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (17)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。