ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Spot-39 府中『郷土の森博物館の蝋梅』


This best shot


次回アップ予定:Scene-325 玉川上水『平右衛門橋~小金井橋』(02/10 12:00)
今回はSpot紹介で、自宅から5km程「府中郷土の森博物館」のロウバイ(蝋梅)が満開なので観て来ました。博物館と云う名前が付いていますが、プラネタリウム、復元建築物などの他に季節の樹木や山野草など約14万平方米の自然を残したフィールドミュージアムです。近くなのでチャリを約20分走らせて到着、途中の是政橋から富士山が良く見える晴天でした。入場料:大人200円、休館日:月曜、所在:府中市南町6-32。


復元建物は何回も紹介しているので、通り道に面した奴だけ載せます。■旧府中町役場:1921年(T10)に竣工した町役場で、大正デモクラシーの息吹を感じさせる洋風建築。■旧府中郵便取扱所:1872年(M5)から22年間郵便局として使用された旧矢島家住宅です。建物は定期的に改修・メンテナンスがされているので外観が綺麗ですね。


園内中央を流れるハケ下(丘陵)からの流れや傍の池に、何時もはカモが居るのですが今日は不在でした。園内の彼方此方に庚申塔が置かれています、今までも在ったのかな?気が付きませんでした。市内に放置されていたものを移設保存しており、建立年と移設元がプレートに記載されています。園内中央位置に、川崎平右衛門定孝の像が在りますね、次回の玉川上水で出て来る小金井桜を植えた人物です。1694年(元禄7)多摩郡押立村(現在の府中市押立村)の生まれで、徳川吉宗の命により始まった82箇所の武蔵野新田開発の世話役や、多摩川の治水でも活躍しています。冬の花、日本水仙が満開です、足元にチラホラと黄色い花、福寿草ですね。早咲き種の梅以外は、此れから来月に掛けてが見頃です。




早咲きの梅が何種類か咲いていましたので、並べて見ます。先ずは、白加賀。関東地方に多く、此処にも多く植えられています、3月中旬まで楽しめる花持ちが長い品種です。佐橋紅(さばしこう)は、一重咲きですが花が密集していて八重咲きの様に見え、豪華な姿ですね。




八重野梅(やえやばい)、野生種に近く、開花時期は2月~3月で比較的早咲きの品種です。白牡丹(はくぼたん)は名前の様に牡丹に似た形で、開花時期は2月中旬~3月上旬です。




早咲きの梅から甘い香りが広がっており、匂いを嗅ぎつけたメジロが蜜を吸いに来ていますね。小さい花からどれ位採れるか判らないけど少ないんだろうね、休む暇も無い程の大忙しです。蜜を競合するのがヒヨドリ、偶に飛んで来てはメジロを追い立てますが、メジロは遠くの木陰で様子を伺いながらヒヨドリが立ち去ると 又、戻って来ますよ。頭良いね!


最後に蝋梅を紹介して終わります。園内南端のロウバイの小径(100m程)に、約90本の蝋梅が咲いています。半透明の花びらが蝋細工の様であり、臘月(旧暦12月)に咲く事から蝋梅の名が付いたと云われています。現在、先に咲く素心蝋梅(ソシンロウバイ)が満開で、満月蝋梅も少しずつ咲き出しています。2月上旬頃までが見頃ですよ。素心蝋梅は花の中に褐色の斑が入らず透き通るような黄色一色で、褐色の斑が入らない事から「素心」の名が付いています。満月蝋梅は花の中心に褐色の輪が入り、此れを「満月」に見立てての命名だと云われています。和ロウバイは原種です。






今回、見処が少なかったのでスペースが出たね、と云う事はアレだ(笑)。寒いので、牛すき焼きです。牛バラを炒めて、割り下で椎茸にシメジ、白菜に九条葱、焼き豆腐、糸コンを煮合せて完成、ビールで乾杯。翌日は玉子で閉じてすき焼き皿、余った具材はラーメンへ載せてすき焼き風です。


水菜って安くて量が有るので食べ切るのが大変、鍋やサラダにしても減らないし、炒飯にも入れて見ました。2cm程に切り、炒め終わりに入れて蒸らすだけ、ハリハリ感が残り美味です。炒飯は残り物の始末に便利なので頻繁に作ります。挽肉、キャベツ、カイワレなど、味付けは塩胡椒と炒飯の素を半分量。卵は炒める前に入れるバラバラ派ですが、最後にフワトロで乗せる奴も好きです。


