FC2ブログ

ぶらっと遡上探索

河川沿いの散策、橋と付近の名所を写真で紹介します。偶にSpotで色々と...

Spot-86 八王子『多摩森林科学園の紅葉』

This best shot
 
次回アップ予定:Spot-87 八王子『多摩御陵の紅葉』 (2019/12/02 12:00)

今秋は暖かい日が続いていたので、紅葉が遅れていますね。今回は近場の紅葉スポットから、多摩森林科学園と多摩御陵の紅葉を見て来ましたので、其のSpot紹介です。
先ずは多摩森林科学園へ行きます。高尾駅前から高尾街道を350m程進むと、歩道に桜が咲いていました。プレートには■コブクザクラ(子福桜)とあります。冬ザクラの一種で、秋から春(10月上旬~3月上旬)まで開花が続きます。




道端に咲く雑草も、良く見ると小さな花が付いた綺麗な奴も在りますね。只、小さ過ぎて画像検索も出来ず名前は判りませんでした。小菊にヒメジョオン、此の時期にツツジも咲くんですね、オオムラサキツツジですかね?


更に200m程進むと、多摩森林科学園です。入口の森の科学館脇に深紅に染まるオオモミジが在ります。紫の実はコムラサキ、赤い実はトキワサンザシですね。




では、第2樹木園から廻ります。イロハモミジにオオモミジ、木陰なのか色付きが悪いですね。■ヒナウチワカエデ(雛団扇楓)は初登場ですね、ハウチワカエデ(羽団扇楓)より小さい事からの命名です。■トサミズキ(土佐水木):マンサク科も緑から黄色へ黄葉、此の後で茶色に変化しますよ。




第2樹木園のノッポ、メタセコイアは先月の台風の影響で枝が折れてスカスカです。ヤマハゼ(山黄櫨):ウルシ科の落葉小高木が綺麗に紅葉しています。ウルシと同じウルシオールを樹液に含んでいるので、触らない方が良いですよ。■イヌブナ(犬橅):ブナ科の落葉高木に、■チドリノキ(千鳥の木):ムクロジ科の落葉小高木も黄葉、葉脈が綺麗ですね。■ホオノキ(朴の木):モクレン科の落葉高木の葉っぱ、超デカです。




神代植物公園の紅葉でも紹介した奴が2種類ありました。■ミツデカエデ(三手楓)葉はカエデに見えないけどカエデ科で、3枚一組の「三出複葉」です。■モミジバフウ(紅葉葉楓)の葉はカエデぽっいけど、フウ科で正式名はアメリカフウ、モミジの仲間のように見えますがマンサクの仲間です。


第2樹木園端から昭和林道に入ります。多摩森林科学園は丘陵に在り、台風19号による斜面の土砂崩れが数個所発生していて、最近まで一部通行止め状態でした。倒木などは処理されていますね。昭和林道分岐から柳沢林道方向に入ります。沢沿い途中に在った■スイショウ(水松)の木、中国南部原産のスギ科の落葉針葉樹です。■イチイガシ(一位樫)はブナ科コナラ属の常緑高木なので、紅葉していませんね。




柳沢林道の北端付近は、路面が流出したので復旧舗装されていますが、砕石が地面に馴染んでいないので歩き難いです。此の先は登りになるので、引き返します(笑)。此の付近には、アジサイが未だ咲いていますね、秋にも咲く二季咲き種ですかね?名札が付いてないので判りません。


入口に戻り、左手に在る第1樹木園へ行きます、初めて見る木だらけです。■カクレミノ(隠蓑):ウコギ科の常緑亜高木。普通の丸葉と3裂葉が混在している珍しい木です。此方にもトサミズキが在りましたが黄葉には未だ早いです。陽の当たり具合で変わるんですね。■ヒメバラモミ(姫針樅):マツ科の常緑針葉樹で、八ヶ岳南部と南アルプス北西部の限定された地域に数百個体が残されている絶滅危惧種です。■フウ(楓):フウ科の落葉高木で、モミジバフウが近縁種です。■ムクロジ(無患子):ムクロジ科の落葉高木で、寺院で良く見掛けますね。第1樹木園の南端に③案内図が在り、斜面側の道で引き返します。




