ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Scene-164 南浅川最終回『無名橋、保線管理橋、高尾変電所管理橋、林道橋、浅川神社入口橋、寶珠寺入口橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-165 南浅川の纏め (03/04 12:00)
今回は南浅川の最終回で、前回終着のJR第二浅川架道橋から遡上して、無名橋、JR保線管理橋、JR高尾変電所管理橋、林道橋、浅川神社入口橋、寶珠寺入口橋までの紹介です。先ずは、JR第二浅川架道橋から都道516号線(旧甲州街道)を200m程進むと、『#31無名橋』が架かっています。八王子市裏高尾町1396付近の小仏川に架かる橋で、対岸先は柵で閉じられていますが、JRの資材置き場みたいです。





 名称:無名橋(JR資材置き場への橋)
 構造種別:1径間PC箱桁
 河口からの距離:9km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約2.5m
 竣工:不明



無名橋から200m上流に簡易的な橋が架かっています。小仏川に沿うようにJR中央本線が隣を走り、其の軌道内に続く橋なので『#32 JR保線管理橋』としておきます。橋の入口にチェーンが掛かっていますが、入れない事は無いのですが止めておきます。線路内立ち入りで電車が止まったら大変だからね!なので、橋からと右岸側からの絵は有りません。架橋場所は八王子市裏高尾町1441付近です。



 名称:JR保線管理橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:9.2km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:約1.2m
 竣工:不明



200m程進むと、此処まで並走していたJR中央本線は小仏トンネル(竣工1901年(M34)、全長:2574m)へと消えていきます。其の先30mの位置に架かるのが『#33 JR高尾変電所管理橋』で、架橋場所は八王子市裏高尾町1544付近です。





 名称:JR高尾変電所管理橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:9.4km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約2.4m
 竣工:不明



少し上流の左岸側にJR高尾変電所が在ります。此処でJR八王子上野原線からの送電(66000V)を降圧して、右岸側に立つ門型鉄塔で向きを変えて八王子変電所へ送られます。


変電所から100m程進むと入口が柵で閉鎖された橋が架かっています、『#34林道橋』です。柵にイノシシによる農作物被害を防ぐ為、捕獲用の罠を仕掛けて在るので注意して下さい旨の貼紙が有ります。熊で無くて良かったね、イノシシも怖いけどね。



 名称:林道橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:9.6km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:約2m
 竣工:不明



林道橋から150m程進むと『#35浅川神社入口橋』が架かっています。文字通り、浅川神社へ続く専用の橋で場所は八王子市裏高尾町1536。竣工は不明ですが、欄干が苔生していて古い造りですね。





 名称:浅川神社入口橋
 構造種別:1径間PC箱桁
 河口からの距離:9.8km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:約1.5m
 竣工:不明



橋を渡って30m程の参道を上がると浅川神社の境内に出ます。小仏峠山上に在った浅間社と、麓に鎮座していた子之社を1912年(M45)に合祀して浅川神社と改称されましたが、中央自動車道建設により、現在地に移されています。祭神:大己貴命、所在:八王子市裏高尾町1536。狛犬は1992年(H4)の奉納です。




浅川神社入口橋から上流40mに架かるのが南浅川終端の橋となる『#36寶珠寺入口橋』です。其の前に橋向かいに在る、臨済宗南禅寺派寺院の賓珠(ほうしゅ)寺を先に紹介します。当初、天台宗寺院として創建されましたが、其の後臨済宗に変わっています。山号:小佛山、本尊:釈迦如来像、所在:八王子市裏高尾町1785。


寶珠寺の入口に架かるのが『#36寶珠寺入口橋』で、橋の傍には南浅川終端の標識が立っています。南浅川(小仏川)の源流は此処から約2kmの小仏峠(標高548m)付近に在るのですが、場所が不明確なので此の橋を以て南浅川の遡上を終了とします(距離が短かったので拍手1回、パチです)。





 名称:寶珠寺入口橋
 構造種別:1径間PC箱桁
 河口からの距離:9.8km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:約2m
 竣工:不明



先程のJR高尾変電所の隣に京王バス小仏バス停が在るので其処まで戻り、15:40発の高尾駅行きで帰宅します。


>>>後書き<<<
2月26日はMy誕生日、何時もは川崎駅で定例飲み会ですが、ワタミからの誕生日食事券が在ったので昨日、鹿島田駅前の和民に行きました。アレレ店が無い!ワタミは経営悪化で15%の廃店をしたとは聞いていましたが、此処も対象とは知りませんでした。他の駅に戻るのも面倒なので、隣のモンテローザ千年の宴で飲み会開始です(笑)。取り敢えず生!お刺身に焼き鳥、野菜も忘れずに。2杯目からは寒かったので、米焼酎のお湯割り、やはり冬はお湯割りだね(笑)。週末なので2h入れ替え制、生、酎、酎、酎で良い気持ちになったところで、お会計。誕生日祝いと云う事で相方から、割勘ゼロ円のサービス!ヤッター!!良い奴だね、嬉しい...




次回は南浅川遡上編の纏めを載せるとして、「ぶらっと遡上探索」の第6弾を何処にするか悩みました。候補として利根川(流路延長320km)が挙がったのですが、超長いね~!後半域は日帰りが困難な距離となるので断念(残念)です。なので、取り敢えず日帰り可能な範囲として、利根川支流である江戸川(流路延長 59.5km)に決定しました。何時ものように河口0kmから近在の見処を紹介しながら遡上しますので、引き続きご覧願います。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/28(土) 12:00:00|
  2. 南浅川

Scene-163 南浅川 『蛇龍橋、SOS子供の村橋、林道日影線橋、JR第二浅川架道橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-164 南浅川最終回 『無名橋、保線管理橋、高尾変電所管理橋、林道橋、浅川神社入口橋、寶珠寺入口橋』(02/28 12:00)
今回は前回終着の首都圏中央道小仏川橋から遡上して、蛇瀧(じゃたき)橋、SOS子供の村橋、林道日影線橋、JR第二浅川架道橋までの紹介です。先ずは首都圏中央道小仏川橋から100m程上流に架かるのが『#27蛇瀧橋』、川の流れは穏やかで水質も綺麗でマガモも泳いでいるね。小仏川左岸の八王子市裏高尾町963-2と右岸の八王子市裏高尾町952-2とを結び、高尾山の蛇滝へ続く山道に繋がっています。