最近、野菜を多く摂るようにしています。理由はタバコを止めてからか食欲が増え、体重が増えた為です。おかず一品をサラダに交換、ハンバーグも野菜たっぷりです。カレーも御飯を減らして、レタスを増量。冷やし中華もサラダ付きです(笑)。


2月3日に実施した、心臓の冠動脈形成術2回目の詳細です、前回手術は狭心症で心筋にダメージを受けていた為、術後の経過観察を含み1週間の入院でした。今回も同じ予定で来たのですが、心筋は回復しておりダメージを受けていない状態なので、カテーテル挿入口(右手首)が止血された翌日の退院。本人もビックリの2泊3日(実質2日)での退院で、入院セットをコロコロと引き摺って帰って来ました(笑)。前回は左前下行枝(#8)、今回は左主幹部中隔枝(#6)と中隔枝から第2対角枝間(#7)の2箇所に、前回と同様にステントを留置して約2時間で完了です。高度石灰化病変に対する冠インターベンションにおける光干渉断層法の臨床研究とやらに参加協力して欲しいとの事で、此れが無ければもっと早く終わっていましたね。右手のプロボウラーみたいな黒バンドは手首の曲げ防止用で、止血バンド(左手で撮ったのでブレてます)は血管部を空気袋で圧迫するので痛くて、痺れるが有るし、術中に使用した血管造影剤を体から早く排出させる為に、生理食塩水(500ml)を6Pack程点滴されたので、夜中に2回トイレに行くので、寝不足です。食事は前回と同じ、1600kcal/日、塩分6gで味気無い病院食、今回はカツオのフリカケ持参なので美味?でした(爆)。此れで、暫くは入院は無い筈です。




次回は通常Sceneに戻り、次回は関野橋から継続遡上して、平右衛門橋、新小金井橋、陣屋橋、小金井橋までの紹介です。

お気付きの点、照会などがありましたら[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/06(月) 12:00:00|
  2. 府中郷土の森博物館

Spot-23 府中 『郷土の森博物館の梅林』


This best shot


次回アップ予定:Scene-170 旧江戸川左岸 『江戸川水閘門管理橋』(03/28 12:00)
先週は20℃超えが1週間程続き、愈々春到来と思いきや又寒さが、ぶり返していますね(寒)。東京は染井吉野が昨日開花しましたが、見頃は週末頃になるのかな?昨年は河津桜を紹介しましたが、今回はSpotで梅林、カタクリの花などを紹介します。場所は、自宅から5km程の府中市郷土の森博物館。博物館と云う名前が付いていますが、プラネタリウム、復元建築物などの他にロウバイ、梅、山野草などの自然、約14万平方米の敷地を残したフィールドミュージアムで、多摩川遡上のScene-22多摩川左岸 新関戸橋で『まいまいず井戸』を紹介した場所です。
郷土の森博物館の東手前200mに府中市郷土の森公園が在り、各種の桜が植えられています。今の時季は早咲きの河津桜と寒桜が満開をやや過ぎた状態ですが、未だ見頃でした。




都内に在る梅林と云う事もあり、おばちゃまや学生で結構賑わっています。入場料は大人200円、休館日:月曜、所在:府中市南町6-32。入口から左手に古民家が並んでいます、代表的な建物を抜粋して紹介します。■旧田中家住宅:甲州街道府中宿を代表する商家を復元、表蔵などの5棟の土蔵を備える風格ある建物。■旧島田家住宅:1888年(M21)創建の蔵造り。■旧府中町役場:1921年(T10)に完成した洋風の町役場。都指定の有形文化財。■旧府中郵便取扱所:1872年(M5)から22年間郵便局として使用された旧矢島家住宅。■旧河内家住宅:創建は江戸時代後期で、養蚕が盛んだった明治後期の巣が出復元された畑作農家。府中指定の有形文化財。




浅間山(山野草)の麓にカタクリ(片栗)が咲いています。ぶらっと遡上でもカタクリの群生地は何箇所も近くに寄っていますが、開花時期がずれていて中々開花は御目に掛かれませんでした。此処の浅間山は、旨い具合にタイミングピッタシの最盛期でした。ユリ科の多年草で、頭を垂れる姿が健気で可愛いね。




他にも春の兆しを告げる花が沢山顔を出しています。雪割草、15mm程の小さな花なので少し大きいサムネイルで載せます。知らない花の名前は色、特徴などでクグルと大体判るのですが、レンテンローズは自信有りません。クリスマスローズに似ているけど、咲く時期が今なのでレンテンローズ?で紹介します。菜の花、ユキヤナギは、此れからですね。