メタセコイアの枯葉、帽子を被っていないと頭に刺さるね(笑)。■オウシュウトウヒ(欧州唐檜):マツ科トウヒ属の針葉樹で、此処では別名のドイツトウヒで紹介されていました。球果(松ぼっくり)デカイね、最大で20cmになるそうです。■ミヤマシキミ(深山樒):ミカン科ミヤマシキミ属の常緑低木で、赤い実は有毒ですよ。■カラスウリ(烏瓜):ウリ科つる性の多年草で、カラスが好んで食べる事からの命名です。
斜面の上に鳥居が見え、廿里山神の扁額が掛かっています。祠の台座に寄進者(職員名)、賽銭箱に多摩森林科学園 山神社とあります。創建等は不詳です。




>>>後書き<<<
森林の中の紅葉は、木陰になるので色彩が イマイチでしたね。此の後、東隣に在る多摩御陵へ行きましたが、ブログ長さがちょうど良いので此処で一旦区切ります。と云う事で、次回もスポット記事で、Spot-87 八王子『多摩御陵の紅葉』の紹介になります。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/11/29(金) 12:00:00|
  2. 多摩森林科学園

Spot-85 八王子『多摩森林科学園』

This best shot
 
次回アップ予定:Scene-525 妙正寺川『河口・辰巳橋~昭和橋』 (2019/10/16 12:00)

2箇月に1回、冠動脈へのステント留置に関係する処方箋を貰いに、調布のクリニックに通院し、診察が終わったら、帰りに神代植物公園に寄っていましたが、略1年時季の花などを載せたのでネタ切れです。其処で、新たな公園などを京王線沿いに探しています。高尾駅から10分程に、サクラの遺伝子保存や森林・林業に関する試験研究機関の多摩森林科学園が在り、サクラ保存林が有名で、色々な品種のサクラが在ります。来春には寄りたいので、下見して来ました。高尾駅北口から浅川に架かる敷島橋を渡り、丘陵へ上がって行くと「廿里(とどり)古戦場」の史跡が在ります。1569年(永禄12)の戦国時代に武田軍と後北条軍とが戦った場所です。




170m程進むと、左手に多摩森林科学園の入口が在ります。受付方向に進むと、道端に初めて見る花が在りました。釣鐘状の花の先端がクルクルとカールしています、ヒゲの様な雌蕊の根元には種が膨らんでいます。特徴が多いのでググリやすいね、■クサボタン(草牡丹):キンポウゲ科で、仙人草の仲間でした。密集している紫の実は、コムラサキですね。




 春先に何回も通う事になるので、年間パスポートを買います。
 受付で其の旨云うと、受付先の森の科学館に案内され、
 所定事項を記入してからパウチされた年間パスポートを貰います。

 休園日:月曜日と12月26日~1月6日、開園時間:9時30分~3時30分。
 入園料:300円、4月の桜繁忙期は400円、年間パスポート:1200円。


森の科学館には、園内の植物標本や八王子の野生動物の剥製などが展示されています。此処で、園内の見頃情報も確認 出来ますよ。尚、森の科学館までの見学は無料です。




 多摩森林科学園は明治時代には御料林で、
 1921年(T10)に皇室林野管理局林業試験場に
 なってから、試験研究の林となりました。
 面積は56haあり、公開されている3つの
 樹木園が7ha在ります。
 針葉樹を中心とした第1樹木園、落葉樹等が
 多い第2樹木園、外国産の樹木が多い第3
 樹木園が並び、約500種、6000本の樹木
 が植えられています。
 西側には、サクラ保存林が約8ha在ります。

 所在:八王子市廿里町1833-81。










今回は、下見なので第2樹木園からサクラ保存林の一部を廻って見ます。秋に入った時期なのか、あまり花は咲いていませんね。キョロキョロしていると紅葉している実を発見って、お前は探検家か?(笑)。■フクロミモクゲンジ(袋実木欒子):中国原産のムクロジ科の落葉広葉高木です。9月の頭頃だったら黄色い花が見られましたね、袋状の実の中に数珠に使う黒い種が出来ます。大きな木には、名札や解説板が付いているので載せ易く、楽チンですね。メタセコイヤは第2樹木園で最大の樹高で、飛び抜けていますね。樹木園内は最初、平らな道でしたが、九十九折の道や階段も在りハイキングコースです。桜の古木に空いた穴がムササビの巣だそうです、タイミングが良ければ顔を出してくれるそうです。今は、お休み中ですかね?




■ハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木):スイカズラ科、公園で見掛ける庭木ですね。学名のアベリアで知られてますよね。面白いネーミングの木が在りました、■バクチノキ(博打の木):バラ科の常緑高木です。解説板によると、樹皮が鱗状に剥がれる様子を、博打に負けて身ぐるみ剥がされる事に例えた命名だそうです。ツンツン髭が連なっている草は何だろう、画像検索で引っ掛かりました。■チヂミザサ(縮み笹):イネ科の一年草の雑草でした。■ゲジゲジシダ:ヒメシダ科のシダ植物で、見た目からの命名です。野アザミが満開です、■アズマヤマアザミ(東山薊):キク科、説明板によると、花頭が小さくて細いのが特徴です。イチモンジセセリ(蝶)とキムネクマバチが食事中ですね。■オトコオミナエシ(男女郎花):オミナエシ科にも、蜂が来ていますね、アシナガバチとクマバチは性格が大人しく、悪戯しなければ襲ってきませんよ。




数は少ないですが、ピークを過ぎたタマアジサイが咲いていました。園内を流れる沢沿いの湿地には■ツリフネソウ(吊舟草):ツリフネソウ科の一年草が群生しています。秋川遡上で見て以来の2回目の登場ですね。■シラヤマギクは山地に咲く野菊です。薄黄色のタンポポぽっい奴は■アキノノゲシ(秋の野芥子):キク科でした。食事中の虫は蜂では無くハナアブ、虻では無くハエの仲間です、ややこしいね(笑)。ピンクの梅の様な小花は■シモツケ(下野):バラ科の落葉低木で、白い花はシロバナシモツケです。




ノコンギクにミズヒキ、此れは普通に在る山草ですね。■ゲンノショウコ、此れは初めて見ます。(現の証拠):フウロソウ科で、種が入った鞘に触れると、クルクルと巻きながら種を飛ばしますよ。■ヤマハッカも初見です。シソ科の多年草なのでシソの花に似てますね。大きな道の分岐点には案内板が在り、⑤案内板付近から昭和林道になります。近くにミヤマザクラが植えられています、樹木説明はしっかりとした作り、内容ですね。此の先に森の管理室が在り、AEDが常設されています。




⑤案内板から150m程、昭和林道を進むと柳沢林道の分岐に当たりますが、左手の昭和林道を其のまま進みます。緩い坂道を100m程登って行くと、途中に中間トイレが在ります。更に200m程進むと、林道の中間点付近となり、見晴らし四阿が在り休憩です。東方向に見える高層ビルは、2010年(H22)に竣工した八王子駅前のサザンスカイタワー八王子、41階建ての超高層マンションです。


四阿の近くにハギが咲いていますが、終わりに近く半分萎んでますね。小形のトンボがお休み中です、■コノシメトンボ(小熨斗目蜻蛉)と云う種類で、7月生まれの未成熟体らしく、成熟すると色がもっと濃くなります。


サクラ保存林は、昭和林道や柳沢林道、遠見通り、彼岸通り沿いに分散されています。各地の著名なサクラの遺伝子を保存する為に、1966年(S41)に設置が決まり、現在8ha程に江戸時代から伝わる栽培品種や国の天然記念物に指定されたサクラのクローンなど、約600系統、1400本程度が植えられています。全部はとても見られないので、春先に時期を3回程に分けて来る事にしましょう。四阿の脇に桜が3輪程咲いていました、■アメダマザクラ(飴玉桜)と云う品種で、マメザクラとオオシマザクラの雑種と推定されています。開花時期は4月なので、暖かさに騙されての狂い咲きですかね。250m程進むと、開山ベンチと云う名前の場所です。休憩場所ですが、ベンチの数多くねえ!何かのイベントで使うのかな?ベンチ下の桜は開山です。昭和林道末端に在る案内図-⑪によると、右周りで柳沢林道沿いの桜を見るコースと、左周りで見返り通り沿いに桜を眺めながら帰る階段コースが在ります。今日は下見なので、昭和林道をUターンして戻ります。