 名称:蛇瀧橋(18-10号橋)
 構造種別:1径間PC箱桁
 河口からの距離:7.1km
 橋の長さ:約11m
 有効幅員:約4.5m
 竣工:1976年(S51)



小仏川の流れに沿って梅林が点在していて、高尾梅郷と呼ばれています。残念な事に実際の遡上時期が梅の開花時期よりも早かったので、梅の香りはお伝え出来ません。今の時季に遡上を合わせれば良かったですね。


地図上では蛇瀧橋の上流130mに橋が在るので行って見ると、ん~見当たらないですね!砂防ダム流路口が在り、其の隣に工事用の道路が走り末端に橋を外した跡が残っています。中の沢砂防ダムが完成したので、工事用の橋を撤去した模様ですね。此処まで梅林の中を歩きましたが、足元が霜柱で柔らかくて靴の裏に泥がビッシリと目詰まり。道路の水溜りを探して靴裏の洗濯です(笑)。


砂防ダム流路口から100m上流に橋が見えます。児童養護施設「エス・オー・エスこどもの村」が架橋した『#28 SOS子供の村橋』です。小仏川左岸の八王子市裏高尾町1032付近と八王子市裏高尾町991付近とを結んでいます。





 名称:エス・オー・エスこどもの村の橋
 構造種別:1径間PC箱桁
 河口からの距離:7.3km
 橋の長さ:約22m
 有効幅員:約3.5m
 竣工:1970年(S45)



旧甲州街道に戻り300m程進むと、右手に曹洞宗寺院の常林寺が在ります。創建は不詳、開山は初沢町高乗寺4世の空山宗印大和尚で高乗寺末です。本尊:釋迦牟尼佛像、所在:八王子市裏高尾町1122。川沿いに輪を描きながらピーヒョロロロロ…と鳴く、トビが飛んでいたので撮ろうと思いましたが中々フレームに収まりません。杉のてっ辺に止まったので望遠でパチリ、ん~後ろ向きかよ!


旧甲州街道に戻ると道の左手にチョット、エロいオブジェが置かれています、傍のアトリエで造られた物らしく夜道で目に入ったらビックリするだろうね。150m程進み、右の脇道に入って行くと小山神社が在ります。かつては峯尾明神社と呼ばれ、1768年(明和5)に小山明神社に改称されています。祭神:大物主命、八王子市裏高尾町1194。拝殿の後ろをJR中央本線が通っています。


小山神社から400m程進むと、浅川国際マス釣場の池が見えます。釣り人は1名、寒いものね~。100m程進んで左岸側に流れ込む、木下沢(こげさわ)に架かる木下沢橋を渡ります。


木下沢橋から150m上流に『#29林道日影線橋』が架かり、上流右岸側からは日影沢が合流しています。小仏川の八王子市裏高尾町1343付近に架かる橋で、林道の日影線が通ります。





 名称:林道日影線橋
 構造種別:1径間PC箱桁
 河口からの距離:8.5km
 橋の長さ:約5m
 有効幅員:約2.5m
 竣工:不明



更に上流300m程に架かるのが、今回終着の『#30 JR第二浅川架道橋』です。前々回で紹介したJR第一浅川架道橋と同様に、JR(国鉄)の前身である甲武鉄道による架橋で、当時の煉瓦アーチが残っています。場所は八王子市裏高尾町1362-1付近です。





 名称:JR第二浅川架道橋
 構造種別:1連煉瓦アーチ
 河口からの距離:8.8km
 橋の長さ:約16m
 軌道:複線
 竣工:1962年(S37)推定



>>>後書き<<<
又、ブログスペースが余りましたので恒例の?穴埋め料理の紹介で、今回は丼物色々です。先ずは丼の王様(個人的に)鰻丼、最後の晩餐で食べたい物は?と聞かれたら迷わずに鰻ですね(笑)。最近は稚魚の収穫が少なくて高価になっていますが、偶に安く出回る時が有ります。理由は判りませんが、速攻で購入ですよ!先ず半分を温めて山椒を振り掛けた御飯の上にお迎えし、タレと又、山椒を振り掛けて御新香と焼き銀杏を添えて豚汁と一緒に有難く戴きました。ん~旨っ!何でこんなに美味しいんだろう、嬉しいね。残り半分は、薄焼き卵、葱と共に刻んで暑い緑茶を掛けて鰻茶漬け、文句無い味だね!偶の贅沢、良いでしょ。次にかつ丼、玉葱を蕎麦タレで煮込みカツを乗せて卵とじ、ワサビ菜の漬物と塩レモンを添えて戴きます、此れも好きで良く作りますよ。


魚も好きで良く食べ、サーモンは鮪よりも好きなので漬け丼にしました。マヨネーズを掛けると美味ですよ。刺身のサービスパックも漬け丼で食べます。此方は酢飯のうえに乗せて海鮮丼、あれれ、丼が他に使われていて空きが無かったので海鮮皿にしました(笑)。最後は焼き鳥丼、胸肉、ボンジリを串から外して銀杏と一緒に塩で炒め直して丼に乗せるだけで簡単です。カイワレ、レモンと一緒にどうぞ。


次回は南浅川の最終回で、今回終着のJR第二浅川架道橋から遡上して、無名橋、保線管理橋、高尾変電所管理橋、林道橋、浅川神社入口橋、寶珠寺入口橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/24(火) 12:00:00|
  2. 南浅川

Spot-22 秩父 『横瀬/あしがくぼの氷柱』


This best shot


次回アップ予定:Scene-163 南浅川 『蛇瀧橋、SOS子供の村橋、林道日影線橋、JR第二浅川架道橋』(02/24 12:00)
昨年2月は秩父三十槌の氷柱を紹介しましたが、今回は秩父路三大氷柱巡りの一つ、2014年(H26)、秩父郡横瀬町に出現した新たな氷柱スポットの『あしがくぼの氷柱』をSpotで紹介します。因みに秩父路三大氷柱の残りの一つは、尾ノ内百景(冷っけぇ〜)氷柱です。芦ケ久保の氷柱は横瀬町の新しい観光名所として兵ノ沢(ひょうのさわ)に沢の水を人工的に撒き、高さ30m×幅120mの規模で山肌に造られています。開催期間:1月9日(金)~3月1日(日)午前9時~午後4時、ライトアップ期間:毎週土曜日(1/17・24・31・2/7・14・21・28)日没~午後8時まで。


