ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-170 旧江戸川左岸 『江戸川水閘門管理橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-171 旧江戸川右岸 『江戸川大橋』(04/01 12:00)
今回は旧江戸川左岸の東京メトロ東西線江戸川第一橋梁から遡上して、江戸川水閘門管理橋までの紹介なのですが、途中で寺町に入るので寺社だらけの超長文ですよ(笑)。先ずは、東西線江戸川第一橋梁の上流側に史跡の案内板が2つ立っています、一つは「蒸気河岸」。1877年(M10)に運行された蒸気船「通運丸」の寄航場として、1894年(M27)に開設された発着場が在った場所です。時代は船から陸での交通手段へ変わりつつあり、浦安橋開通後の1944年(S19)に廃止されて「浦安蒸気河岸」の歴史を閉じます。もう一つは「浦安の渡し」。江戸末期から明治初期にかけて、現在の境川西水門付近に「堀江の渡し」が在りましたが廃止され、代わりに此の場所に1900年(M33)伝馬船による「浦安の渡し」が出来ましたが、此方も浦安橋が開通した事で役目を終えています。


浦安橋から北東600m程に新義真言宗寺院の善福寺が在るので寄ります。昔は善養寺の末寺だったそうですが、現在では紀州の根来寺に属しています。1656年(明暦2)興教大師法孫栄祐による開基で、其の後二度の火災と津波に遭い、1822年(文政5)栄澄和尚が再建しています。山号:東海山、本尊:大日如来像、所在:浦安市当代島2-6-38。行徳・浦安観音霊場三十三ヵ所の29番です。本堂前に在る宝篋印塔は1756年(宝暦6)に建てられた石塔で、内部に宝篋印陀羅尼の経文を収めた事に由来しています。


善福寺脇の道(船圦緑道)を500m程旧江戸川方向へ進みます。此の道は現在、暗渠になっていますが1973年(S48)までは船圦川でした。河口に1968年(S43)竣工の当代島水門が在りましたが現在は機能しておらず遺構として残されていますが、ローラーゲートはコンクリート板に変えられています。暗渠からの排水は船圦川排水機場で排出されています。150m程手前に当代島排水機場と排水ポンプが在ります。堤防沿いに500m程進むと此処にも水門が在ります、新井水門と新井排水機場です。浦安市には排水機場が13箇所も在りますが、自然排水出来ない0m地帯なので排水施設が無いと水没してしまうからです。




新井水門から上流200mに謎の建築物が見えます。左岸側の工場敷地から堤防を越えて、パイプが桟橋へと続いています。何だろうね?付近の会社をクグルと、三共油化工業で製造される潤滑油のパイプラインと内航輸送用の専用桟橋でした。


桟橋の横にキンクロハジロが泳いでいますが、何時見ても汗をかいた様に濡れていますね。オッ潜りましたよ、成る程、潜水して餌を捕っていたんだ。でも潜りはカイツブリみたいに上手くは無いようで、潜った付近に直ぐに浮いて来ますね(笑)。カモにユリカモメ、そしてオオバンなど水鳥が沢山います。背後からパトカーのサイレン音、振り向くと車は見えず下流から警視庁東京湾岸警察署のみやこどりが猛速度で瑞穂大橋下へと消えて行きました。前回紹介の今井橋、橋の左岸側両脇に在るのが相之川第一排水機場と相之川第二ポンプ場です。




今井橋の据付け橋北側に相之川香取神社が在ります。境内の由緒案内によると、今井の渡しの水上安全祈願の祠を建てたのが始まりで、1644年(正保1)以降に渡しの権益が江戸川区側から相之川側に移った際、権益を持っていた上今井村香取神社を分祀して創建したと云われています。祭神:経津主命、所在:市川市相之川1-26-7。


堤防に戻り700m程進むと欠真間(かけまま)三号水門と欠真間排水機場が在ります。


欠真間排水機場から南に100m、相之川日枝神社が在るので寄ります。1659年(万治2)の創建と伝えられ、社中に1757年(宝暦7)再建の記録が有ります。祭神:大山咋神、所在:市川市相之川1-2-19。




千葉県道6号市川浦安線(旧行徳通り)を300m程進むと、浄土宗寺院の源心寺です。永正年間(1504~1521年)に芝増上寺の中興観智国師が開山となり、1611年(慶長16)に創建したと云われています。山号:西光山、本尊:不動尊像、所在:市川市香取1-16-26。行徳・浦安観音霊場三十三ヵ所の25番です。




更に、350m程進むと右手に行徳香取神社の鳥居が見えます。天文年間(1532~1555年)に創建、欠真間・香取・湊・湊新田、四ヶ村の鎮守社です。祭神:経津主命、所在:市川市香取1-9-23。




旧行徳通りを300m程進むと、浄土宗寺院の善照寺の山門が右手に見えます。覚誉潮随上人が開山、青山四郎兵衛正貞が開基となり、1625年(寛永2)の創建と云われています。山門の左脇に釈迦の悟りを五つの智慧に分けて表わしたという、1658年(万治1)建立の五智如来石仏が在ります。鐘楼の鐘は撞座が4つ有る特殊な造りで、人間国宝、香取正彦の作だそうです。山号:青暘山、院号:慧日院、本尊:阿弥陀如来像、所在:市川市湊18-20。行徳・浦安観音霊場三十三ヵ所の24番です。


70m先に真言宗豊山派寺院の圓明院が在ります。覚巌和尚が1560年(永禄3)に創建したと云われいます。山門は行徳地区に存在する最も古い物で、1738年(天文3)の建立。明治中期に茅葺から瓦葺に葺き替えられ、1992年(H4)には解体大修繕されています。山号:水奏山、所在:市川市湊11-21。行徳・浦安観音霊場三十三ヵ所の23番です。


圓明院から150m程進み、行徳駅前通りと交わる押切信号交差点を左折して堤防迄進むと、鳥居と小さな祠が在ります、湊水神宮です。創建年代等は不詳ですが、古くから地元漁師の人々に豊漁、海難除けの神を祀った神宮です。祭神:水神、所在:市川市湊1。隣に押切水門と押切排水機場が見えます。


先程の押切信号交差点を逆方向に80mほど進むと押切稲荷神社が在ります。創建は不詳ですが、現本尊は350年程前に鎮座していた古い造りと云われています。祭神:宇迦之御魂神、所在:市川市押切6-6。鳥居は1873年(M6)の建立。境内の御神木は幹周り:6.5m、高さ:20mの市指定保存樹木の銀杏です。




旧行徳通りに戻り300m程進むと伊勢宿豊受神社が在ります。創建は不詳、神明社として創建され、後に豊受神社に改称したと云われています。祭神:面足命、所在:市川市伊勢宿6-11。境内社:弁財天稲荷祠。鳥居は1819年(文政2)の古い造りです。




伊勢宿豊受神社の北東100mに新義真言宗寺院の徳蔵寺が在ります。1575年(天正3)に小岩善養寺の末寺として創建されています。山号:関東山、本尊:如意輪観世音菩薩像、所在:市川市関ヶ島8-10。行徳・浦安観音霊場三十三ヵ所の19番です。


徳蔵寺の北80mに関ヶ島胡録神社が在ります。安土桃山時代の1575年(天正3)の創建で、かつては胡録天神と呼ばれていました。祭神:面足命、所在:市川市関ヶ島5-13。鳥居は2000年(12)の奉納。




