ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-283 相模川『JR東海道新幹線相模川橋梁』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-284 相模川『戸沢橋』(08/04 12:00)
[Vol-3] 今回は神川橋から遡上して、JR東海道新幹線相模川橋梁までの紹介です。前回、帰り際に寄った左岸側の寺社などから紹介します。先ずは、神川橋の上流210mに在る寒川取水堰、相模川左岸側の高座郡寒川町宮山・寒川町一之宮と右岸の平塚市田村との間に在り、1964年(S39)の竣工で、取水は東12km程に在る小雀浄水場へと送られ工業用水や上水道に利用されています。堰には階段式と舟通しデニール式の魚道が付いており、魚道の脇に沢山のサギが食事中です。左岸側には、「川とのふれあい公園」と云う親水公園が在り、対岸越しには富士山が良い感じで望めます。





 名称:寒川取水堰
 堰形式:重力式可動扉付フローティング堰
 堰高さ:6m、堰長さ:270m
 土砂吐水門:1門ローラーゲート(幅13m×高3m)
 洪水吐:3門ローラーゲート(幅20m×高2.5m)
 魚道:階段式(幅10.4m)、
 舟通しデニール式(幅7.2m)


あっそうだ、多摩川や荒川などのダム・貯水池で貰ったダムカード(国土交通省などが配布しているカード型式のパンフレット)が寒川取水堰にも有り、神奈川県企業庁の水道記念館に行くと貰えますよ。此処も、前回の帰りに寄っていますので紹介します。神川橋東詰めから県道47号線沿いに東に500m程行くと、左側にJR相模線の大門踏切が在り、寒川神社(此の後で紹介)の表参道一之鳥居が見えます。鳥居の先左手に細い入口が在り、寒川第1浄水場創設時の石造正門(裏門)から入れます。1984年(S59)に県営水道50周年を迎え、県営水道発祥の記念施設である旧ポンプ場を活用した水道記念館で、建物の前には和風庭園の水の広場が在ります。中に入ると正面にアクアバー、ビールが出てくれば最高なんだけど、文字とおり出て来るのは出来立ての水道水です(笑)。受付でダムカードを戴き、館内を散策、水をテーマにした子供が喜びそうな展示が並んでいます。建屋の裏に漏水した水道管が展示されています、1cm厚さ程の鋳物管に穴が開くんだね、水の力って凄いね。






左岸沿いに平行する首都圏中央連絡自動車道の高架下を進み、寒川上水場の中を抜けて行きます。此の辺りは裏道で信号も無いので道路横断時は注意が必要です、ネコちゃんも左見て右見てヨシ!賢いね。JR相模鉄道の水道第三踏切を渡り東に200m程で相模川水系の目久尻川(流路延長19.2km)に架かる、いこい橋を渡ります。橋の両脇に1m程の太い導水管が渡されていますね。






いこい橋を渡って直ぐに寒川神社参道に出ます、参道を200m程進むと大きな寒川神社の二之鳥居(高さ16m、柱の直径1.6m)が在り、100m先には先程の寒川取水堰から小雀浄水場へ行く大きな導水管(φ2000)が渡る目久尻川水管橋が見えます。100m程先には寒川神社の三之鳥居が見えるのですが、手前に高野山真言宗寺院の西善院が在りましたので寄ります。創建は1671年(寛文11)、弘誉法師による開基と云われ、江戸時代は寒川神社の供奉僧(ぐぶそう)として、神社内の仏事を執り行なっていましたが、明治維新の神仏分離令で神社から独立し、其の折りに廃絶した別当薬王寺、供僧神照寺、同中之坊、同三大坊の本尊や檀家を引継いでいます。山号:霊信山、本尊:阿弥陀如来坐像、所在:高座郡寒川町宮山3925。相模国準四国八十八ケ所の第62番札所(元薬王寺)、第73番札所(元神照寺)です。




寒川神社の創建は不詳、古代、相模川沿いは相模国造(地方を治める官職)が居て、有力な豪族の何れかが造営したと推定されています。相模国一之宮と称され、約1500年余の歴史を有する神社で、関八州の裏鬼門に位置し、古くより八方除の守護神として朝廷をはじめ、源頼朝や武田信玄などの武将からも信仰を受けてきたと云われています。1871年(M4)に国幣中社に列格、祭神:寒川大明神(寒川比古命、寒川比女命)、所在:高座郡寒川町宮山3916。神門は1993年(H5)に竣工、社殿は1997年(H9)に大改築、狛犬は1994年(H6)の奉納です。