と云う事で2月14日(土)に芦ケ久保の氷柱のライトアップを見て来ましたので紹介します。自宅からJRを乗継いで東飯能から西武秩父線で約2時間、芦ケ久保駅に到着です。遠いね!でも、荒川遡上の時は此の先まで何度も通った事を思い出すと、意外と近いかも(笑)。此の付近は降雪が多かったらしく、線路脇にはかなりの残雪が見られます。駅から左手方向の線路脇の道を進んで、新しく出来た遊歩道に入ります。足元は凍っておらずフカフカで歩き易いですね、フラッシュで足元を撮るとウッドチップが敷き詰められていました。




今までは国道に一旦出ての大廻りでしたが、新しい遊歩道で進むと駅から12分程の距離になっており、道順は下の図の通りです。道順に小さな灯りが付いていますが、少し暗いので足元を注意して下さいね。アクセス:西武秩父線芦ケ久保駅下車、所在:埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ケ久保。


暫く歩くと、広場入口で環境整備協力金として大人は200円を徴収されます。遊歩道や柵造りなどの整備は大変なので、200円は安過ぎでもっと徴収しても良いかも!坂道を上り、西武鉄道の隧道を潜ると芦ケ久保の氷柱が前方に見えます。ライトアップは段々と色変わりする仕組みで、赤と青が個人的には好きです。北側に走る西武鉄道の車窓からも見え、ライトアップされている時期は特急レッドアロー号も、此の区間は減速して走行しているようです。


ライトアップされている場所は中央の山が抉れている個所で、其の周囲にも氷筍や氷柱、樹氷が見られ、近くなのでフラッシュを焚いてパチリです。氷に反射してキラキラと綺麗ですね。


芦ケ久保の氷柱は反対側の小山に登って見られるビューポイントが在り、此処も九十九折順路にウッドチップが敷かれ傾斜も緩く、上がり易くなっています。


此処の氷柱は夜間に上から全体的に水を散布して造るので、平地では氷筍、斜面には氷柱が見られます。丸みを帯びた氷筍、旨そう!かじりたいね(笑)。それでは、芦ケ久保の氷柱のライトアップ、色変わりでどうぞ。花火はカメラで撮った方が綺麗ですが、氷柱のライトアップは生で観た方がいいですね。残り2回、ライトアップされる予定なので近くにお住いの方は、是非ご覧下さい。




頂上広場にはドラム缶が幾つも置いてあり、此処で暖を取れます。傍ではフルート演奏のライブが行われていて、曲目は「レリゴー:Let It Go」氷柱にピッタリですね、寒い中ご苦労様です。1時間程、氷柱を見たので帰ります。芦ケ久保駅発19:24の電車に合わせて下山、21:30過ぎに帰宅。超寒かったけど、良い目の保養になりました。


>>>後書き<<<
愛用のCANON PowerShot SX50、ナイトモードだとピントが甘くなるのが難点。三脚持参で撮れば良かったですね、反省です。昼間の氷柱の絵も欲しい所ですが、他に見処も無い場所なので氷柱だけ撮りに又、行くのは躊躇し、結局行きませんでした(笑)。お陰で?ブログスペースが余りましたので、穴埋めの料理紹介です。今回は、浅蜊の剥き身缶を使った料理、先ずは定番の深川丼。青葱と油揚げで味噌汁を作り、煮立ったら浅蜊を投入、熱い御飯にぶっ掛けて白葱と塩レモンのみじん切り、海苔をトッピングして完成。サラサラと美味しく戴きます。剥き身缶、結構な量が入っていて3回分位有るので次はパスタにしよう?使用、どっちでも良いか。クリームパスタの素が在ったと思ったら在庫切れです。代わりにナポリタンの素が在ったので、此れで良いか(笑)。炒めたベーコンと浅蜊をナポリタンの素に追加して温め、茹でたパスタに絡めて完成。あれれ!粉チーズも在庫切れだったので、湖池屋ポテトチップス塩味を細かく砕いてパラパラと振り掛けて食べましたが、変わった食感でイケテますよ(笑×2)。最後は浅蜊豆腐丼です、砕いた絹ごし豆腐と葱、浅蜊をポン酢で軽く煮て完成。超簡単で美味でした。ジャガイモ&ウインナー炒めはオマケです。


未だスペースが余っているね、其れではストック分から、みぞれ煮料理です。鶏手羽に焼き目を付けてから、人参、葱、シメジ、もやし等と塩ベースの出汁で煮てから、大根おろしをドッサリと乗せて鶏手羽みぞれ煮の完成。大根おろしでサッパリと戴けます。もう一品は豚バラのみぞれ煮、キムチ、シメジ、鶏肉のツミレ、豚バラを醤油ベースの出汁で煮てから大根おろしにポン酢を掛けて完成。大根おろしはポン酢が一番合うね!


次回は通常Sceneに戻り、前回終着の首都圏中央道小仏川橋から遡上して、蛇瀧橋、SOS子供の村橋、林道日影線橋、JR第二浅川架道橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/20(金) 12:00:00|
  2. 秩父

Scene-162 南浅川 『裏高尾橋、高尾梅郷橋、無名橋、首都圏中央道手前の橋、首都圏中央道小仏川橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Spot-22 秩父 『横瀬/あしがくぼの氷柱』(02/20 12:00)
今回は前回終着の駒木野病院橋から遡上して、裏高尾橋、高尾梅郷(ばいごう)橋、無名橋、首都圏中央道手前の橋、首都圏中央道小仏川橋までの紹介です。前回終着の駒木野病院前から都道516号浅川相模湖線(旧甲州街道)で100m程進んで、右折先に裏高尾の神明神社が在るので寄ります。60m程進むとJR中央本線を跨ぐ高架橋に出ます、高台から見おろせる列車撮影のビューポイントらしくカメラを提げた人が若干1名?スタンバッています。相模湖方面へ向かう列車が来たので序にパチリ、高架橋の先に神明神社の鳥居が見えます。神明神社の創建は不詳、祭神:天照大神、所在:八王子市裏高尾町205。境内社に古峯神社と稲荷神社が在りました。