胡録神社から旧江戸川へ100m戻ると、高さ4.31mの石造り常夜燈が建っています。昔はもっと川縁に在りましたが、1970年(S45)の堤防拡張工事により移動しています。此の常夜燈は、江戸日本橋西河岸と蔵屋敷の講中(講をつくって寺社に参詣する人々)が航路安全を祈願して成田山に奉納したもので1812年(文化9)の建立、市川市の有形文化財に指定されています。行徳は古くから塩の産地で江戸へ航路で運んでいましたが、やがて此の航路は人や物資の輸送にも使われるようになり、1632年(寛永9)に航路の独占権を得た行徳村は船着場を造り、其処を新河岸と呼んでいました。


旧行徳通りに戻ると、当時の旅人が船を待つ間の一休みで繁盛していたと云われている、うどん屋「笹屋」の建物が通りの東面に在ります、1854年(安政1)に建てられた家で展示保存されています。所在:市川市本行徳36-17。更に30m程進むと左手に明治時代に建てられた近代和風住宅も在ります。桁行12m、梁間7.3mの木造平屋、唐破風造り玄関、銅板葺き庇、模様ガラス戸などが見られる主屋とフランス積みのレンガ塀が文化庁の有形文化財に登録されています。所在:市川市本行徳33-7。


此の付近は江戸川放水路右岸Sceneで、寺町云々と書いた場所でもあり神社仏閣だらけですね。後5社程で終わりますので、ご辛抱を...
70m程先右手に神明社の鳥居が見えます。創建は不詳、祭神:豊受大神、所在:市川市本行徳32-23付近。鳥居は2000年(H12)の奉納、狛犬は江戸中と呼ばれる初期の形で1805年(文化2)の建立の刻が有ります。




神明社から通りを挟んで東100mに日蓮宗寺院の本久寺が在ります。中山法華経寺の末寺で、室町時代末期の1572年(元亀3)中山法華経寺第13世瑞雲院日暁上人の弟子、本乗院日能上人によって開山されたと云われています。山号:照徳山、本尊:一塔両尊(題目塔と釈迦・多宝如来像)、所在:市川市本行徳24-18。本久寺から北西200mに行徳水門が在るので旧江戸川に戻ります。




先程の寺町方向に戻り、本久寺の北50m程に在るのが日蓮宗寺院の正讃寺で、日乗上人が1575年(天正3)に創建した弘法寺の末寺です。山号:法順山、本尊:釈迦如来像、所在:市川市本行徳23-29。


北隣に浄土宗寺院の浄閑寺が在ります。港区芝増上寺の末寺であり、1626年(寛永3)に日蓮社鎮誉一公上人による開基です。本尊:阿弥陀仏如来像、所在:市川市本行徳23-34。行徳・浦安観音霊場三十三ヵ所の15番です。


浄閑寺の北隣に在るのが日蓮宗寺院の圓頓寺です。1584年(天正12)日円上人により開基されています。山号:海近山、本尊:釈迦如来像、多宝如来像、日蓮上人像、所在:市川市本行徳16-20。


此の辺で寺町とサヨナラして旧江戸川沿いに遡上します。本行徳水門から700m程進むと、赤ゲート、赤い屋根の古びた水門が在ります、河原水門です。手前に小さなゲートが在り、珍しく銘板が付いていて、江戸川左岸流域下水道放流水吐口と記載されています。中間の黒いパイプは川原排水機場からの排水管ですね。河原水門の機能はググリましたが不明、水門内は船溜まりになっていました。船溜まりの端に小さな水門が見えますが此れも意味不明です。周りに河津桜が満開です。




船溜まり裏の小道と江戸川放水路の堤防路を600m程進むと、今回終着地点の『#15江戸川水閘門管理橋』で、水門と閘門を併設した施設なので水閘門と呼ばれています。1936年(S11)に建設が始まり、1943年(S18)に完成している都内最古の水門で、江戸川本流域が増水した時に旧江戸川への分派と、高潮・渇水時季の水位調節等を行ないます。水門形式:鋼製ローラーゲート、径間:10m×5連、門扉高さ:5m。







 名称:江戸川水門管理橋
 構造種別:5径間PC箱桁
 河口からの距離:9.3km
 橋の長さ:約70m
 有効幅員:約3.5m
 完成:1943年(S18)



右岸側に閘門が設置されています。閘室長さ100m、幅16mの前後に径間11m、高さ6.5mの閘門ゲートが設置されていて、水位の異なる区間を船が往来出来るようにする構造です。旧江戸川から本流に航行する場合には、閘室内に船を入れて下流ゲートを閉じ、上流ゲートから徐々に本流水位と同じになるまで流量調節し、上流ゲートから船を出します。下る場合には逆の手順で開閉されます。江戸川閘門脇には桜並木が在り、後1週間程で満開ですね。





 名称:江戸川閘門管理橋
 構造種別:1径間PC箱桁
 河口からの距離:9.3km
 橋の長さ:約26m
 有効幅員:約3.5m
 完成:1943年(S18)



>>>後書き<<<
今回分は寺町に入った関係で超長文になりましたが、最後まで御覧戴きありがとうございました。写真のアップロード、貼り付けだけで1時間も掛かってしまいました(笑)。次回は旧江戸川右岸の今井橋から遡上して、江戸川大橋までを紹介します。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/28(土) 12:00:00|
  2. 江戸川

Spot-23 府中 『郷土の森博物館の梅林』


This best shot


次回アップ予定:Scene-170 旧江戸川左岸 『江戸川水閘門管理橋』(03/28 12:00)
先週は20℃超えが1週間程続き、愈々春到来と思いきや又寒さが、ぶり返していますね(寒)。東京は染井吉野が昨日開花しましたが、見頃は週末頃になるのかな?昨年は河津桜を紹介しましたが、今回はSpotで梅林、カタクリの花などを紹介します。場所は、自宅から5km程の府中市郷土の森博物館。博物館と云う名前が付いていますが、プラネタリウム、復元建築物などの他にロウバイ、梅、山野草などの自然、約14万平方米の敷地を残したフィールドミュージアムで、多摩川遡上のScene-22多摩川左岸 新関戸橋で『まいまいず井戸』を紹介した場所です。
郷土の森博物館の東手前200mに府中市郷土の森公園が在り、各種の桜が植えられています。今の時季は早咲きの河津桜と寒桜が満開をやや過ぎた状態ですが、未だ見頃でした。




都内に在る梅林と云う事もあり、おばちゃまや学生で結構賑わっています。入場料は大人200円、休館日:月曜、所在:府中市南町6-32。入口から左手に古民家が並んでいます、代表的な建物を抜粋して紹介します。■旧田中家住宅:甲州街道府中宿を代表する商家を復元、表蔵などの5棟の土蔵を備える風格ある建物。■旧島田家住宅:1888年(M21)創建の蔵造り。■旧府中町役場:1921年(T10)に完成した洋風の町役場。都指定の有形文化財。■旧府中郵便取扱所:1872年(M5)から22年間郵便局として使用された旧矢島家住宅。■旧河内家住宅:創建は江戸時代後期で、養蚕が盛んだった明治後期の巣が出復元された畑作農家。府中指定の有形文化財。