西隣に寒川神社末社の宮山神社が在ります。境内の由緒案内によると、宮山各地区に在った境内末社の琴平社、境外末社の八剣社、雷社、祢岐志社、若宮八幡社を1908年(M41)に合祀、1913年(T2)に境内末社の稲荷社を合祀、1969年(S44)に三峰社を合祀しています。祭神:大物主神(琴平社)、須佐之男神(八剣社)、健御雷之男神(雷社)、大雀命(若宮八幡社)、聖神(祢岐志社)、宇迦御魂命(稲荷社)、伊邪那岐命・伊邪那美命(三峰社)、所在:高座郡寒川町宮山3861-5付近。鳥居は2003年(H15)の奉納です。


次に東海道新幹線相模川橋梁を左岸側から撮りたいのですが、JR相模鉄道を越えられる踏切が2.2km先にしか在りません。なので、500m先に在る宮山駅から1駅(1.5km)乗って倉見駅で下車、200m程北進すると寒川倉見郵便局の前に小さな倉見水神宮が在りました。傍に立つ由緒案内によると、1929年(S4)に相模砂利が建立したもので、隣に相模五郎の碑が在ります。明治の終わり頃、倉見に居た本名須田亀助と云う草競馬の名騎手を記念した碑です。近くのJR相模鉄道倉見踏切を渡り、やっと相模川の左岸側に入り込めました。此処からの絵は最後の相模川橋梁紹介で使用します。此処までが前回からの継続で、倉見駅から帰宅しました。


日が変わりまして神川橋から右岸側を紹介します。先ずは、神川橋西詰め上流脇に在る田村八坂神社からです。田村の鎮守社で、境内の移設記念碑には神川橋架替工事に伴い社殿、末社(四社)、鳥居、神楽殿、狛犬、石燈篭等を1990年(H2)に移設とあり、創建は不詳です。「新編相模国風土記稿」には、牛頭天王社と記されており、1869年(M2)に八坂神社に改称されています。祭神:素盞嗚尊、所在:平塚市田村8-21。狛犬は1974年(S49)の建立です。






八坂神社から次に寄る寄木神社まで北に1.6km程をひたすら歩きます、本日は、未だスタートしたばかりなので楽勝ですが、遡上終盤だったら心が折れているね(笑)。約25分で寄木神社に到着、境内の由緒案内によると、859年(貞観1)大神朝臣田村麿が京都より此の地に下向し、当地に屋敷を構えると共に、氏族の遠祖を祀ったのが始まりと云われています。現在の社殿は関東大震災時に破損修復したものです。御神木の銀杏は推定樹齢500年、樹高23m、幹周り5.6mで平塚市の保存樹木に指定されています。祭神:大己貴命、所在:平塚市大神2746。境内社:八坂神社、神明社。境内にセキレイが遊んでいました、頬が白いのでハクセキレイです。




寄木神社から東に500m移動し相模川に出ます、上流400m程に見えるのが今回終着地点の『#06 JR東海道新幹線相模川橋梁』です。トラスには防音・防風板も無く、新幹線がスッキリと見え、右岸側は絶好の撮影ポイントになっています。土手と橋梁下との高さは1.5m程で、腰を曲げた爺様姿でないと通れませんね(笑)。河川敷には普段、声はすれど 姿見せずの雉が珍しく姿を見せました。上を飛んでいるパラモーターにビックリぽん、で出て来たのかな。
JR東海道新幹線相模川橋梁は相模川左岸の高座郡寒川町倉見と右岸の平塚市大神との間に位置し、左岸側の新横浜駅と右岸側の小田原駅との略中間に在ります。







 名称:JR東海道新幹線相模川橋梁
 構造種別:6径間下路ワーレントラス
 河口からの距離:8.9km
 橋の長さ:約360m
 軌道:複線
 竣工:1964年(S39)



>>>後書き<<<
次回はJR東海道新幹線相模川橋梁から遡上して、戸沢橋までの紹介です。

コメントがありましたら[拍手]ボタンから送って下さい、コメントは非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/31(日) 12:00:00|
  2. 相模川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (0)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
川崎市立日本民家園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。