旧甲州街道に戻り70m程進むと右手に国指定史跡の小仏関跡が在ります。天正年間(1573~1592年)に北条氏照が武蔵国と相模国境の要衝として小仏峠の頂上に築いたのが始まりと言われ、其の後麓に下ろされ、更に北条氏滅亡後に関東に入った徳川家康により、甲州街道の重要な関所として現在地に移設されると共に整備されたと云われています。其の後、1869年(M2)の太政官布告により関所は廃止され、建物も壊されています。所在:八王子市裏高尾町419。


小仏関跡から住宅地を縫う様に南西方向に200m程進んだ処に橋が架かっています。橋梁銘版も表記も無く、八王子市裏高尾町398付近に架かる橋なので勝手に、『#22裏高尾橋』としました(笑)。橋の対岸先は林道に繋がっているみたいですね。橋の前後はミニ渓谷で苔生した岩が並び、静寂に包まれた場所です。





 名称:裏高尾橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:6km
 橋の長さ:約10m
 有効幅員:約2m
 竣工:不明



裏高尾橋から500m程、旧甲州街道を進むと高尾天満宮へ続く『#23高尾梅郷橋』が架かっています。小仏川左岸の八王子市裏高尾町674付近から右岸の八王子市高尾町を結ぶ橋です。高尾天満宮へは山道をかなり登るらしいのでパスします(笑)。橋の近くにアオサギが居ました、河口から随分と距離が有るけど、飛べばひとっ跳びだもんね。





 名称:高尾梅郷橋(18-13号橋)
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:6.5km
 橋の長さ:約19m
 有効幅員:約1.5m
 竣工:1987年(S62)



高尾梅郷橋から150m程進むと高さ3m位の堰堤が在り、左岸側の端に用水路への引込みが在りますね、成る程!先程の高尾梅郷橋の手前にも用水路が在り、小仏川とは段差が有り何処から引いたのか気になっていましたが、此処から引いていたのですね。


小仏川堰堤から40m程上流に橋が架かっていますが、橋梁銘版も表記も無く対岸の民家へ続いていますので、『#24無名橋』とします。場所は八王子市裏高尾町792付近です。





 名称:無名橋(18-12号橋)?
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:6.7km
 橋の長さ:約10m
 有効幅員:約3m
 竣工:不明



無名橋から150m、首都圏中央道の手前にも橋梁銘版の無い無名橋が架かっています。先程の無名橋と紛らわしくなるので、此方は『#25首都圏中央道手前の橋』にしておきます(笑)。場所は八王子市裏高尾町906付近です。





 名称:首都圏中央道手前の橋(18-11号橋)?
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:6.9km
 橋の長さ:約13m
 有効幅員:約1.5m
 竣工:不明



首都圏中央道手前の橋から約60m、遙か上を見上げる位置に今回終着の『#26首都圏中央道小仏川橋』が架かっています。小川の様な小仏川を渡る為の橋では無いのは判っていますが、便宜的に小仏川橋と命名しました。道路の正式名称は、首都圏中央連絡自動車道で、2012年に八王子JCTから高尾山ICまでが開通しており、此の時期に架橋された模様です。左岸側の八王子JCTと右岸側の高尾山トンネル(1300m)出口との間に架かっています。高架の下に高尾梅の郷管理棟が在り梅の木も沢山在りますね、傍の梅の枝に雀が屯しています。梅にウグイスならぬ、梅に雀ですね。





 名称:首都圏中央道小仏川橋
 構造種別:4径間PC連続箱桁
 河口からの距離:6.9km
 橋の長さ:約420m
 有効幅員:約9m×2
 竣工:2012年(H24)推定



>>>後書き<<<
寒い時は鍋ですよね、家には大きいサイズの土鍋が有るのですが一人では使い切れないのでお蔵入りになっていました。先日、スーパーで¥700の二人用サイズが目に入り、購入。中に取説が入っていました、え~土鍋に取説?何々、匂いの沁み込みや割れ防止の為に使用前に土鍋の細かい孔を澱粉質で埋める「目止め」をして下さいとの事。直ぐに使えないのか!面倒くさいね(笑)。8分目の水を張り、小麦粉を一掴み入れて弱火で30分程煮込み、火を消してから1日放置です。試しに鳥の水炊きを作ります。鶏がらスープに白菜、葱、人参、エノキ、銀杏、皮目を焼いた鶏肉など適当に入れて10分程煮込んで完成、早く出来て旨いね!ビールも美味しくなります。残った具材は、たっぷりのニラを追加して煮込みうどん。体がポカポカです。翌日は、残った汁で雑炊。蒲鉾、梅干し、天カスに塩レモンの刻みを乗せて戴きます、最後まで熱々で土鍋、良いね!!


次回はSpotで秩父横瀬に在る、芦ケ久保の氷柱(ライトアップ)を紹介します。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/17(火) 12:00:00|
  2. 南浅川

Scene-161 南浅川 『両界橋、JR第一浅川架道橋、上椚田橋、上椚田水管橋、上椚田水管橋-2、駒木野病院橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-162 南浅川 『裏高尾橋、高尾梅郷橋、無名橋、首都圏中央道手前の橋、首都圏中央道小仏川橋』(02/17 12:00)
今回は前回終着の白山橋から遡上して、両界橋、JR第一浅川架道橋、上椚田(かみくぬぎだ)橋、上椚田水管橋、上椚田水管橋-2、駒木野病院橋までの紹介です。白山橋から南西方向200m程に真言宗智山派寺院の金南寺が在るので寄ります。西浅川町や高尾町を見下ろす高台に在る寺院で、1364年(貞治3)に真源大徳和上により開山された高尾山薬王院の末寺です。当初の本尊は行基作木造十一面観音でしたが焼失してしまい、現在は阿弥陀如来像に変わっています。山号:宝生山、所在:八王子市西浅川町139。


金南寺の高台から200m程南浅川沿いに降りて行くと『#16両界橋』が架かっています。南浅川左岸の八王子市西浅川町と右岸の八王子市高尾町とを結ぶ橋で、国道20号線(甲州街道)が通ります。初代の架橋は1907年(M40)の木橋で、其の後RC橋に架け替えられていますが架橋年は不明です。