浅間山(山野草)の麓にカタクリ(片栗)が咲いています。ぶらっと遡上でもカタクリの群生地は何箇所も近くに寄っていますが、開花時期がずれていて中々開花は御目に掛かれませんでした。此処の浅間山は、旨い具合にタイミングピッタシの最盛期でした。ユリ科の多年草で、頭を垂れる姿が健気で可愛いね。




他にも春の兆しを告げる花が沢山顔を出しています。雪割草、15mm程の小さな花なので少し大きいサムネイルで載せます。知らない花の名前は色、特徴などでクグルと大体判るのですが、レンテンローズは自信有りません。クリスマスローズに似ているけど、咲く時期が今なのでレンテンローズ?で紹介します。菜の花、ユキヤナギは、此れからですね。








西側に、やすらぎの池が在り、マガモが安らいでいます。マガモはカルガモに比べて警戒心が強く、レンズを向けると遠ざかるのですが、此処のマガモは人に慣れていて逃げませんね。チラチラと此方を見て、餌をくれる人かチェックしています。




雑木林の下で何かが動いています。枯葉と同じ迷彩柄で判り難いね。望遠で拡大すると頭がベッカムヘアーでヒバリ?いいえ、横顔が違います。ホオジロですね。地面の枯葉を退かして、落ちている木の実を探しています。




最後に梅林を紹介します。敷地内には、早咲きから遅咲きまで約60種、1100本の梅が植えられていますが、何が何処に在るのかサッパリ判りませんね。取り敢えず、片っ端から撮影開始です(笑い)。先ずは、淡い桃色の八重咲きの藤牡丹枝垂れ、見事な大きさです。木には梅の種類が判るプレートが付いていますが、一重、八重、白に桃、紅色などの違いは判りますが、他は皆同じ梅に見えますね(笑)。塒出錦は「とやでにしき」と読むんですね。








梅林には白加賀が多いですね。開花後に大きな実を付けるので、梅酒や梅干しに使えるそうです。臥龍梅は伊達政宗が朝鮮から持ち帰った「朝鮮ウメ」の子孫です。花香実は中国が原産で実は中果で、梅干しや梅酒などにも適しています。月影は遅咲きで甘い香りが漂い、今が見頃です。月影枝垂は文字通り、月影の枝垂れ品種です。










>>>後書き<<<
ブログスペースが余ったので、久し振りに料理の穴埋めです。先ずは、烏賊の大蒜味噌炒め。玉葱と水菜、烏賊の輪切りを炒めて、大蒜の味噌漬けで味付け、最後にプチトマトを混ぜて完成。残った烏賊炒めはパスタに混ぜ、彩にプチトマト、絹サヤ、水菜をトッピングです。続いて丼シリーズPartⅡ(洗い物が少なく簡単な丼物が多いためシリーズ化しました、笑!)、最初は牡蠣フライの玉子とじ丼。玉葱スライスと牡蠣フライを蕎麦つゆで煮て、とじるだけで簡単に出来て美味しいですよ。


お勧めは獅子唐豚丼、塩胡椒で豚バラをカリカリに炒めてから獅子唐を追加して炒め、御飯に乗せて大蒜味噌漬けとポン酢大根おろしをトッピング、サッパリとした味で美味ですよ。すき屋の牛丼が並んでいたので試食、味は店と変わらず美味しいけど、茶碗サイズなので量が少ないね(笑)。麻婆豆腐を食べようと思ったら豆腐がミニしか無かったので、麻婆豆腐の素を半分で作り、量増しでパセリ入り炒り卵を追加。混ぜて食べると辛さがマイルドになり御飯に合います。刺身のブリが残ったのでフライパンで焼き、御飯にカイワレを敷いて乗せてから、片栗粉でトロミを付けたポン酢とモズクを乗せて完成、モズクと合いますね。次は焼鯖丼。細切り葱を胡麻油で炒め、ほぐした焼鯖、大根おろしを御飯に乗せて梅紫蘇酢を掛けて戴きます。最後は天丼、冷凍保存してあったので、麺汁で解凍していたら分解してしまったので、卵でとじました(笑)。




今の時季は梅が最盛期で、都内では青梅の吉野梅郷が有名でしたが、昨年、植物防疫法の法令検疫対象のプラムポックスウイルスの感染により園内の梅1266本が全て伐採されてしまいました。なので、近くの府中郷土の森博物館の梅林で代用しました。桜も梅も青空の下で観るのが最高です、空の青さに花の色が映えて絵に成りますね。
次回は通常Sceneに戻り、旧江戸川左岸の東京メトロ東西線江戸川第一橋梁から遡上して、江戸川水閘門管理橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/24(火) 12:00:00|
  2. 府中郷土の森博物館

Scene-169 旧江戸川右岸 『浦安橋、今井橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Spot-23 府中 『郷土の森博物館の梅林』(03/24 12:00)
今回は旧江戸川右岸河口から遡上して、浦安橋、今井橋までの紹介です。右岸側河口の最寄り駅はJR京葉線の葛西臨海公園駅です、荒川左岸河口探索の時に来た駅ですね。駅前通りを1km東に進むと旧江戸川に出ますが、此処もカミソリ堤防で外からの高さは低い所で2.5m程、1脚にカメラを付けて覗いても堤防が邪魔で絵に成りませんね。


前回紹介した舞浜大橋(上流側)を潜ると、此処からスーパー堤防に変わり護岸内側にも遊歩道が在ります。後ろを振り返ると、河口のカミソリ堤防の裏側に入れる道が続いているので入ります。河口堤防の裏側は波返しも付いて7m程の高さで聳えていますね、前回紹介の河口橋梁右岸下流からの絵は此処からの絵です。橋の下に毛むくじゃらの鳥が泳いでいます、初登場のハジロカイツブリです。潜水して餌を採るのが上手く、一回潜ると何処に浮いて来るのか見当が付きません。更に河口先まで行けそうですが、足場が悪いのでUターンです。




右岸下流付近はニュータウンや住宅街が続き見処が無いので、前回紹介のメトロ東西線江戸川第一橋梁までの2.5kmをスルーします。東西線江戸川第一橋梁から200m上流に『#13浦安橋』が架かっています。旧江戸川左岸の浦安市当代島、猫実と右岸の江戸川区東葛西とを結び都道・千葉県道10号東京浦安線が通ります。橋の下から上流方向に長さ800m、幅200m程の中洲(妙見島)が浮かんでいますが此の付近は堤防が無ければ水没してしまう海抜ゼロメートル地帯です。初代の橋は1940年(S15)に架橋されました。





 名称:浦安橋
 構造種別:2径間鈑桁
 河口からの距離:3.4km
 橋の長さ:約100m
 有効幅員:約8~11 m
 竣工:1981年(S56)



浦安橋の据付け橋から見える旧江戸川右岸側もカミソリ堤防が延々と続いています。北西200m程に日蓮宗寺院の善徳寺が在ります。創建、本尊は不詳、日延上人の開山により創建したと云われています。山号:長島山、所在:江戸川区東葛西3-9-17。




善徳寺山門から北170m程に浄土宗寺院の清光寺が在るので寄ります。境内の由緒案内によると、徳誉法印が1502年(文亀2)に開山したと云われています。山号:一向山、院号:無量院、本尊:木造阿弥陀三尊立像、所在:江戸川区東葛西3-3-16。


清光寺の西100mに茂呂香取神社が在ります。創建年代は不詳ですが、もと別当寺の自性院が神宮寺と号し400年以上の古社と云われています。かつては茂呂神社と称し、長島村の鎮守でした。祭神:経津主命、所在:江戸川区東葛西2-34-20。境内社:八雲神社(狛犬は1971年(S46)奉納)、諏訪神社。




