ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Spot-33 調布 『神代植物公園-水生植物園』


This best shot


全国的に梅雨に入り、河川の遡上散策も一休み、ネタは御存じの様にストック君が活躍中です(笑)。時季的に彼方此方で花菖蒲、アジサイが見頃になっていますね。今回は、其の花菖蒲を見て来ましたのでSpotで紹介します。場所は、昨年Spot-25で紹介した神代植物公園の分園になる水生植物園です。最寄り駅の京王線調布駅北口からバスで約10分、深大寺小学校前で下車して南西200m程に入口が在ります。自宅からは30分程で着く近い場所です。梅雨の合間の晴天日を選んで来たのですが、未だ体が暑さに慣れてないので暑いね!バス停から陽射しを避けて青渭神社沿いに進みます、民家の塀からモジャモジャの木がはみ出していますね。前にも見た事があります、「煙の木」と云う名前です。花が咲いた後、綿毛のような穂(花序)が伸びるそうです。深大寺通り脇にも色々なアジサイが見られます。ホンアジサイにガクアジサイ、八重咲きの奴は城ケ崎かな?品種は3000種類程在るので、画像検索による品種特定はムリ、ムリ(笑)。因みに、アジサイの名前の由来は、青い花:真藍(さあい)が集まった、「あづさい(集真藍)」だそうです。






入口に園内案内図が在り、端の小山に深大寺城址も残っているので後で寄る事にします。水生植物園は神代植物公園の分園として1985年(S60)に開園され、国分寺崖線上の深大寺裏山から湧き出た水が造る谷戸地の湿地帯(1.33ha)に在り、江戸系花菖蒲や水辺の植物を見る事が出来ます。開園時間:9時30分~16時30分、休園日:年末年始と月曜日、入園は無料です。所在:調布市深大寺元町2丁目。


花菖蒲田(880㎡)では江戸系50品種、1500株が楽しめます。但し、開花時期が5月中旬から6月下旬まで種類により異なり、早咲き種は終わっていました。なので、咲いていた奴を撮り並べて見ました。花菖蒲の品種は2000程あるそうだけど、此処の花菖蒲は入口の植付け一覧に表示されているので判り易いね。








湿地に架かる木橋を渡りながら水辺の植物も紹介。ミズキンバイ(水金梅:アカバナ科)に、エゾミソハギ(蝦夷禊萩:ミソハギ科)。ハンゲショウ(半化粧:ドクダミ科)此奴は初めて見ました、葉っぱが病気で白くなっている様に見えますが、花の下に位置する葉の表面が白く変化して花弁の役目を果たすのだそうです。お洒落な命名だね。ヤブマオ(藪苧麻:イラクサ科)此れは、なんちゃって大葉だな(笑)、食べられるそうで虫も沢山齧っていますね。ウケザキオオヤマレンゲ(受咲大山蓮華:モクレン科の広葉樹)、デカイ葉っぱの中心に花芽が出てきており、もう直ぐ開花だね。湿地なのでトンボも孵っています、ヤンマも居たけど止まってくれません、代わりにシオカラトンボ、此奴は何処にでも直ぐに止まるね。






湿地脇の小山頂上に東京都及び国の史跡に指定されている深大寺城址が在るので登ります。20m程の小山なので上がる、ですね(笑)。深大寺城は南方の野川を水濠、西方を除いた三方を沼地とし、西方に空濠を三段に構えて三郭・二郭・主郭を配した直線連郭式城郭で、河越城主扇谷上杉朝定が北条氏綱の侵攻に備えて再興した城だと考えられています。入口に空堀が残っていますね、広場には黒い石が点在、屋外ステージ用のイス?近付くと大きめのイスに何やら説明が刻まれています。ふむふむ、黒い石は、掘立柱建物2棟の柱穴位置で、此奴は説明碑だったのか、ハハハ超判り難いね!




深大寺城趾の一角に深大寺小学校の生徒が植えた蕎麦畑が在ります。5月に撒いた種が満開で、8月上旬に刈り入れて深大寺小学校の給食として出されるそうです。9月上旬には秋撒きされ、翌月にもう一回、開花が見られますよ。


広場にムラサキシロガネヨシ(紫白金葦)の株が1つ在ります、パンパスグラスの方が名前の通りが良いよね。付いている穂は去年の奴で、夏が終わるとススキの様な新しい花穂を付けます。ハギも咲いていますけど、ずいぶんと早いね。空堀の中にホタルブクロ(蛍袋)が在りました、関東では赤紫、関西では白が多いそうです。山の上なのでアジサイは咲き始めです、未だ薄黄色で此れから青色になりそうです。