 名称:両界橋
 構造種別:3径間RC箱桁
 河口からの距離:5.1km
 橋の長さ:約25m
 有効幅員:約11m
 竣工:不明



両界橋の真上に斜めに架かるのが『#17 JR第一浅川架道橋』です。南浅川左岸側の相模湖駅と右岸側の高尾駅の間に在り、高尾駅から700m程の距離です。JR(国鉄)の前身である甲武鉄道が1901年(M34)に中央線八王子~上野原間を開通しており、此の時期に初代の架橋が行なわれています。高尾~小仏間の複線が開通したのが1962年(S37)であり、当初の単線時代の煉瓦造りの橋脚跡が上流側に見られます。





 名称:JR第一浅川架道橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:5.1km
 橋の長さ:約28m
 軌道:複線
 竣工:1987年(S62)



JR第一浅川架道橋の手前に煉瓦造りの隧道が在り、左手に出ると高尾町の神明神社へ続く参道石段が見えます。苔生した痛んだ石段で歩きにくいですね。50段程登ると拝殿が見えますが、拝殿前からは撮影エリアが無いので下からパチリです。祭神は天照大神かな?創建などは不詳です。所在:八王子市高尾町1762付近。


両界橋から甲州街道を300m進むと、道路左に沿って流れる南浅川は二手に分岐し、直進方向からは案内川、右手側から略直角に小仏川が合流します。因って此処から先の南浅川は小仏川に名称が変わります。『#18上椚田橋』は小仏川左岸の八王子市西浅川町と右岸の八王子市高尾町とを結び、国道20号線甲州街道が通ります。上椚田橋は江戸時代には小名字(こなじ)橋と呼ばれ、1907年(M40)に木橋で架けられ、現在のPC橋には1937年(S12)に架け替えられていますが、現在の橋名になった時期は不明です。





 名称:上椚田橋
 構造種別:3径間PC箱桁
 河口からの距離:5.4km
 橋の長さ:約28m
 有効幅員:約10m
 竣工:1937年(S12)



上椚田橋の上流7m程に水色の『#19上椚田水管橋』が架かっています。小仏川左岸の八王子市西浅川町と右岸の八王子市高尾町との間に架かり、八王子市管理のφ300の水道管が亘っています。



 名称:上椚田水管橋
 構造種別:1径間パイプビーム上補鋼
 河口からの距離:5.4km
 橋の長さ:23.3m
 水管径:300mm
 竣工:1986年(S61)



上流方向37mにもう1本水管橋が架かっています。橋梁銘版や表記が無いので『#20上椚田水管橋-2』としておきます。此方も小仏川左岸の八王子市西浅川町と右岸の八王子市高尾町との間に架かり、φ150の水道管らしき物が亘っていますが、何れも送水元・送水先は不明です。橋の構造は水管橋に多い三弦トラスで、アーチ形式で造られています。下を流れる小仏川の水量は少なく、小川ですね。





 名称:上椚田水管橋-2
 構造種別:1径間三弦トラスアーチ
 河口からの距離:5.5km
 橋の長さ:約26m
  水管径:150mm
 竣工:不明



水管橋から300m程上流に架かる今回終着地点の『#21駒木野病院橋』へ進みます。小仏川の両脇には遊歩道が在るので何気なく、右岸沿いを進んだら橋の手前で、え~!駐車場の金網フェンスで道が行き止まりです。戻るのも癪なので、金網の端から欄干を乗り越えて進みます、良い子の皆さんはマネしないようにね(笑)。橋の表記も銘版も無く、駒木野病院の敷地内駐車場へ続く橋なので駒木野病院橋とします。小仏川左岸の八王子市裏高尾町と右岸の八王子市高尾町との間をつなぐ橋です。





 名称:駒木野病院橋
 構造種別:1径間PC箱桁
 河口からの距離:5.8km
 橋の長さ:約8m
 有効幅員:約3m
 竣工:不明



>>>後書き<<<
次回は今回終着の駒木野病院橋から遡上して、裏高尾橋、高尾梅郷橋、無名橋、首都圏中央道手前の橋、首都圏中央道小仏川橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/13(金) 12:00:00|
  2. 南浅川

Scene-160 南浅川 『古道橋、陵南大橋、敷島橋、廿里橋、浅川支所北歩道橋、白山橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-161 南浅川 『両界橋JR第一浅川架道橋、上椚田橋、上椚田水管橋、上椚田水管橋-2、駒木野病院橋』(02/13 12:00)
今回は前回終着の南浅川橋から遡上して、古道橋、陵南大橋、敷島橋、廿里(ととり)橋、浅川支所北歩道橋、白山橋までの紹介です。前回の終盤に紹介した慈眼寺から西400m程の位置に日光神社が在るので寄ります。名前からして立派な神社だと思ったら期待を裏切る、山の斜面にひっそりと祀られた神社でした。境内の由来書きによると、400年程前に徳川家康に仕えていた鈴木九太夫正三が、日光東照宮遥拝(遠く隔たった所から拝む事)の為に造営したと伝えられ、かつては日光権現社と呼ばれていました。祭神:徳川家康、所在:八王子市長房町1315-2。鳥居は1997年(H9)の奉納です。


日光神社から都道187号線のケヤキ並木を横切り、南に200m程進むと『#10古道橋』に出ます。橋の北側に旧鎌倉街道の「山の根の道」が在った事から古道をイメージした造りで、昔の灯篭風の親柱や、旧鎌倉街道の風景が欄干に飾られています。


古道橋は南浅川左岸の八王子市長房町と右岸の八王子市東浅川町とを結ぶ橋で、人道専用の橋です。橋から下を見ると水量は少ないけど水質は透明で綺麗な流れで、橋下と上流・下流に堰堤が造られています。橋下の堰堤には魚道が在るけど、上流側のには無いね。河口から此処まで遡上してきたのに堰が登れずに残念!です。





 名称:古道橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:3.4km
 橋の長さ:約24m
 有効幅員:約4m
 竣工:1991年(H3)





古道橋から300m上流に架かるのが『#11陵南大橋』です。南浅川左岸の八王子市廿里町と右岸の八王子市東浅川町とを結び、甲州街道を経由して繋がっていた町田街道と高尾街道とを直接的に結ぶバイパス道が通ります。橋の下流には大きな中洲が形成されていて、カモ達の溜まり場になっていますね。







 名称:陵南大橋
 構造種別:1径間鈑桁アーチ
 河口からの距離:3.7km
 橋の長さ:約43m(据付け橋部を含むと210m)
 有効幅員:約19m
 竣工:1998年(H10)