西隣に在るのが真言宗豊山派寺院の東善寺です。境内の由緒案内によると、1152年(創仁平2)空円上人が開山、1411年(応永18)頼重上人が中興したと云われています。山号:医王山、院号:応心院、本尊:木造薬師如来坐像、所在:江戸川区東葛西2-29-21。本堂前の大銀杏、傾いでいるのが気になりますね。


東善寺から北東200mに下今井香取神社が在ります。創建年代は不詳、境の宮とも称し、下今井の総鎮守だったと云われています。祭神:経津主命、所在:江戸川区東葛西1-45-29。入口の鳥居は1995年(H7)の奉納です。


香取神社から東に140mの旧江戸川に戻ると、堤防脇に遊歩道が造られている個所も在るので此方で進みます。堤防裏にも遊歩道が在りますね、200m程進むと右側に見えていた妙見島も終わりです。


旧江戸川の流れは緩やかで、水鳥も何種類か浮かんでいますね。堤防の柵にツグミが止まっていましたが、餌を咥えた絵面で食事中の人もいるのでモザイク処理です(笑)。更に堤防裏の遊歩道も100m程進むと運河(新川)で行き止まりです。新川は徳川家康が入府後、行徳の塩を江戸に運ぶ為の輸送路として開削された運河で、江戸川と中川を結んでいましたが現在は運河としての機能は無くなり、旧江戸川とも中川とも分断された親水路になっています。新川河口に新川東水門(形式:鋼製ローラーゲート、径間:11m×2連、扉高:7.5m、竣工:1965年(S40))が在りますが此れも現在機能しておらず、奥の新川東樋門から新川東水門内は船溜まりになっています。40mバックして堤防脇の遊歩道に戻り、新川口橋を渡り遡上再開です。




新川口橋から都道450号線で150m程進むと、地図に載っていない鳥居が見えます。住所からググルと下今井稲荷神社です。1707年(宝永4)に下今井香取神社の摂社として創建されたと云われています。祭神:豊受姫神、所在:江戸川区江戸川5-28-2。入口の鳥居は1832年(天保3年)の古い刻が有ります。


旧江戸川沿いの都道450号線を300mほど進むと下今井熊野神社が在ります。1707年(宝永4)に下今井村の鎮守として下今井稲荷神社、下今井香取神社と共に創建されたと云われています。祭神:伊佐奈美神、所在:江戸川区江戸川5-7-6。鳥居は2004年(H16)、狛犬は1938年(S13)の奉納です。境内社:水神社。




下今井熊野神社から北西200mに真言宗豊山派寺院の真福寺が在ります。境内の由緒案内によると、1451年(宝徳3)に乗善法印が開山し、後に覚誉上人による中興と云われています。山号:覚王山、院号:不動院、本尊:不動明王像、所在:江戸川区江戸川4-23-8。


真福寺の西隣に在るのが浄土宗寺院の西光寺です。1532年(天文1)に常蓮社西誉報阿元光上人が開山したと云われています。山号:常報山、院号:阿弥陀院、本尊:木造阿弥陀如来像、所在:江戸川区江戸川4-24-8。


旧江戸川沿いに戻り200m程先に右岸側から新中川(流路延長7.84 km)が流入していて、旧江戸川は東側に大きく曲がり、新中川に架かる瑞穂大橋(3径間連続箱桁、長さ373m、竣工:2011年(H23))を渡ります。瑞穂大橋の上流100m程に見える7連の水門は、今井水門(形式:鋼製ローラーゲート、径間:14.5m×7連、扉高:9.46m、竣工:1962年(S37))の防潮水門です。




瑞穂大橋を渡って300m先に見える橋が今回終着地点の『#14今井橋』で、旧江戸川左岸の市川市相之川、広尾と右岸の江戸川区江戸川とを結び、都道・千葉県道50号東京市川線が通ります。橋の上流でセグロカモメが弱った鯉を見付けて独り占めしています、眼つき荒くて悪そうな奴ですね。


初代の架橋は1912年(T1)の木造橋(下江戸川橋)であり、架橋前は今井の渡しが渡河手段でした。其の後、1951年(S26)にコンクリート製の橋が架けられ、1979年(S54)には50m程下流に現在の橋が架けられました。古い橋は歩道橋として残す案も有りましたが、以前から橋脚の間隔が狭く航行する船が衝突する事故が多かった為、撤去されました。現在の橋から上流右手方向に、かつての橋脚の跡が見られます。





 名称:今井橋
 構造種別:4径間鈑桁
 河口からの距離:5.4km
 橋の長さ:約186m
 有効幅員:約20~32m
 竣工:1979年(S54)



>>>後書き<<<
次回はSpot紹介で、近くの『府中郷土の森博物館』に梅などを見に行って来ましたので、其の紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/20(金) 12:00:00|
  2. 江戸川

Scene-168 旧江戸川左岸 『京葉線江戸川第一橋梁、舞浜大橋、首都高速湾岸線第一江戸川橋、東京メトロ東西線江戸川第一橋梁』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-169 旧江戸川右岸 『浦安橋、今井橋』(03/20 12:00)
今回から場所を江戸川放水路河口から南西方向8km程の旧江戸川に移動し左岸河口から遡上して、京葉線江戸川第一橋梁、舞浜大橋、首都高速湾岸線第一江戸川橋、東京メトロ東西線江戸川第一橋梁までを紹介します。旧江戸川左岸河口の最寄り駅はJR京葉線舞浜駅、天気予報が無風快晴の日を選んだので久し振りの土曜日遡上なのですが雲が半分程掛かり、天気予報ハズレです。駅前は休日の人も多く、千葉のネズミーランド、別名 東京ディズニーランドへ行く人で一杯ですね。普通は遡上中の見処として紹介するのですが、遊園地系は興味が無いのでパスします(笑)。


駅から西へ600m程で旧江戸川の左岸側河口に到着しましたが、アッチャ~高さ2m位のカミソリ堤防で視界が遮られています。堤防の下まで行ければ1脚を伸ばして何とか撮れるのですが、手前に金網柵も在りギブアップ!です。下流方向からの絵は対岸からは撮れそうなので其方に廻ります。


最河口に架かるのが『#09京葉線江戸川第一橋梁』で、旧江戸川左岸の浦安市舞浜と右岸の江戸川区南葛西、臨海町との間に架かり、JR京葉線が通ります。左岸側の舞浜駅と右岸側の葛西臨海公園駅との間に位置します。京葉線は1988年(S63)に新木場駅から南船橋駅間が開業しており、此の橋梁は京葉線江戸川第二橋梁と同時期に架橋されています。





 名称:京葉線江戸川第一橋梁
 構造種別:7径間下路ワーレントラス
 河口からの距離:0.1km
 橋の長さ:546m
 軌道:複線
 完成:1985年(S60)



京葉線の直ぐ上流に架かるのが『#10舞浜大橋』で、東京湾岸道路(国道357号)が通ります。江戸川放水路に架かっていた市川大橋と同様に間に首都高速湾岸線第一江戸川橋を挟んで、下流側が東京方面行き、上流側が千葉方面行きです。





 名称:舞浜大橋
 構造種別:8径間連続鈑桁
 河口からの距離:0.1km
 橋の長さ:約578m
 有効幅員:14m
 完成:下流側1990年(H2)、上流側1982年(S57)