雑草のヒメジョオンにドクダミ、ドクダミと云えば、自宅マンション裏庭の雑草を大家さんが刈ってくれていますが、ドクダミだけは残していますね、花として認識しているのかな?どんどんエリアが拡大していますよ(笑)。1cmに満たない小さなカタバミにユウゲショウの花、近くまで寄って接写すると綺麗ですね。クマザサ(隈笹)の裏に蝶々が飛んで来ましたね、メスグロヒョウモン(雌黒豹紋:タテハチョウ科)です。しゃがんでカメラを笹の裏に差し込み目検討でパチリ。因みにクマザサは葉の縁が白く隈取られているのが隈笹で、熊笹は別の笹です。




>>>後書き<<<
水生植物園の隣に手打ち蕎麦屋が在り、帰り際に食べようとしたら土曜日の昼時なので行列です。40分程待てばイケそうでしたが、30分で帰れるし、家で食べますヨ(笑)。と云う事で自宅にワープ、夕飯用に買ってあったスモークサーモンと鯵のタタキを半分失敬して、冷製パスタにしました。茹でパスタを冷水でしめてサーモンと鯵、刻んだパプリカをオリーブオイルで絡め、上にオクラのスプラウトを乗せて完成。オクラのスプラウトはクセも無く、葉っぱを噛みしめるとオクラのヌメリが広がり美味ですよ。序に最近の麺シリーズを並べました。冷やしうどんに焼きそば、富士宮焼きそばは魚介粉のだし粉がポイントで、鯖の風味が良いね。


マルちゃん焼きそばも塩味は、サッパリしていて良いね、更に暑くなると冷やし蕎麦だね。かき揚げをチンしながら流水麺を戻して合体、大葉は其のまま乗せ、冷たい蕎麦汁をぶっ掛けて 1分で完成。大根おろしも多めに摺っておき、納豆と混ぜ、鮭フレークと海苔を振り掛けて此れは3分ですね(笑)。


此れからの夏は、やはり冷やし中華だよね、具材は豚バラを茹でて大根おろしにカイワレ、オクラなどをトッピングしたり、竹輪にスナップえんどうを詰めてカットしたり、じゃこ天もイケてます。冷やし中華の適度な酢っぱさが好きで、汁も飲んじゃいます(笑)。


次回から『ぶらっと遡上探索』の第13弾、神田川支流の日本橋川編(流路延長4.8km)がスタートします。短い河川なので短編ですが、何時もの様に近在の寺社巡りなどを紹介しながら遡上しますので、引き続きご覧願います。
次回アップ予定:Scene-275 日本橋川『豊海橋、湊橋、湊橋水管橋、亀島川に架かる橋』(06/29 12:00)

コメントがありましたら[拍手]ボタンから送って下さい、コメントは非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/25(土) 12:00:00|
  2. 神代植物公園

Spot-25 調布 『神代植物公園』


This best shot


次回アップ予定:Scene-188 神田川 『柳橋、浅草橋、左衛門橋、美倉橋、和泉橋、神田ふれあい橋、東北上越新幹線橋梁、山手線橋梁、万世橋』(06/16 12:00)
今回は最寄り駅の京王線調布駅からバスで13分、自宅から40分程の調布市に在る神代植物公園に行き、芍薬や薔薇を見て来ましたので、其のSpot紹介です。神代植物公園は都立唯一の植物公園で、1961年(S36)の開園、園内には四季折々に咲く約4800種類、10万株の植物が植えられています。行った時期は5月下旬だったのでバラが盛りでした。因みにバラ園には都内最多の409品種約5200株が植栽されています。休園日:月曜日、年末年始。入園料:500円。所在:調布市深大寺元町5-31-10。此の辺りは、かつて深大寺村と呼ばれていましたが其の後、神代村に変わり旧地名からの命名です。
平日だけど、自由人達(自分も)で園内は賑わっていますネ。正門入口から入り右手に芍薬園が在ります。牡丹は終わっていましたが芍薬は未だ見頃でしたので、幾つか紹介します。種類が多いけど、花の名前札が整備されていて判り易いです、黄色の芍薬が綺麗ですね。






隣にバラ園が在ります。バラのアーチを潜ると、国際ばら新品種コンクールの花壇が目に入ります。財団法人日本バラ会(The Japan Rose Society)により、神代植物公園で開催されるコンクールで、仏、米、独、伊、日など世界の未発表バラの新品種を公募して試作、評価し、表彰されます。ずらりと並んでいるのは未発表の新種なので名無しのバラで、番号札が付いています。将来、此の中から世に広がって行く新品種はあるのかな?個人的に気に入った薔薇をバラバラと紹介します、バラだけに!(笑)