>>>後書き<<<
次回は通常Sceneに戻りまして、『ぶらっと遡上探索』の第26弾となる妙正寺川編の始まりです。初回は、妙正寺川河口となる高田馬場分水路暗渠入口から遡上して、辰巳橋、千代久保橋、西ノ橋、落合橋、氷川橋、昭和橋までの紹介になります。

お気付きの点、照会などがありましたら下の[拍手]ボタンからコメントを送って下さい、非公開なので気軽にどうぞ。尚、問い合わせ等につきましては、返信用のメアドの書き込みも願います。

[拍手]ボタン

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/10/12(土) 12:00:00|
  2. 多摩森林科学園

プロフィール

mark60

Author:mark60
関東地区の河川に架かる橋を
紹介しています

最新記事

カテゴリ

多摩川 (62)
多摩川に架かる橋--095 (1)
隅田川 (18)
隅田川に架かる橋--040 (1)
荒川 (59)
荒川に架かる橋----116 (1)
浅川 (14)
浅川に架かる橋----057 (1)
南浅川 (7)
南浅川に架かる橋--036 (1)
江戸川 (21)
江戸川に架かる橋--041 (1)
神田川 (18)
神田川に架かる橋--153 (1)
秋川 (15)
秋川に架かる橋----067 (1)
北秋川 (5)
北秋川に架かる橋--020 (1)
鶴見川 (21)
鶴見川に架かる橋--123 (1)
恩田川 (7)
恩田川に架かる橋--048 (1)
野川 (15)
野川に架かる橋----107 (1)
日本橋川 (5)
日本橋川に架かる橋031 (1)
相模川 (35)
相模川に架かる橋--159 (1)
玉川上水 (18)
玉川上水に架かる橋150 (1)
石神井川 (20)
石神井川に架かる橋179 (1)
入間川 (23)
入間川に架かる橋--109 (1)
高麗川 (19)
高麗川に架かる橋--102 (1)
境川 (33)
境川に架かる橋----153 (1)
旧中川 (5)
旧中川に架かる橋--025 (1)
引地川 (21)
引地川に架かる橋--122 (1)
新中川 (8)
新中川に架かる橋--028 (1)
新川 (3)
新川に架かる橋----015 (1)
中川 (37)
中川に架かる橋----124 (1)
善福寺川 (10)
善福寺川に架かる橋078 (1)
妙正寺川 (14)
妙正寺川に架かる橋093 (1)
大岡川 (12)
大岡川に架かる橋--108 (1)
古利根川 (0)
台湾-台北 (1)
ベトナム-ハノイ (2)
札幌雪まつり (2)
小樽 (1)
加茂水族館 (1)
新潟市水族館 (1)
弥彦温泉 (1)
上越市立水族博物館 (1)
寶川温泉 (1)
那須塩原温泉 (1)
日光 (2)
袋田の滝 (1)
秩父 (5)
川越 (2)
名栗渓谷鳥居観音 (1)
奥多摩 (4)
やまなみ五湖 (1)
忍野八海 (1)
横浜桜木町・関内 (3)
横浜三渓園 (1)
横須賀港 (1)
鎌倉 (1)
江の島 (2)
三浦海岸 (1)
真鶴 (2)
伊東城ケ崎海岸 (1)
河津町 (1)
京都・奈良 (3)
大阪-関空と四天王寺 (1)
幸手・権現堂公園 (1)
所沢のゆり園 (1)
阿須運動公園 (1)
六義園 (1)
新宿御苑 (1)
東京都庭園美術館 (1)
目黒林試の森公園 (1)
三鷹国立天文台 (1)
野川の夜桜 (1)
神代植物公園 (19)
府中郷土の森博物館 (2)
BOAT RACE多摩川の花火 (1)
調布花火大会 (1)
農林総合研究センター (0)
昭和記念公園 (2)
多摩御陵 (1)
多摩森林科学園 (2)
川崎市立日本民家園 (1)
入間基地航空祭 (1)
横田基地日米友好祭 (3)
厚木基地日米親善春まつり (1)
その他 (9)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

ご訪問 ありがとうございます。   リンクフリーです。