舞浜大橋の間に架かるのが『#11首都高速湾岸線第一江戸川橋』です。隣の舞浜大橋から絵が撮れそうですが、歩道が首都高と反対側に在る為、撮れましぇ~ん(悲)。なので、右岸側橋下からの暗い絵ばっかです。



 名称:首都高速湾岸線第一江戸川橋
 構造種別:8径間連続箱桁
 河口からの距離:0.1km
 橋の長さ:約643m
 有効幅員:約30m
 完成:1989年(H1)



左岸側に戻って遡上開始、河口近くはカミソリ堤防でしたが河口から200m程でスーパー堤防に変わっています。良いね、川の水面が見えないと遡上している雰囲気が出ませんよね。河川敷に降りると鋲タイプの距離標みっけ!旧江戸川の距離標識は此のタイプなのかな?探すのが大変だな。


江戸川を漁船が一緒に遡上しています、ん~絵面が変だね。船外機に曳航されています、ガス欠かエンジントラブル?ですかね。900m程進んで、舞浜地区埋立ての際に川として残された人工河川、見明(みあけ)川に架かる堀江橋(56m)を渡ります。堀江橋から上流は再びカミソリ堤防が続いていますね、昔からの民家が道路脇まで迫っているのでスーパー堤防に変更するのは難しいよね。


カミソリ堤防沿いに400m程進むと横引き式の陸閘(径間7m、扉高3m)が在りました、堤防内の高潮対策工事で車両が中に入る為のゲートに使われている模様です。此の先600mの区間に1998年(H10)~2003年(H15)に出来た陸閘が計3箇所在ります。


更に200m程進むと堀江排水機場と堀江排水樋管が在ります、市内の雑排水雨水の排出用の施設ですね。150m先には小さな漁港が見えます、堀江ドックです。かつては漁港町として栄えていた場所でしたが、浦安沖がTDL用に埋め立てられてから衰退したそうで、小さなアサリ漁船が多数隻係留されていますね。


堀江ドックから南東300mに清瀧弁財天が在るので寄ります。境内の由緒案内によると、1911年(M44)に白蛇が現れ、行者に伺うと弁財天の使い姫であるとのお告げから、祠を建てて弁財天を祀ったとの事です。其の後、高潮による流失や地盤沈下による水没などを経て、1980年(S55)に現在の社殿等が再建されています。所在:浦安市堀江5-6-17。


弁財天から北東700m程、境川に架かる江川橋を渡った先100mに猫実(ねこざね)の豊受神社が在ります。珍しい地名ですね。鎌倉時代に津波被害を受けた集落の人々が豊受神社付近に堤防を築き、松を植えて此の松の根に波浪が越さないように「根越さね」と願い、其れが「猫実」と称されるようになったと言われています。創建は1157年(保元2)と云われ浦安市で最古の神社になります。祭神:豊受姫大神、所在:浦安市猫実3-13-1。境内の御神木の大銀杏は樹齢400年近くで、浦安市の天然記念物に指定されています。






豊受神社の西隣に新義真言宗の花蔵(けぞう)院が在ります。1293年(永仁1)の大津波で堂宇、記録など流失し創建は不詳。1577年(天正5)に当時中興の開祖賢融和尚によって再興されています。山号:海照山、本尊:大日如来像、所在:浦安市猫実3-10-3。


境川を挟んで100m先に真言宗豊山派寺院の東学寺が在ります。永禄年間(1558年~1569年)に常誉法印による開基です。山号:医王山、本尊:亀乗薬師如来像、所在:浦安市堀江2-4-27。西隣に在るのが日蓮宗寺院の正福寺です。中山の法華経寺の末寺として、1593年(文禄2)に十乗院日詠律師により開山。山号:説江山、本尊:釈尊一塔両尊四菩薩像、所在:浦安市堀江2-6-35。




東学寺と正福寺前の道は堀江のフラワー通りと呼ばれ、道筋に古民家が点在しています。正福寺山門前から80m進むと右手に白壁の洋風建築が見えます。1929年(S4)に浦安で最初に建てられた洋風建築物で、医院でした(所在:浦安市堀江3-1-8)。150m進むと右手に旧大塚家住宅の案内板が在り、細道を入って行くと江戸時代末期に建てられた、茅葺の古民家が見られます(所在:浦安市堀江3-3-1)。更に50m進むと右側に1870年(M2)建築の旧宇田川家住宅が見えます。建築年代がはっきりと判る建物としては市内最古の民家です(所在:浦安市堀江3-4-8)。


60m程進み、大通りに出ると道路の反対側に清瀧神社の明神鳥居が見えます。創建は不詳ですが、1196年(建久7)の創建と伝えられています。祭神:大綿津見神、所在:浦安市堀江4-1-5。入口の鳥居は2012年(H24)の奉納です。境内に珍しい物が在ります、堀江水準標石です。江戸川や利根川水位の基準点として設置されたもので、明治政府は1872年(M5)オランダから水工技師団を招き、其の内の一人、リンドが河川計画作成の為の第一歩として堀江から水準測量を始め、此の堀江水準標石を設置しており、土木学会選奨土木遺産として展示保存されています。




北隣に浄土宗寺院の大蓮寺が在ります。芝増上寺の末寺で、1544年(天文13)に小田原の覚誉存栄上人によって建てられたお寺です。昔、境川のお堂に、行基大僧正という名僧が彫られた勢至菩薩像が祀られていて、其の見事さに覚誉上人が惹かれ、此の勢至菩薩像を守る為に、大蓮寺を創建したと云われています。山号:光緑山、本尊:勢至菩薩像、所在:浦安市堀江4-14-2。浦安市で鐘楼堂が在るのは此のお寺だけで、1734年(享保19)に建立されましたが、梵鐘は戦時中の金属供出運動によって潰され、其の後1951年(S26)に鋳造された物です。黒塗りの裏門は、江戸黒田藩の馬検所の門を拝領した物で、300年以上の歴史ある建築物です。




大蓮寺から西300m程の旧江戸川に戻ると、今回終着地点の『#12東京メトロ東西線江戸川第一橋梁』が架かっています。橋の手前には先程の堀江水準標石に関する記念碑が在ります。日蘭交流400年に当たる2009年(H21)に、オランダ政府が近代測量の基礎を成したリンド技師の功績を称えて建てたものです。碑の先に境川西水門(完成1966年(S41))が見えます、高潮により旧江戸川から境川への流入を防止する水門です。1973年(S48)には副水門も建造され、現在は二重水門になっています。


東京メトロ東西線江戸川第一橋梁は、旧江戸川左岸の浦安市猫実と右岸の江戸川区東葛西との間に架かり、東西線の浦安駅と葛西駅との間に位置しています。1969年(S44)3月に東陽町~西船橋間が開業しており、江戸川放水路に架かる第二橋梁と同時期の架橋と推定します。





 名称:東京メトロ東西線江戸川第一橋梁
 構造種別:1径間下路ランガートラス
 河口からの距離:3.2km
 橋の長さ:約145m
 軌道:複線
 完成:1968年(S43)推定



>>>後書き<<<
次回は旧江戸川右岸河口から遡上して、浦安橋、今井橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/16(月) 12:00:00|
  2. 江戸川