西側に、やすらぎの池が在り、マガモが安らいでいます。マガモはカルガモに比べて警戒心が強く、レンズを向けると遠ざかるのですが、此処のマガモは人に慣れていて逃げませんね。チラチラと此方を見て、餌をくれる人かチェックしています。




雑木林の下で何かが動いています。枯葉と同じ迷彩柄で判り難いね。望遠で拡大すると頭がベッカムヘアーでヒバリ?いいえ、横顔が違います。ホオジロですね。地面の枯葉を退かして、落ちている木の実を探しています。




最後に梅林を紹介します。敷地内には、早咲きから遅咲きまで約60種、1100本の梅が植えられていますが、何が何処に在るのかサッパリ判りませんね。取り敢えず、片っ端から撮影開始です(笑い)。先ずは、淡い桃色の八重咲きの藤牡丹枝垂れ、見事な大きさです。木には梅の種類が判るプレートが付いていますが、一重、八重、白に桃、紅色などの違いは判りますが、他は皆同じ梅に見えますね(笑)。塒出錦は「とやでにしき」と読むんですね。








梅林には白加賀が多いですね。開花後に大きな実を付けるので、梅酒や梅干しに使えるそうです。臥龍梅は伊達政宗が朝鮮から持ち帰った「朝鮮ウメ」の子孫です。花香実は中国が原産で実は中果で、梅干しや梅酒などにも適しています。月影は遅咲きで甘い香りが漂い、今が見頃です。月影枝垂は文字通り、月影の枝垂れ品種です。










>>>後書き<<<
ブログスペースが余ったので、久し振りに料理の穴埋めです。先ずは、烏賊の大蒜味噌炒め。玉葱と水菜、烏賊の輪切りを炒めて、大蒜の味噌漬けで味付け、最後にプチトマトを混ぜて完成。残った烏賊炒めはパスタに混ぜ、彩にプチトマト、絹サヤ、水菜をトッピングです。続いて丼シリーズPartⅡ(洗い物が少なく簡単な丼物が多いためシリーズ化しました、笑!)、最初は牡蠣フライの玉子とじ丼。玉葱スライスと牡蠣フライを蕎麦つゆで煮て、とじるだけで簡単に出来て美味しいですよ。


お勧めは獅子唐豚丼、塩胡椒で豚バラをカリカリに炒めてから獅子唐を追加して炒め、御飯に乗せて大蒜味噌漬けとポン酢大根おろしをトッピング、サッパリとした味で美味ですよ。すき屋の牛丼が並んでいたので試食、味は店と変わらず美味しいけど、茶碗サイズなので量が少ないね(笑)。麻婆豆腐を食べようと思ったら豆腐がミニしか無かったので、麻婆豆腐の素を半分で作り、量増しでパセリ入り炒り卵を追加。混ぜて食べると辛さがマイルドになり御飯に合います。刺身のブリが残ったのでフライパンで焼き、御飯にカイワレを敷いて乗せてから、片栗粉でトロミを付けたポン酢とモズクを乗せて完成、モズクと合いますね。次は焼鯖丼。細切り葱を胡麻油で炒め、ほぐした焼鯖、大根おろしを御飯に乗せて梅紫蘇酢を掛けて戴きます。最後は天丼、冷凍保存してあったので、麺汁で解凍していたら分解してしまったので、卵でとじました(笑)。




今の時季は梅が最盛期で、都内では青梅の吉野梅郷が有名でしたが、昨年、植物防疫法の法令検疫対象のプラムポックスウイルスの感染により園内の梅1266本が全て伐採されてしまいました。なので、近くの府中郷土の森博物館の梅林で代用しました。桜も梅も青空の下で観るのが最高です、空の青さに花の色が映えて絵に成りますね。
次回は通常Sceneに戻り、旧江戸川左岸の東京メトロ東西線江戸川第一橋梁から遡上して、江戸川水閘門管理橋までの紹介です。

コメントがありましたら、[拍手]ボタンから送って下さい(非公開扱いです)。拍手だけでも結構です、開いたウィンドウは閉じて下さい。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/24(火) 12:00:00|
  2. 府中郷土の森博物館

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (4)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (0)
奥多摩 (2)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
鎌倉 (1)
横須賀港 (1)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
新宿御苑 (1)
三鷹国立天文台 (1)
神代植物公園 (2)
府中郷土の森博物館 (2)
昭和記念公園 (1)
横田基地日米友好祭 (2)
厚木基地日米親善春まつり (1)
川崎市立日本民家園 (1)
その他 (8)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報

東京の天気予報

東京の天気予報
-天気- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。