陵南大橋の上流は両脇に道が無いので、南浅川から100m程離れて並走する国道20号甲州街道で進みます。甲州街道に出ると道路の向こう側に鳥居が見えましたので寄って見ます。東浅川町の熊野神社で、境内由緒案内によると創建は不詳で其の昔、諸国行脚の老夫婦が、此の地に紀州の熊野本宮大社を奉斉したとの伝承や、応安年間(1368~1375年)に片倉城主、毛利備中守師親による創建とも云われています。祭神は素邪那岐命とありますが、此の様な神様は存在しないので、多分誤記で伊邪那岐命だと思います。所在:八王子市東浅川町1105。境内社は天満宮、山王様、上の稲荷宮、抱蒼神、八阪宮、お杓文字様などが祀られていました。入口の両部鳥居は1980年(S55)の再建です。


甲州街道に戻ると、南浅川の支流初沢川に架かる小さな橋が在ります。熊野神社の前だから熊野橋(長さ:9m、幅:22m、竣工:S3年)、ハッハッハですね。100m程進むと右の路地先に稲荷神社の鳥居が見えましたが、詳細一切不明です(笑)。更に200m程進み、高尾街道への右折手前の駐輪場裏に山王社が在りました。此方は由来書きが在り、江戸時代の寛政年間(1789~1801)頃から在ると推定されていて、村人が山に薪を取りに行った時に猿の亡骸を拾ってきて共有地に石宮を建てて山王宮を祀ったのが始まりとの事で、高尾山の猿は神の使いと云われている事から祀ったのかな?所在:八王子市高尾町1604付近。


高尾街道へ右折して35m先に架かるのが『#12敷島橋』で、南浅川左岸の八王子市廿里町と右岸の八王子市高尾町とを結び、都道46号高尾街道が通ります。初代の架橋は1966年(S31)の木造トラス橋で、現在の鈑桁橋は両脇に歩行者用の人道橋(幅:約1.5m)が架けられています。上流側が1990年(H2)、下流側が1972年(S47)に完成です。肝心の敷島橋は人道橋に遮られていて橋の側面銘版が見えず、完成年が判りません。





 名称:敷島橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:4.1km
 橋の長さ:約18m
 有効幅員:約5m
 竣工:不明



甲州街道に戻り100m程進み、左側150m方向に在る真言宗智山派寺院の大光寺に寄ります。JR中央本線の踏切を渡りますが、京王線の高架ホーム下は北向きの陰で先日の雪が溶けずに沢山残っていますね。境内案内によると、大光寺は1615年(元和1)高尾山薬王院の第九世源恵上人によって開基されています。山門、本堂、庫裏は寺院建築としては珍しい北向きで立てられています。山号:正名山、院号:地蔵院、本尊:喜多向阿弥陀如来像、所在:八王子市初沢町1352。多摩四国八十八ケ所霊場の第70番札所です。境内には樹齢400年程の枝垂れ桜と江戸彼岸桜が在り、春先は見物客で賑わうそうです。蛙の置物も沢山在り、六カエル(無事にカエル、幸福がカエル、円満がカエル、幸せがカエル、三福がカエル、お金がカエル)という意味も込めて配置してあるそうです。






甲州街道に戻り30m程進むと右手に路地が在り、其の先に『#13廿里橋』と云う人道橋が架かっています。親柱に「ととりはし」の表記が無ければ読めない漢字ですね。因みに廿里は地名で人口700名程度の小さな町で、南浅川左岸の八王子市廿里町と右岸の八王子市高尾町とを結ぶ生活道路になっています。





 名称:廿里橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:4.3km
 橋の長さ:約27m
 有効幅員:約1.6m
 竣工:1977年(S52)



廿里橋の両脇にも道が無いので、南浅川から少し離れた道で迂回する事300m程で『#14浅川支所北歩道橋』に到着です。ヘンテコリンな名前の橋ですね(笑)。何処の支所なんだか?地図を見てみると、八王子市役所の事務所が傍に在るので此れからの命名らしいです。南浅川左岸の八王子市廿里町と右岸の八王子市高尾町とを結ぶ、人道専用の陸橋タイプの橋です。橋の下流には落差10m程の巨大な堰堤が在り、渓谷に落ち込む無名滝が出来ています。





 名称:浅川支所北歩道橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:4.5km
 橋の長さ:約27m
 有効幅員:約1.2m
 竣工:1987年(S62)



浅川支所北歩道橋から一般道を250m程進むと、今回終着の『#15白山橋』ですが、橋の北側に白山神社が在るので其方を先に紹介します。神社境内のパンフによると、創建は1545年(享徳3)加賀一宮を勧請し、1553年(天文22)に滝山城主大石源左衛門尉縄周により社殿が造営されています。祭神:伊弉冉尊、所在:八王子市廿里町48-3。境内出口に奥宮本殿(1671年:寛文11築)が5分程登った場所に在りますとの案内板が在り、ん~苦手な登りでどうするか迷ったけど、5分なら行ってみっか!と云う事で石段を這い上がります。5分経過、未だ着きませんね!これは騙されたナ。結局、石段を200段8分程掛けて登った処に在りました。本殿は覆屋に囲われた造りで此処にも狛犬が鎮座していました。歩くだけでも大変なのに、此処まで資材を担ぎ上げた昔の人は凄いね!






本殿から、トットト降りて白山橋を紹介してScene-160を終わりにします。此の橋も南浅川左岸の八王子市廿里町と右岸の八王子市高尾町とを結び、一般道が通ります。橋の付近はミニ渓谷な造りで自然が残り、川辺にはセキレイが餌探しでピョンピョンと癒される場所ですよ。





 名称:白山橋
 構造種別:2径間鈑桁
 河口からの距離:4.8km
 橋の長さ:約18m
 有効幅員:約3m
 竣工:2001年(H13)



>>>後書き<<<
次回は今回終着の白山橋から遡上して、両界橋、JR第一浅川架道橋、上椚田(くぬぎだ)橋、上椚田水管橋、上椚田水管橋-2、駒木野病院橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/09(月) 12:00:00|
  2. 南浅川