Scene-167 江戸川放水路右岸 『江戸川放水路送水管橋、新行徳橋、行徳橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-168旧江戸川左岸 『京葉線江戸川第一橋梁、舞浜大橋、首都高速湾岸線第一江戸川橋、東京メトロ東西線江戸川第一橋梁』(03/16 12:00)
今回は江戸川放水路の右岸河口から遡上して、江戸川放水路送水管橋、新行徳橋、行徳橋までの紹介で、右岸河口は工場地帯なのでスルーして市川大橋上流から遡上します。河口土手にオオバンが沢山いますね、陸上に居るのは初めて見ましたが水かきが、木の葉状の弁膜の様な弁足なんですね。近づいてパチリ、チョット近づき過ぎたのか一斉にバシャバシャと逃げましたが、此方も負けじとバシャバシャと撮りました(笑)。オナガガモも多いね、浅羽のタコ部屋に密集しているのやら、桟橋の一戸建てに居るのやら様々です。




右岸側も綺麗な遊歩道が続いていて、距離ポストも立っていて距離計算が楽で嬉しいね。1kmPost先に内陸の雑排雨水排出用の妙典排水樋管(竣工:1994年(H6))が在ります。500m程先に9径間622.5mで右岸市川市妙典~左岸市川市高谷に架橋工事中の妙典橋(仮称)が見えます、今年中に完成予定との事です。




堤防遊歩道脇に車両基地が見えます。深川検車区行徳分室で、メトロ東西線用車両の列車検査と営業線対応がなされる基地で車両留置能力は130両です。


前回紹介の水管橋とメトロ東西線橋梁を過ぎて、500m程進むと逆三弦トラスの水管橋が架かっています、橋梁銘版には江戸川放水路水管橋となっていますが、下流の水管橋と同じ銘版名称なので此方は送水管橋として『#06江戸川放水路送水管橋』で紹介します。江戸川放水路左岸の市川市田尻と右岸の市川市妙典との間に架かり、北千葉上水場から松戸給水場経由で、此の送水管橋を通って右岸の妙典給水場へ送られている模様です。





 名称:江戸川放水路送水管橋
 構造種別:8径間逆三弦トラス
 河口からの距離:2.7km
 橋の長さ:415m
 有効幅員:3.8m
 竣工:1966年(S41)



送水管橋の下に白いゴミが沢山浮いているね、と思ったらユリカモメです。其の数、ざっと1000羽の大群で此れだけ集まるとヒチコックのThe Birdsを思い出し、怖いね。送水管橋の上にも止まっています、上からの爆弾に注意しながらダッシュで橋下を潜りました(笑)。


送水管橋の末端前の道路を南西に200m程進むと日蓮宗寺院の妙好寺が在ります。戦国時代の1565年(永禄8)千葉氏一族の篠田雅楽助清久が創建し、中山法華経寺の日宣上人を迎えて開山されたとの事です。入口の山門は木造切妻茅葺の和様四足門で、江戸中期の特色を示しており市川市の重要有形文化財に指定されています。山号:妙栄山、本尊:曼荼羅、所在:市川市妙典1-11-10。南隣に八幡神社が在りますが、元は妙好寺管理の社で、神社に残る棟板によると、1709年(宝永6)八幡宮造営の記録が残っています。狛犬は1968年(S43)の奉納。




妙好寺前の通りを200m程進むと、日蓮宗寺院の清壽寺が在ります。1597年(慶長2)に荘蔵律師日聞上人により開山、1695年(元禄8)に日蓮宗に改宗。山号:顕本山、所在:市川市妙典3-6-12。南隣に春日神社が見えます、創建年代は不詳ですが、境内灯篭に1670年(寛文10)の銘が有るので江戸時代中期以前の創建ですね。祭神:天児屋根命。同じ番地内に在るので清壽寺が別当だったのかも?鳥居は1992年(H4)の奉納です。




清壽寺の西150mに浄土宗寺院の徳願寺が在ります。埼玉県鴻ノ巣の勝願寺の末寺で、1600年(慶長5)普光院として創建されたのに始まり、1610年(慶長10)聡蓮社円誉不残上人が新しく堂宇を建て寺名も徳川家康の帰依により、徳川の徳と、勝願寺の願をとって徳願寺と命名されています。山門と鐘楼は1775年(安永4)の建立で市川市の文化財に指定。山門の仁王像は、葛飾八幡宮の別当寺であった法漸寺から移したものです。山号:海巌山、院号:普光院、本尊:阿弥陀如来像、所在:市川市本行徳5-22。行徳・浦安三十三観音の第一番です。




徳願寺から西100mに日蓮宗寺院の妙應寺と妙頂寺が隣り合って在ります。妙應寺は1559年(永禄2)日忍上人の創建。山号:正国山、所在:市川市本行徳2-18。妙頂寺は1278年(弘安1)日妙上人により創建、1561年(永禄4)に日忍上人により現在地に移されています。山号:真光山、所在:市川市本行徳2-8。


道路の反対側にも寺院が沢山見え、地図でざっと眺めても旧江戸川沿いに30社は並んで居ます。昔、戦国時代に金海法師と云う山伏が土地の開発と人々の教化に勤め、「徳」が高く、「行」が正しかった事から「行徳様」と崇められたと伝えられていて、其の後「行徳」と云う地名となり戸数千軒、寺百軒の寺町として発展、一方「妙典」と云う地名も法華経の経典が日蓮の唱えた「南無妙法蓮華経」の如く、妙なる経典であると云う所から付いた地名との事です。なので、此のまま行くとキリが無いので、道を1本ずらして寺社を紹介しながら江戸川放水路方向に戻ります。妙應寺の西側100m程の位置に行徳神明神社が在ります。先程の金海法師により、内外両皇大神宮を勧請して神明社を建立したのが始まりと云われています。祭神:豊受大神、所在:市川市本行徳1-10。神明神社前の道を300m程進むと下新宿の稲荷神社が在ります。下新宿の鎮守社として1635年(寛永12)に創建されたと云われています。祭神:宇迦之御魂神、所在:市川市下新宿2-6。




更に200m進むと河原の春日神社が在ります。1527年(大永7)の創建と云われ、江戸川放水路の工事に伴い1914年(T3)現在地に遷座されています。祭神:天児屋根命、所在:市川市河原6-20。


春日神社から150m程で江戸川放水路にやっと戻れました、と思ったら道を1本ずらして戻ったので一つ先の橋に出てしまいました。なので、200m程バックして『#07新行徳橋』を紹介します。江戸川放水路左岸の市川市稲荷木、田尻と右岸の市川市妙典、河原とを結び、千葉県道6号市川浦安線のバイパス有料道路として完成、1993年(H5)に無料化されています。





 名称:新行徳橋
 構造種別:3径間連続箱桁×2連
 河口からの距離:3km
 橋の長さ:418.5m
 有効幅員:18.8m
 竣工:1972年(S47)



橋の下には干潟が広がっていて、アオサギが此の付近で採れるハゼ狙いですかね?隠れ宿の葦原も在ります。下流側にはたくさんの釣船屋が並んでいますね、桟橋は足場組立用の直交クランプで組んで板を渡した簡易的な奴が在り、出来た時は平らだったんだろうけど今では芸術的に歪んでいて、渡るのが怖いね(笑)!