新品種まだまだ続きますよ、此れだけ数が在ると撮るのも疲れるね!バラは人工受粉で簡単に交配出来ますが、新品種として世に出すとなると何10年も掛かるそうです。






バラ園は真中に噴水が配され、其の廻り(140m×80m)に各種のバラが植えられています。苗木の即売所も在るけど、結構良い値段だね。全体的にピンクと白系が多く、黄色と紫系が少し在ります。
■アビゲイル:作出1988年(独)、■アメリカン・スピリット:作出1986年(米)、■イントゥリーグ:作出1982年(米)、■スヴェニール・ド・アンネ・フランク:作出1960年(白)、■チャイコフスキー:作出2000年(仏)、■ソーニヤ ホルストマン:作出1967年(独)






廻りに漂う甘い香り、上品な匂いでオバチャンのキツイ香水とは雲泥の差ですね(笑)。
■ピンク・パンサー:作出1981年(仏)、■ファラオン:作出1967年(仏)、■ブルー・バユー:作出1993年(独)、■ムーンスプライト:作出1956年(米)、■ムーン・シャドウ:作出1995年(米)、■モンパルナス:作出1966年(仏)、■グロアール・ド・ミディ:作出1988年(独)、■ジーン・バーナー:作出1968年(米)、■ジョン・F・ケネディ:作出1965年(米)。






■デスティニィ:作出1989年(仏)、■ドクターファウスト:作出1957年(独)、■ノックアウト:作出2000年(仏)、■マジョリカ:作出1988年(独)、■マガリ:作出1986年(仏)、■フロリック:作出1953年(米)、■ユーロピアーナ、■天津乙女:作出1960年(日)、■花籠:作出1972年(日)。未だ未だバラが在りますが、撮るのも疲れて来たので、此処らへんで打ち切ります。






バラ園の脇にせせらぎが流れ、睡蓮が見頃です。岸辺からはブオーブオーと豪快な泣き声が響き渡っています、ウシガエルです。初めて撮れたけどデカイ、20cm位あるね。




園内の周回道路沿いに歩きながら帰ります。途中に咲いている草花もパチリ。芝生広場に咲くススキの仲間、パンパスグラス、人が傍に居るので大きさが判ります、超デカイね。珍しい樹木も在ります、オーストラリア原産のブラシノキ。ナイスネーミングって云うか、其のままですね。ユリノキは花が終わって、果実が成っています。






深大寺門から出ると手打ち蕎麦のお店が在ります。深大寺と云ったら蕎麦が有名なので食べて行きます。腰が有る蕎麦で香りも良く旨いね。深大寺周辺の土地は米作りに適さない場所である為、小作人は蕎麦を作り、米の代わりに蕎麦粉を寺に納め、寺では蕎麦を打ち来客をもてなしたのが、深大寺蕎麦の始まりです。


南側に天台宗別格本山の仏教寺院、深大寺が在るので序に寄ります。隣接する神代植物公園は旧寺領で、733年(天平5)に満功上人が法相宗の寺院として開創したと伝えられ、859年(貞観1)に天台宗に改宗しています。山門は1695年(元禄8)の建立で、深大寺で最も古い建造物です。山号:浮岳山、本尊:阿弥陀三尊像、所在:調布市深大寺元町5-15-1。






深大寺から東200m程に青渭(あおい)神社が在ります。創建は不詳ですが、西暦900年より以前に創建されていたとされています。古くから深大寺町の鎮守として信仰を集め、境内に大池が在り、湧き水が青波を湛えていた事から青波天神社とも称されていました。祭神:青渭大神(水神)、所在:調布市深大寺元町5-17-10。鳥居脇に聳えるケヤキは調布市内唯一の巨木で、市の天然記念物に指定されています。狛犬は1880年(M13)の奉納。神社前のバス停から帰宅します。




>>>後書き<<<
神代植物公園は四季折々の花が見られ、近くて暇潰しに良いね。お腹が空いたら、近くに蕎麦屋さんが20軒程在るので最適です(笑)。
次回から「ぶらっと遡上探索」の第7弾:神田川がスタートします。三鷹市井の頭恩賜公園内の井の頭池に源を発し、隅田川に合流する河川です。何時もの様に河口から源流に向けて遡上します。距離は流路延長24.6kmと短いのですが、橋の数は153橋梁と多く、遡上シミュレーションでは18話完結予定ですので、引き続き御覧願います。


コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/13(土) 12:00:00|
  2. 神代植物公園

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (17)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。