Scene-159 南浅川 『睦橋、東横山橋、横山橋、陵東橋、南浅川橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-160 南浅川 『古道橋、陵南大橋、敷島橋、廿里橋、浅川支所北歩道橋、白山橋』(02/09 12:00)
今回は南浅川の五月橋から遡上して、睦(むつみ)橋、東横山橋、横山橋、陵東橋、南浅川橋までの紹介です。
五月橋から西350m程に真言宗智山派寺院の吉祥(きちじょう)院が在るので寄ります。草創は応永年間(1394~1427年)で、開基は頼源坊、法印賢盛により開山しており、八王子七福神の中の一つです。山号:一乗山、寺号:久松寺、本尊:大日如来像(金剛界)、所在:八王子市長房町58-3。




南浅川に戻り、五月橋の上流320mに架かるのが『#05睦橋』。南浅川左岸の八王子市長房町と八王子市千人町とを結ぶ人道橋です。橋脚は随分と弱々しい造りで、増水時が心配ですね。





 名称:睦橋
 構造種別:4径間鈑桁
 河口からの距離:1.2km
 橋の長さ:約44m
 有効幅員:約1.5m
 竣工:1986年(S61)



睦橋から240m程上流に架かるのが『#06東横山橋』で、南浅川左岸の八王子市長房町と八王子市並木町とを結び、一般道が通ります。橋の上流側には水道管用の逆三弦トラス(水色部)が併設されています。





 名称:東横山橋(18-21号橋)
 構造種別:2径間PC箱桁
 河口からの距離:1.5km
 橋の長さ:約57m
 有効幅員:約16m
 竣工:1982年(S57)



東横山橋から遡上して行くと、100m置きに堰堤が3箇所程造られています、高さが1m程あり水量が少ないので魚は遡上出来ませんよね。河口に建設中の堰堤は南浅川全体の水位を上げる目的の物なのかな?水位が上がれば飛び越えられそうですよね。


東横山橋から500m程上流に架かるのが『#07横山橋』です。南浅川左岸の八王子市長房町と八王子市並木町とを結び一般道が通ります。東横山橋も横山橋も旧地名からの命名です。





 名称:横山橋
 構造種別:2径間PC箱桁
 河口からの距離:2km
 橋の長さ:約60m
 有効幅員:約16m
 竣工:1997年(H9)



横山橋の東詰め下流に銅葺の神社の屋根が見えます。手持ち地図の縮尺が小さくて載っていなかった稲荷森神社です。1398年(応永5)法印弘山によって出羽三山の稲荷大明神を勧請した神社です。祭神:宇迦之御魂神、所在:八王子市並木町24-17。社殿に向かって右隣に浅間神社が合祀されています。横山橋東詰めに戻ると川岸に鳥の成る木が在りました?桜の枝に鈴なりで止まるハトポッポです(笑)、枝が折れそうに曲がり枝垂れ桜になっていますね。


横山橋から500m上流に架かるのが『#08陵東橋』。南浅川左岸の八王子市長房町と八王子市東浅川町とを結ぶ人道橋です。





 名称:陵東橋
 構造種別:1径間鈑桁
 河口からの距離:2.5km
 橋の長さ:約29m
 有効幅員:約2m
 竣工:1981年(S56)



陵東橋から500m程上流に架かるのが今回終着の『#09南浅川橋』ですが、南浅川橋北詰めから北100mに曹洞宗寺院の慈眼(じげん)寺が在るので、先に寄ります。1555年(弘治1)髙乗寺第七世吉州充豚大和尚の持佛聖観世音菩薩像を本尊として隠居寺を草庵された後、長房町舟田に移転したお寺です。山号:福聚山、本尊:聖観世音菩薩像、所在:八王子市長房町1491。


南浅川橋は南浅川左岸の八王子市長房町と八王子市東浅川町とを結び、都道187号多摩御陵線が通ります。1926年(T15)の天皇崩御により多摩御陵の造営が決定され、国鉄八王子駅と高尾駅との中間の仮駅(東浅川仮停車場:1960年(S35)に廃止)から御陵に至る参道の一部として南浅川に架けられたのが初代の南浅川橋(木橋)です。因みに仮駅は多摩御陵線の延長とJR中央本線が交わる位置に在り、現在は陵南会館と云う市の施設が建っており、広場に「1964オリンピック東京大会 自転車競技この地で行なわる」の碑が在るだけで、駅舎の面影は無く、ヒマラヤスギだけは当時の木が大きくなって残っていますね。




現在の南浅川橋はコンクリートラーメン橋台のコンクリートアーチ橋で、1936年(S11)の架橋ですが新品の様に綺麗ですね。何故ならば、昭和天皇崩御の際に武蔵野御陵造営に合わせて橋の洗浄と補修を実施しているからです。





 名称:南浅川橋
 構造種別:3径間RCアーチ
 河口からの距離:3km
 橋の長さ:53.3m
 有効幅員:21.4m
 竣工:1936年(S11)



>>>後書き<<<
『飾りじゃないのよ パセリは~HA HAN♪』 突然ですが、付け合わせのパセリは、食べる派と食べない派の何方ですか?食べない派が多いと思いますが、自分は大好き!です。豊富な鉄分、カロチン、カルシウムに、ビタミンC、B1、B2を含む栄養価の高い野菜なので食べないと勿体ないですよ。と云う事で今回はパセリ料理の紹介です。遡上探索での疲労回復にも最適で、豚肉と合わせたら完璧なので先ずは、豚の生姜焼パセリ添え。豚肉を炒めてから、チンした玉葱スライスと焼き肉のタレと醤油、砂糖を少しと、擦りおろし生姜を混ぜて煮詰めて完成、ドッサリのパセリと一緒にどうぞ。グイ飲みに入っているのは、大蒜の味噌漬け、薄皮を剥き両端を切り1分程チンして、鰹節、みりんでトロミを付けた味噌に1週間程埋めただけで、1箇月は美味しく戴けますよ。卵焼きにもパセリを混ぜるとビターな大人の風味でイケますよ!豚バラと玉葱、パセリを炒めて、卵で閉じれば豚玉パセリ丼です。御新香は大根を薄切りにして、梅干しを作った時の副産物である梅紫蘇酢に1日漬けてから塩抜きしただけです。日持ちしないけど直ぐ作れるので食べる分だけ作ります。色々な料理に使えるパセリ、一袋95円で結構な量が入っていて嬉しいね!買う人が少ないから安いのかな?野菜のかき揚げに入れても最高ですよ、残った天婦羅は天丼や天婦羅蕎麦にしても良いけど、拉麺に乗せても美味しいですよ。