200m上流に架かるのが今回終着地点の『#08行徳橋』です。江戸川放水路左岸の市川市稲荷木と右岸の市川市河原とを結び、千葉県道6号市川浦安線の旧道が通っており、1976年(S51)に歩道拡張工事が実施されています。





 名称:行徳橋
 構造種別:18径間連続鈑桁
 河口からの距離:3.2km
 橋の長さ:422.4m
 有効幅員:6.5m
 竣工:1956年(S31)



橋の中央部に行徳可動堰が設けられていて、河口からの高潮、逆流を防止して上流域の塩害発生を防ぎ、江戸川水閘門と連動して一定水位の確保による上水道水源の供給に使用されています。形式:鋼製鋲接ローリングゲート、径間:305m×3連、門扉高さ:4.5m、1950年(S25)に着工し1957年(S32)に竣工。


>>>後書き<<<
次回は旧江戸川に移動し河口から遡上して、京葉線江戸川第一橋梁、舞浜大橋、首都高速湾岸線第一江戸川橋、東京メトロ東西線江戸川第一橋梁までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/12(木) 12:00:00|
  2. 江戸川

Scene-166 江戸川放水路左岸 『京葉線第二江戸川橋梁、市川大橋、首都高速湾岸線第二江戸川橋、江戸川放水路水管橋、東京メトロ東西線江戸川第二橋梁』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-167 江戸川放水路右岸 『江戸川放水路送水管橋、新行徳橋、行徳橋』(03/12 12:00)
「ぶらっと遡上探索」の第6弾は利根川支流の江戸川です。利根川の関宿分岐点から約50km南下して、江戸川大橋の下流で旧江戸川と江戸川放水路とに分岐します。江戸川放水路は1919年(T7)に開削されたもので、1960年(S35)の河川法改正に伴い、此の区間の名称も江戸川になりましたが依然として江戸川放水路の呼び名が使われています。従って、江戸川は関宿閘門からの本流と放水路を合わせた流れなのですが、江戸川の流路延長は旧江戸川河口からの59.5kmで表示されています、ややこしいね。江戸川と旧江戸川が地図の茶色、江戸川放水路が黒のラインです。なので、遡上順路は最初に江戸川放水路、次に旧江戸川から江戸川本流とし、今回は京葉線第二江戸川橋梁、市川大橋、首都高速湾岸線第二江戸川橋、江戸川放水路水管橋、東京メトロ東西線江戸川第二橋梁までの紹介です。


初回は河口からの遡上なので、江戸川放水路の0kmポストを探しに行く事にします。其の前に0km地点を事前に検索すると、所在は江戸川放水路左岸側で千葉県市川市上妙典1614付近です。最寄り駅はJR京葉線の二俣新町駅なので、立川駅から中央線快速で東京駅まで行き、京葉線に乗り換えて約2時間で到着です。二俣新町駅北口から駅前を左方向に道成に200m程進むと市川海岸の二俣2号水門(形式:鋼製ローラーゲート径間:6m、扉高:3.6m、竣工:1973年(S48))が在り、水門管理橋を渡り運河沿いに進みます。
運河には廃船が沢山沈んでいますね、数千万円もしたのに沈んじゃうとゴミで勿体ないよね。廃物利用で、ホシハジロやオオバンの高級ホテルと化していますね(笑)。




運河沿いを300m程進むと真間川(ままがわ:流路延長8.5km)河口に真間川水門(形式:鋼製ローラーゲート径間15.7m、扉高:8.8m×2門、竣工:1972年(S47))が在ります、防潮水門ですね。水門の管理橋と無名橋を渡ります、運河対岸港運会社の貨物船や係留された漁船など晴天の青さが運河に写る風景で絵になりますね。




運河(高谷川)に浮かぶ水鳥はオオバンが多いですね。荒川の下流域でも沢山いたので、海に近い場所が好きみたいですね。高谷川に架かる高谷橋の脇に市川市東消防署高谷出張所の消防艇「ちどり」が係留されています。総トン数:19ton、竣工:1990年(H2)で、屈折式の放水塔を装備しています。橋を渡り300m程で江戸川放水路左岸河口に到着です。海が見える所まで行き付近を見渡すと左後ろに柱が立っていますね、近づくと「江戸川放水路0km」の表記。お~!0kmポスト見っけ、判り易い場所だね。取り敢えず任務完了ですね(笑)。




左岸側は0kmPから外海まで、約1.3km埋立地が続いていますが工場地帯なので行きませんよ。対岸側も河口付近は工場地帯で入れないよね。左岸遊歩道を右に大きく曲がると、江戸川放水路河口に架かる橋梁群が見えるので順番に紹介していきます。


先ずは1番目の『#01 JR京葉線第二江戸川橋梁』です。江戸川放水路左岸の市川市上妙典と右岸の市川市本行徳との間に架かり、京葉線の二俣新町駅と市川塩浜駅との間に位置します。京葉線は1988年(S63)に新木場駅から南船橋駅間が開業していますが、此の橋梁は橋桁工事が1974年(S49)から着手して、左岸側鈑桁橋が1982年(S57)、トラス部が1985年(S60)の完成なので、西側の荒川や旧江戸川への架橋が終わった14年後の開通なんですね。因みに第一江戸川橋梁の名称は、旧江戸川に架かる橋に使用されています。





 名称:JR京葉線第二江戸川橋梁
 構造種別:6径間下路ワーレントラス
 河口からの距離:0.3km
 橋の長さ:469m+34m(左岸側鈑桁橋)
 軌道:複線
 完成:1985年(S60)



JR京葉線第二江戸川橋梁の上流側に架かるのが国道357号(湾岸道路)が通る『#02市川大橋』です。間に首都高速湾岸線第二江戸川橋を挟んで、下流側が水色塗装の東京方面行き、上流側がオレンジ色塗装で千葉方面行きです。








 名称:市川大橋
 構造種別:5径間連続箱桁
 河口からの距離:0.3km
 橋の長さ:下流側 約338m+135m(右岸鈑桁部)
 橋の長さ:上流側 約406m+73m(右岸鈑桁部)
 有効幅員:11.5m+歩道部2.5m
 竣工:下流側1978年(S53)、上流側1980年(S55)


市川大橋の間に架かるのが『#03首都高速湾岸線第二江戸川橋』です。東京外郭環状道路への接続工事中で、スッキリとした絵が撮れませんね。





 名称:首都高速湾岸線第二江戸川橋
 構造種別:3径間連続箱桁+2径間箱桁
 河口からの距離:0.3km
 橋の長さ:405.8m
 有効幅員:30.5m
 完成:1980年(S55)



江戸川放水路の堤防は河口からスーパー堤防で、遊歩道も堤防上に延々と続いています。チャリで颯爽と遡上したいところですが、下流域を通る電車は東京駅への通勤客が多くて、中流域のローカル地方に行くまでは満員電車なのでチャリの携行は無理ですね(笑)。なので、当分は徒歩による遡上になり健康的ではあるけど、毎回3万歩は超えるのでチョットきついっす。遊歩道脇に聳える白い塔は市川市クリーンセンターの焼却炉煙突で焼却能力は600ton/24H、廃熱利用した施設が手前に在るクリーンスパ&スポーツセンターで、入館料(¥200)で、温水プール(\500/2h)や温泉(¥600/2h)、スポーツジム(\500/2h)等が利用出来ます、小さな露天の天然温泉も在るそうですよ。もっと上流に在れば帰りに入れたのに、残念!所在:市川市上妙典1554。