次回は今回終着の南浅川橋から遡上して、古道橋、陵南大橋、敷島橋、廿里橋、浅川支所北歩道橋、白山橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/05(木) 12:00:00|
  2. 南浅川

Scene-158 南浅川 『横川橋、NTT専用橋、水無瀬橋、五月橋』


This best shot
 

次回アップ予定:Scene-159 南浅川 『睦橋、東横山橋、横山橋、陵東橋、南浅川橋』(02/05 12:00)
「ぶらっと遡上探索」の第5弾は、浅川の鶴巻橋上流300mに流れ込む浅川の支流、南浅川(流路延長8.1km)で、地図の茶色のラインです(地図上での測定距離は9.83kmなので橋の位置は河口堰からの距離で表示します)。


初回は浅川への合流点である南浅川河口から遡上して、横川橋、NTT専用橋、水無瀬橋、五月橋までの紹介で、南浅川は川幅が狭く、橋の長さも短いので右岸左岸の切り替え無しの徒歩でストレートに遡上します。先ずは最寄り駅のJR西八王子駅前で腹拵え、今日はかなり歩く予定なので御飯物が良いな!好きな吉野家が在ったので、牛丼でエネルギー補充完了です。


浅川との合流点が見える浅川の鶴巻橋付近まで、西八王子駅北口からの西東京バスに乗り、八王子市役所前バス停で下車です。南浅川の河口方向に歩いて行くと、多賀公園下の河川敷で大勢の人がグラウンド・ゴルフをしていますね。ホールに穴が無く、ホールポストと云うリング状の的の中に玉を止める、ゴルフぽっいスポーツです。南浅川の河口に着くと堰が工事中でハーフコーン型の魚道が出来ています。水量は少なく、こんなに大きな魚道要るのかね?


河口堰から200m程上流に架かるのが『#01横川橋』で、南浅川左岸の八王子市横川町と右岸の八王子市元本郷町とを結び、一般道が通ります。此処も橋下に魚道付の堰が工事中です。横川橋付近のBOD(一般的な水質指標)は、過去に基準値(3)の4倍で都内のワ-スト1位になった場所です。橋下は工事中で濁っていますが、上流へ少し進むと水量は少ないけど水質は綺麗に見えます。因みに昨年の横川橋下のBODは0.6程度に改善されていました。川原にスズメに似た鳥が沢山いますね、ググルと、頭部が灰色で翼に黄色が混ざっているのでオオカワラヒワでした。





 名称:横川橋
 構造種別:2径間PC連続箱桁
 河口からの距離:0.2km
 橋の長さ:約59m
 有効幅員:約14m
 竣工:1978年(S53)




横川橋の上流120mに架かるのが『#02-NTT専用橋』で、南浅川左岸の八王子市横川町と右岸の八王子市元本郷町との間に架かる橋です。中間の橋脚が沈下しているらしく、トラスの繋ぎ目が下がっていますね。近くの小枝に止まっている小鳥、此方は良く見かけるスズメの仲間のヒヨドリですね。





 名称:NTT専用橋
 構造種別:2径間下路ワーレントラス
 河口からの距離:0.3km
 橋の長さ:約60m
 有効幅員:約1.5m
 竣工:不明




NTT専用橋右岸から東に100m程移動すると多賀神社が在ります。938年(天慶1)に武蔵国司の武蔵介に任ぜられた源経基が国土豊穣、万世安穏を祈願する為、滋賀県多賀大社から分祀し、此の地に勧請したと伝えられています。祭神:伊弉諾尊、伊弉冉尊、所在:八王子市元本郷町4-9-21。鳥居は1921年(T10)、狛犬(旧)は1926年(T15)、狛犬(新)は2014年(H26)の奉納、本殿は2013年(H25)に改修されています。




南浅川に戻り約200m進むと『#03水無瀬橋』が架かっています。南浅川左岸の八王子市横川町と右岸の八王子市日吉町との間に架かる橋で、都道521号線(陣馬街道)が通ります。下流側にはNTT回線、上水道配管、東電ケーブルが通る共用橋(鈑桁)が併設されています。





 名称:水無瀬橋
 構造種別:2径間PC箱桁
 河口からの距離:0.6km
 橋の長さ:約74m
 有効幅員:約15m
 竣工:1984年(S59)




水無瀬橋右岸から南東に100m程進むと日吉八王子神社が在ります。940年(天慶3)に御神像を造立して創始したと伝えられ、1595年(文禄4)に法印島之坊俊盛が社殿を造営し、日吉山王八王子明神社と称したとの事です。祭神:國狹槌尊、所在:八王子市日吉町8-20。


水無瀬橋に戻り、左岸から300m程西に在る、浄土宗寺院の龍泉寺に寄ります。1558年(永禄1)に北条氏照が開基となって、来給上人によって創建されたそうです。院号:功徳院、山号:桃源山、本尊:阿弥陀如来座像、所在:八王子市長房町16。八王子三十三観音霊場の第十三番札所です。


龍泉寺から南方向に150m程進むと、今回終着地点の『#04五月橋』です。南浅川左岸の八王子市長房町と右岸の八王子市千人町との間に架かる人道橋で、上流側に堰と魚道が見えます。橋の銘版に完成年が2種類有り、橋脚部が1972年(S47)、橋体上部が1987年(S62)になっています。橋脚が出来てから完成まで15年も掛かる筈が無いので推定すると、1982年(S57)の台風第18号により浅川堤防が決壊寸前まで増水しており、此の時に五月橋の上部が流失して5年後に修復完成したものと思われます。遊歩道脇には桜並木が続いており、開花時期に来たい場所ですね。





 名称:五月橋
 構造種別:3径間鈑桁
 河口からの距離:0.9km
 橋の長さ:約36m
 有効幅員:約1.5m
 竣工:1987年(S62)




>>>後書き<<<
ブログのテンプレートを変更してからか、Windows8.1に変更してからか原因不明で、サムネイル上にマウスオーバーした時のalt(Alternate)機能が働かなくなりました。写真の説明用なので無いと寂しいので、altの代用としてtitleに変更です。ブログ記事はWordで作成しているので、置換機能により一発変換出来るので過去記事も全て修正、一件落着です。
次回は今回終着の五月橋から遡上して、睦(むつみ)橋、東横山橋、横山橋、陵東橋、南浅川橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/01(日) 12:00:00|
  2. 南浅川

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (16)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。