クリーンセンターから1km程進んだ位置に架かるのが、千葉県水道局架設の『#04江戸川放水路水管橋』です。江戸川放水路左岸の市川市高谷と右岸の市川市妙典との間に架かり、利根川、印旛沼、江戸川から取水浄水された上水が左岸側の船橋給水場を経由して右岸側の妙典給水場から市川市、浦安市へ送水されています。





 名称:江戸川放水路水管橋
 構造種別:3径間パイプランガー+2径間三弦トラス(両端)
 河口からの距離:1.9km
 橋の長さ:520.4m
 有効幅員:4.5m
 付属:水道管φ1000×2条
 完成:1973年(S48)


江戸川放水路水管橋の左岸末端付近に龍神社が在ります。鹿島鳥居に似た古びた木製の鳥居、味が在りますね。創建は不詳、祭神:龍大神、所在:市川市高谷2-21-31。


龍神社から西に300m程に真言宗豊山派寺院の安養寺が在るので寄ります。1534年(天文3)の創建です。山号:海岸山、本尊:阿弥陀如来像、所在:市川市高谷2-16-35。行徳札所の十二番です。


安養寺から北100m程に常明寺が在ります。創建、宗派、本尊は不詳、山号:高光山、所在:市川市高谷2-13-16。


常明寺から西50mに大鷲神社が在ります。創建は不詳、祭神:日本武尊、所在:市川市高谷2-12-20。境内社:羽黒神社。入口の明神鳥居が1810年(文化7)の建立なので歴史ある神社です、狛犬は1956年(S31)の奉納です。


江戸川放水路に400m程戻ると、『#05東京メトロ東西線江戸川第二橋梁』が架かっています。江戸川編の初回と云う事で、5橋梁を一挙に紹介したので長文になりましたが此の橋梁で終わりにしますので、今暫くご覧下さい。江戸川第二橋梁は江戸川放水路左岸の市川市田尻と右岸の市川市妙典との間に架かり、左岸側の原木中山駅と右岸側の妙典駅との中間に位置しています。





 名称:東京メトロ東西線江戸川第二橋梁
 構造種別:7径間下路ワーレントラス
 河口からの距離:2km
 橋の長さ:418.5m
 軌道:複線
 完成:1968年(S43)



>>>後書き<<<
冬場の遡上は寒いけど空気が澄んでいて、青空クッキリで気持ち良いですね。気温10℃程度でも、風が無くて陽射しが在ると暖かいです。江戸川は流路距離(約60km)の割に橋の数が39と少なく、1回の遡上距離が長くなりますが、ボチボチと行きます。次回は江戸川放水路の右岸河口から遡上して、江戸川放水路送水管橋、新行徳橋、行徳橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/08(日) 12:00:00|
  2. 江戸川

Scene-165 南浅川の纏め(南浅川に架かる橋 36)



■南浅川(流路延長8.1km)に架かる橋梁(河口順)。絵をクリックすると、其々の掲載Sceneへリンクします(計7話)。

『#01横川橋』                『#02NTT専用橋』             『#03水無瀬橋』


『#04五月橋』                『#05睦橋』                 『#06東横山橋』


『#07横山橋』                『#08陵東橋』                『#09南浅川橋』


『#10古道橋』                『#11陵南大橋』              『#12敷島橋』


『#13廿里橋』                『#14浅川支所北歩道橋』        『#15白山橋』


『#16両界橋』                『#17JR第一浅川架道橋』         『#18上椚田橋』


『#19上椚田水管橋』           『#20上椚田水管橋-2』          『#21駒木野病院橋』


『#22裏高尾橋』              『#23高尾梅郷橋』             『#24無名橋』


『#25首都圏中央道手前の橋』     『#26首都圏中央道小仏橋』       『#27蛇瀧橋』


『#28 SOS子供村の橋』         『#29林道日影線橋』           『#30 JR第二浅川架道橋』



『#31無名橋』                『#32 JR保線管理橋』           『#33高尾変電所管理橋』



『#34林道橋』                『#35浅川神社入口橋』          『#36寶珠寺入口橋』



>>>後書き<<<
南浅川は短い川だったので架かる橋も少なく、纏めも短かったですね。なので、ブログ穴埋め儀式の開始です(笑)。先日、土鍋を使って初めての御飯を炊きました、何といきなりホタルイカの炊き込み御飯の冒険でした。ホタルイカの目玉を取り生姜の千切りと一緒に出汁で煮て、具と汁に分けます。洗米した御飯を1時間漬け置きしてから水切りし、分けた煮汁を米の1.2倍で炊きます。時間は中火、小火、蒸らし夫々10分で取り敢えずスタート。失敗した時の為に、別のオカズ(野菜炒めと炒り卵)も用意しておきます(笑)。蒸らし終わったので蓋を開けると、見た目完璧です。シャモジで掬うと底が焦げていますね、お焦げなどと云う上品な物で無くThe焦げです(大笑)!でも底以外はイケそうなので、ホタルイカと混ぜて完成とします。イカのプリプリと醤油の香りで結構旨く出来ています(ヤッター)。小火は最少火で良かったのか!火加減難しいけど土鍋良いね。次に春菊が沢山在ったので鍋にしました。豚バラ、白菜、春菊などを土鍋で煮て、大根おろしを入れて霙鍋。此れも旨いね、残った汁は茹でたうどん、焼ネギ、春菊を入れて鍋焼きうどんです。


春菊が未だ余っているので、春菊の茎の部分、大蒜、むき海老と炒めてマルちゃん焼きそばを作ります。焼きそばが出来てから春菊の葉の部分をドッサリと入れて混ぜると、あっと云う間に小さくなり春菊焼きそばの完成、ホロ苦くて美味でした。春菊と云えば、昔は苦味が嫌いで食べられなかったのですが何時のまにか、好きになっていました。食べ物の嗜好は年と共に変わるんですね(笑)。春菊、残り2把は、かき揚げにしました。御飯はグリンピースの炊き込み、辛目の塩味で豆を2分程茹でて冷まし、混ぜるだけで簡単です。残ったかき揚げは、天蕎麦などでどうぞ。


茹でたグリンピースも余ったので、ベーコン、葱、大蒜を炒めて炒飯に混ぜて完食、御飯は火を付けていないフライパンに入れオリーブオイルを振り掛けてバラしてから、卵を入れて混ぜてから小火でゆっくり焼くとパラパラに成りますよ。そう云えば、天婦羅を揚げた時に衣が中途半端な量で余りますよね、捨てるのが勿体ないので、ダマが無くなるまで良く混ぜてからフライパンで両面焼きして炒めたベーコン、大蒜、キャベツを載せてお好み焼き風で食べたり、弱火で片面を焼いて上にベーコン、むき海老、溶けるチーズを乗せてトースタで焼いたピザ風にして食べています。生地がモッチリとして旨いですよ。


「ぶらっと遡上探索」の第6弾は、利根川支流である江戸川(流路延長59.5km)です。何時ものように河口0kmから近在の見処を紹介しながら遡上して行きますので、引き続きご覧願います。

次回アップ予定:Scene-166 江戸川放水路 『京葉線第二江戸川橋梁、市川大橋、首都高速湾岸線第二江戸川橋、江戸川放水路水管橋、東京メトロ東西線江戸川第二橋梁』(03/08 12:00)


コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/04(水) 12:00:00|
  2. 南浅川に架かる橋--036

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (4)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (0)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。